アーカイブ

Archive for the ‘日本共産党’ Category

「泥棒猫」

2011年2月3日 コメントは受け付けていません

 地方選挙の前になると決まって表面化する特徴的な現象がある。自分では大した仕事もしていない政党が、「これは私たちの実績」「あれも私たちの実績」などと、事実的根拠もなく、自在に主張を始める姿のことである。その最たる中心が、日本共産党という政党の地方議員たちである。
 同党は国政と同じく、地方議会においても圧倒的に野党勢力であることが多い。予算策定には与党議員のほうが強い力を発揮する。そのため必然的に彼らの手法は次のようなものになる。
 与党議員あるいは住民の要望などでなされた安全上のインフラ整備などについても、「自分たちは行政に陳情した」「その結果実現した」というロジックだけで、多くが「自分たちの実績です」となってしまう。その間における行政との綿密な交渉、あるいは住民への説得、予算獲得に向けた努力。彼らはそうした陰の労苦にはほとんどタッチしないまま、他人に汗をかかせて、自分たちはいいところだけを“泥棒猫”のように持ち去っていく。
 実はこうした手法は、大なり小なり程度の差はあるものの、同党においては全国的に共通した傾向だ。そのため見識ある住民には、同党の行動の浅ましさを認識している人も多い。
 東京23区の場合、区議会議員と都議会議員が連携して行う実績は数多い。「確たるネットワーク政党」の強みともいえるが、同じ形態の政党といっても、国政において万年野党の共産党とは、その実行力には雲泥の開きがある。近年、ブレていない政党は公明党と共産党だけ、といったとらえ方もあるようだが、民主党の現状から見れば、そうは言えるのだろう。ただし同じ3000人の地方議員を擁する公明党と共産党とはいえ、地方政治における実績は全く異なる。そうした構造上の違いから、共産党は実際にはそう言えないにもかかわらず、「自分たちの実績」と称し、チラシに刷り演説するなど、住民への≪詐欺行為≫を働くしかなくなるわけだ。
 共産党議員や同党候補は、こうした厚顔無恥に耐えきれる人物でないと務まらない。間違っても、正直で、ウソをつけないタイプの人間には向かない職業である。途中で同党議員を辞める人物が少なくないのは、むしろ当然のことだろう。

カテゴリー:コラム, 日本共産党

看板に「偽り」ありの日本共産党

2011年1月17日 コメントは受け付けていません

 4月の統一地方選挙まで約3か月。民主党は地方選挙において現職の多くが落選するという大惨敗をつづけている。そのなかで、「住民が主人公」をキャッチ・フレーズに党勢拡大を狙っている政党がある。いわずとしれた日本共産党のことだが、この看板には、大きなウソが隠されているようだ。実際は住民が主人公などではなく、住民を押しのけても党が主人公、というのが実態の姿に見えるからだ。この場合の「住民が主人公」とは、有権者の関心を引きつけるための体のいい“釣り針”にすぎない。
 たとえばこのコラムでお馴染みの東村山市議の矢野穂積が、自身の当選をつづけるために、何らの確たる証拠を示さすこともないままに16年間も教団謀略説というデマをふりまいてきたのと同じ構図だ。この場合、教団謀殺のデマが、東村山市民を騙すための“釣り針”の役目を果たしてきたわけである。
 選挙、なかでも地域に密着した地方選挙が近づいてくると、日本共産党は他党の実績やあるいは地元住民の実績までも、平然と「自分のもの」と主張してはばからない。そうした行動は当然ながら地域住民の顰蹙を買い、地域で問題となる。今回もそうした事例がすでに全国で頻発しているようだ。
 「住民が主人公」は実際は有権者を騙すための口実。「日本共産党が主人公」がこの政党の本音に映る。

