アーカイブ

Archive for the ‘瀬戸弘幸’ Category

“ゴロツキ”瀬戸・西村らの顰蹙行動

2010年7月1日 コメントは受け付けていません

 日本政府は本日から、中国人向け観光ビザ(査証)の発給要件を大幅に緩和する。これにより、発給対象者これまでのざっと10倍に拡大し、1600世帯・4000万人になるという。そのため、中国人の日本の個人旅行市場の規模は昨年の2倍以上に成長する見通し(読売)といい、日本全国、中国人観光客であふれそうだ。札幌では、中国人専用のホテルまで出現したというから、この流れはすでに定着済みのものだろう。
 日本の排外主義者たちは、これまでも長崎県の対馬島の不動産が韓国人に大量に買われているなどの『デマ』を垂れ流してきたが(実際はそうでもない)、こうした≪現実≫を前に、「中国人は日本に来るな!」とでも主張するつもりだろうか。
 この種の集団は論理的思考力に欠けているのが特徴で、自分の思い込んだ道をひたすら固執してやまない。イルカ漁を扱った米国のドキュメンタリー映画に対する抗議活動でも、横浜の映画館周辺では街宣活動を禁じられた腹いせからか、こんどは映画館支配人の自宅や配給会社の責任者宅におしかけるなど、“節度”を知らない行動を繰り返してきた。
 その結果、皮肉なことに、「映画への関心は逆に高まった」(読売)のが実情だから、ネット右翼らの軽率な行動が、“逆効果”を生んだことになる。この点では、東村山事件で事実的根拠もなく大騒ぎすることで、デマ発信源の矢野穂積・東村山市議らの首が締まっていく構図とよく似ている。
 明後日の7月3日からは、上記の映画は全国6館で上映される予定で、ますます注目されることになりそうだ。映画に「反日」のレッテルをはり、映画を見る機会を奪おうとするこれらの者たちより、実際の日本人の民度はずっと高いはずだ。国民が実際に映画を観て判断するのがスジだろう。その意味では、暴力を付随した抗議行動を行う“ゴロツキ” たちに屈する必要などさらさらない。

「お笑いポチ」瀬戸弘幸らについて

2009年8月18日 コメントは受け付けていません

 衆院選公示日となった18日、東京新聞が「こちら特報部」のコーナーで、「選挙争点外の滞日外国人問題」というタイトルの記事を掲載した。今年4月、オーバーステイのため両親がフィリピンに強制退去させられたあと、叔母とともに日本で暮らすことを選択した長女・カルデロンのり子さん(14)の一件である。
 記事中の「デスクメモ」に次のような記述がある。
 「カルデロンさん一家離散の2日前、日の丸を手にした100人ほどの一群が、のり子さんの通う中学校にデモをかけた。『犯罪一家を日本からたたき出せ』の声が響いた。当時、のり子さんは校内にいたという」
 日本で生まれ、日本語しかしゃべれない彼女が、親の母国がフィリピンとはいえ、日本を離れたくないと思ったのは当然のことだ。日本は国籍法において厳密な血統主義をとっているため、外国人の子どもは何代へても、日本国籍を取得(帰化)しない限り、永久に外国人のまま。出生地主義をとる米国、カナダ、欧州の主要国では、外国人の子どもでも自国で生まれれば、国籍を付与する国が多い。
 仮にその方式ならば、フィリピン人の両親であっても、日本で生まれたカルデロンのり子ちゃんには日本国籍が付与されたことになる。国がちがえば、日本人であってもおかしくないのだ。
 そんな彼女の通う公立中学校(埼玉県)にまで押しかけて、「犯罪一家を日本からたたき出せ」と拡声器でどなった低劣右翼ども。同じ連中が、最近は東京12区内に“日参”し、公明党妨害に精を出しているようだ。
 もともと彼らは統一協会の支援を受けている“勝共右翼”と見られていたが、最近は、左翼攻撃だけでなく、創価学会・公明党への嫌がらせ行為もシノギの一つに加わっている。
 日本の警察は左翼に厳しく、右翼に甘いとよくいわれる。与党の自民党議員に、統一協会の政治団体・国際勝共連合の支援を受けている者が多いためか、そうなるものと思われるが、この際、こうした図式をはっきりさせ、「ハイエナ右翼」たちの正体をあからさまにする必要がある。
 当サイトに対し、一時期までたびたび噛み付いていた“勝共右翼”の一員「瀬戸弘幸」は、自身の資金源問題をとりざたされると、途端に≪沈黙・無視≫の姿勢に逃げ込んだ。ご都合主義の典型というほかない。
 所詮は飼い主にひもでつながれているだけのポチ――。「東村山のサイコパス」と仲良く手をつなぎ、破滅の道へまっしぐらか。

 【お笑いポチの実態】 http://blog.goo.ne.jp/ngc2497/e/799b34c1acf9e63e515babc33622dcdf
 【関連・日刊ベリタ】 http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200908160743450

カテゴリー:コラム, 瀬戸弘幸

ここまで言われて何の反論もできない「インチキ右翼」西村・瀬戸・桜井

2009年8月16日 コメントは受け付けていません

 リチャートド・コシミズという人が7月25日に講演した「似非右翼」に関する動画をたまたま目にした。ここでは瀬戸弘幸・西村修平・桜井誠といった一派が、統一教会関係者と緊密に結びつき、「在日は日本から出て行け」などと韓国・中国などだけを口汚く罵りながら、北朝鮮批判をほとんどしない現実などから、「北朝鮮右翼」と主張してきた理由等を詳しく述べている。
 極右団体・日本会議の発足(97年)から図示される似非右翼の構図は、そのとおりと思われるので、ここで動画のアドレスを貼り付ける。主催者も「拡散よろしく」などと最後に述べていた。ただし注意点は、創価学会・公明党に対する批判もかなりの程度含まれているという点にある。ただしその内容はかなりの「眉唾」なものであり、推測でしかない部分もかなり見受けられるので、その点はあまり気にする必要はないかもしれない。
 ここで読み取っていただきたいのは、上記の≪似非右翼に関する本質≫であり、「キリストの幕屋」などという得体のはっきりしない宗教団体との密接な関係を有している事実なども摘示される。その団体は、統一協会のダミー団体というのが彼らの主張なのだが、それなりの真実性をもつ内容と思われる。
 加えて、在日特権などと称して韓国人批判に血道をあげてきた桜井誠なる人物の≪本名≫について、講演者が関係者から聞いた証言として「高田誠」という名前を白板に板書するシーンが見られる(3/16)。
 名誉棄損箇所満載のコシミズ氏の勇気ある動画を、少しまじめにお楽しみください。

■リチャード・コシミズ【似非右翼】(2009・7・25)

■ 「キリストの幕屋」ホームページ  http://www.makuya.or.jp/

カテゴリー:コラム, 瀬戸弘幸, 西村修平

求められる「人種差別禁止法」の制定   西村・瀬戸・桜井を刑務所へ!

2009年8月15日 コメントは受け付けていません

 1995年12月、日本で人種差別撤廃条約を批准するための承認が国会でなされた。このとき小生は、政党機関紙の記者として、参院外務委員会の決議の場に居合わせたことを覚えている。当時、採決をとった参院の委員長は新進党の木庭健太郎氏だった(現在、公明党)。日本がこの条約を批准するのは、先進国としては最後であり、条約制定から30年がすぎていた。
 条約批准を契機に、アイヌ問題が動くなど幾つかの進展が見られたが、当然つくるべきはずの「人種差別禁止法」のような具体法は、その後15年近くたっても制定されないままだ。そのため、極端な排外主義を掲げる動きが出てきても、効果的に規制できていない現状がある。人種差別撤廃条約(第2条d)に次のようにある。

 (d)各締結国は、状況により必要とされるときは立法を含むすべての適当な方法により、いかなる個人や集団、組織による人種差別も禁止し、終了させる。

 さらに第4条の(a)と(b)には以下の規定がある。

 (a)人種的優越または憎悪に基づく思想のあらゆる流布、人種差別の扇動、いかなる人種もしくは皮膚の色もしくは種族的出身を異にする人の集団に対するものであるかを問わずすべての暴力行為またはその行為の扇動及び人種主義に基づく活動に対する資金援助を含むいかなる援助の影響も、法律で処罰すべき犯罪であることを宣言すること。

 (b)人種差別を助長しかつ扇動する団体や宣伝活動(組織的なものも、そうでないものも)が違法であることを宣言し、禁止し、こうした団体や活動への参加が法律で処罰すべき犯罪であることを認める。

 実はこの4条の(a)と(b)については、日本としては憲法と抵触しない限度において履行する旨の留保を付しているのだが、上記の規定からわかることは、あらゆる人種差別行動の禁止、扇動の禁止、さらにそれらに資金提供した者、活動に参加した者も処罰すべきであることを明確化している。
 その意味では、在日コリアンや超過滞在者をあからさまに差別し、扇動している西村修平、瀬戸弘幸、桜井誠ら「ポチ族」の一派は、この条約において明確に「処罰」の対象になることがおわかりいただけよう。要するに、国際基準においては、彼らは明白な「犯罪者」にすぎないのであり、刑務所にぶち込まれるべき行動を繰り返していることになる。
 そんな「犯罪者」でも、この日本ではぬくぬくと、自由に生きていける現状がある。なんという ≪右翼特権≫の謳歌ぶりであろうか。この現状は詰まるところ、“政治の無策”ということでしかない。

カテゴリー:コラム, 瀬戸弘幸, 西村修平

「カルト組織」の手を借りてヤクザまがいのいちゃもんつける「チンピラ右翼」たち

2009年8月10日 コメントは受け付けていません

 違法盗聴疑惑を司法において認定されただけでなく、選挙となれば違法ビラを撒いてきた日蓮正宗妙観講の関係者らの手を借り、「低劣右翼」らが選挙妨害行為を続けている。統一教会などが資金源と指摘されている瀬戸弘幸一派で、連日、ビラ配布とそれに抗議する関係者らとのやりとりをビデオ撮影し、ネットで公開するといったいつもの手法だ。
 瀬戸は自身のブログをフル活用して「行動する保守」などと“自称”しているものの、その本質は、さまざまなスポンサーから援助され、特定意図の嫌がらせ・妨害活動を“飯の種”としている「街宣右翼」にすぎない。恐喝などの前歴をもつ犯罪右翼であり、「確信犯的」な行動を続けている人物だ。
 そうした犯罪者らの率いる集団が、自分たちがさも“正当”であるかのように振舞うのは、むしろ彼らの職業的本能ともいうべきものであり、それなしに「街宣右翼」行動は成り立たない。
 今回の行動の特徴は、「カルトつぶし」などと叫びなから、自分たちは、カルト組織とみなされている妙観講などと結託して妨害活動を続けている点にある。客観的にみれば、自語相違もはなはだしい行動といえよう。
 彼らにとってこの種の行動は「シノギ」(=本来はヤクザなどの経済活動を指す)にすぎず、本質的には自らの主義・主張は二番煎じにすぎない。その証拠に、東村山デマ事件という、司法的にも明らかに決着している問題を蒸し返し、まさにヤクザまがいの言いがかりをつけている点からも明らかだ。
 彼らがホームページやブログ上で盛んに活動報告をしてみせるのは、世論に訴えようとする側面もある反面、資金源(=瀬戸ポチの飼い主)へのアピールの側面も強いと思われる。
 実は、それらの行動の内容、傾向、種類によって、彼らの「資金源」もおのずと明らかになってくるという関係にあるようだ。≪公的な政治活動≫を続ける瀬戸一派らが、資金源を具体的に尋ねられても、明らかにしようとすることがなく、むしろ避け続けているように見えるのは、自分たちの「さもしい実態」を世に暴露される事態を恐れているためといってよいだろう。
 仮にそれらが明らかになってしまうと、世間は「さもしい実態」に胡散臭さを感じ取り、支援者は“流出”し、活動停止に追い込まれることが目に見えている。西村修平、黒田某、桜井誠などもそうした一派にすぎない。

「在日特権」で通名批判する「桜井誠」の名は“偽名”というブラック・ジョーク

2009年8月3日 コメントは受け付けていません

 瀬戸ポチ族の仲間であり、ポチ族の理論家として知られる「桜井誠」は、在日特権を許さない市民の会という団体の代表を務めている。同会の主張は、在日コリアンの歴史的経緯から付与されている在留資格について「特権」と呼び、さらに本名以外の通名(日本名)を名乗っていることを指してこれまた「特権」と批判する。およそヤクザの言いがかりと同レベルのものにしか見えないが、それでもこうした排外主義的主張が、極端すぎる特徴から逆にわかりやすいのか、この世相下において影響を受けている市民も少なからずいるようだ。
 問題は在日コリアンの通名を批判している本人が、「偽名」を名乗っているというギャグのような実態のほうであろう。桜井についてわかっていることは、1972年生まれ、福岡県出身ということくらいで、桜井の名のほかに、「木村誠」の名で活動した経歴もあるとの指摘もある。
 ネット上には自由に顔をさらすことができても、本名を明らかにできない「理由」は何であろうか。人物を特定され、戸籍をたどられるのが恐いとの「予断」も成り立つ。
 もっとも作家やライターが特定の理由からペンネームを使用することはままあることだ。さらに政治家でも、日本共産党の不破哲三に見られるように、ペンネームをそのまま政治家の名前として使用した人物もいる。だが、この桜井の場合、在日コリアンが通名を使っていることを強烈批判している張本人であり、その人物が、自分は「通名」「偽名」を使って平気でいられる“神経”とはいったい何であろうか。
 示しているのは“人間性の欠落”であり、だからこそ、街頭路上で気に食わない相手を見つけるやマイクを握って「ゴキブリ!」などと叫び散らし、悦に入ることができる。黒田ポチと同様、心性が相当にイカれている。

 【在特会】 http://www.zaitokukai.com/
 【桜井誠の個人ブログ】 http://ameblo.jp/doronpa01/

※ 「桜井誠」に関する個人情報、および「瀬戸ポチ族」の資金源についての関係者の具体的な情報を求めています。当サイトまでメールにてお知らせいただけると幸いです。情報源の秘匿は100%保証いたします。(Y)

カテゴリー:コラム, 瀬戸弘幸, 在特会

“瀬戸ポチ族”の「飼い主」当てクイズ

2009年8月2日 コメントは受け付けていません

 ポチ族の大きな特徴は、高崎山の猿と同じく、「群れをなす」という点にあるようだ。今日も東京・三鷹で、行動する保守ならぬ、「行動するポチ」活動に精を出しているようである。そのポチ族の“真の飼い主”はだれかという問題が依然存在する。リード線(手綱)は実は一本ではないかもしれない。さまざまな人が意見を表明しているようだが、そのなかから蓋然性の高そうな答えを用意し、本日はクイズ形式でその問題を問うてみたい。本来なら、公共的な政治活動を行っている瀬戸ポチ自身が、自身の政治活動の資金源について公明正大にすべき問題であろうが、そんなこともできない人間が、小沢の政治資金はどうだ、鳩山の偽装献金がどうだなどとほざき立てている。まさに「盗人の論理」とまったく変わらない。そんなことが続くのなら、ポチはそろそろ犬小屋に帰れ、ということでしかなくなるだろう。前置きが長くなったが、所詮は「弱いものイジメ」が好きな「行動するポチ」たちの “真の飼い主”について考えてみたい。題して、“瀬戸ポチ族”の「飼い主」当てクイズ――。

●問い 日本全国に出没し、拡声器などを使って、一般市民らに攻撃を続ける「瀬戸ポチ族」の資金源、つまり本当の「飼い主」は以下のうちどれか(複数回答可)。

 (1) 統一教会およびそのダミー組織
 (2) 日本会議などの極右団体
 (3) 石井一・民主党副代表
 (4) 日蓮正宗あるいはその一派の妙観講
 (5) 東村山のサイコパスこと矢野穂積
 (6) 北朝鮮の金正日
 (7) その他

 最後に注意事項として、ポチは自分がポチであることがバレるのを避けるために、あえて「飼い主」に対して少しだけ吼えてみせるなどの“偽装工作”をすることもあるようです。上記の問いの答えは、瀬戸弘幸自身が、自らブログ上などで積極的に明らかにすべき事柄でありましょう。

カテゴリー:コラム, 瀬戸弘幸