カテゴリー:コラム, 日本共産党

北朝鮮問題における共産党の責任

2011年1月3日 コメントは受け付けていません

 昨年末、草思社という出版社から『北朝鮮に嫁いで40年』というタイトルの書籍が出版された。副題には “ある脱北日本人妻の手記”とある。1961年に在日コリアンの夫や家族とともに北朝鮮にわたった日本人妻が現地で40年暮らし、中国経由で脱北して日本人たどり着くまでの経緯を一冊に綴ったものだ。そこには北朝鮮国内の驚くべき実態が描かれている。
 「北朝鮮帰国事業」は1959(昭和34)年に開始された。当時、20歳だった人がいまでは70歳を超える計算になる。北朝鮮国内の平均寿命は男性50代、女性が60代とされ、ほとんどの日本人妻はすでに死に絶えたとみられている。
 冒頭の書籍で目をひくのは、巻末に掲載されている小島晴則氏の文章であろう。当時、日本共産党の一員として新潟で帰国事業に直接かかわり、いまでは懺悔の思いから拉致被害者の救出活動などに参画している人だが、「帰国事業が生んだ悲劇を伝える」という文章のなかでこう指摘する。
 「『地上の楽園』を宣伝・扇動し、これにもっとも協力した政党は日本共産党」
 私の知る限り、こうした赤裸々な声に、共産党が正面から答えたことはただの一度もない。

カテゴリー:コラム, 日本共産党

日本共産党の最後の「陣地」

2010年12月15日 コメントは受け付けていません

 かつて互いに批判し合わないことを約した10年協定を結んだ日本共産党と創価学会は長年、ことあるごとに衝突する関係にあった。同じ大衆層を基盤としてする組織的要因が大きかったが、その応酬は2000年ころが最後のピークになる。公明党が政権与党入りしたまもない時期と重なっていた。その後、2000年代の半ばころから、共産党は中央機関紙上においてもそうした行動をとらなくなったばかりか、ぴたりと方針転換した。背景には、党員の高齢化などに伴う組織基盤の弱体化により、外部勢力と闘争をつづける「余力」すら失われたとする見方が根強い。その共産党が唯一、現在も上記の方針を残存させているのが、訴訟対策上の分野で、教団と敵対する関係者の代理人に自らつき、情報収集も兼ねて行うといった“消極的手法” である。
 「あんなのはジャーナリストとはいえない」と非創価学会員の著名なジャーナリストからも声があがっている人物=乙骨某の起こしている裁判でも、日本共産党の弁護士トップを務めたような人物が代理人としてつき、訴訟を継続している。先日、東京地裁で行われた証拠調べでは、「しんぶん赤旗」の宗教担当として知られる社会部・柿田睦夫記者の姿も傍聴席に見られた。本日付の「しんぶん赤旗」には、同人のペンネームとみられるコラム記事が久方ぶりに掲載されている。いうまでもなく、同党の中枢の弁護士が関与するだけでなく、機関紙記者も公然とかかわっていることが明白だ。
 私事になるが、小生が過去に乙骨某を名誉棄損で訴えた裁判でも、乙骨側の代理人についたのは、共産党中枢の同じ弁護士だった。傍聴席にはたいがい、上記の柿田睦夫の姿が見られたのも同じである。乙骨らはこの裁判で最高裁において敗訴確定し、110万円の賠償金とその利息を支払った。もともと、この裁判の“原因”をつくったとされる問題の「本誌編集部」名の記事を書いたのは、実は赤旗記者とも見られてきた。
 乙骨某はこれらの問題記事の作成過程で、ほとんど「まともな取材」を行っていなかった。上記の「あんなの」とは、そうした乙骨某の基本的な職業姿勢を指して出てきた言葉である。

カテゴリー:コラム, 日本共産党

松井繁明弁護士はレッキとした日本共産党員

2010年12月3日 コメントは受け付けていません

 名誉棄損裁判で6回敗訴していることで知られるジャーナリストの乙骨某が創価新報の座談会記事で名誉棄損されたとして1100万円の損害賠償などを求めている裁判の証拠調べが2日、東京地裁で開かれた。記事を担当した聖教新聞記者、熊谷弘元衆院議員、乙骨本人が証言した。
 この日、10時30分から尋問が予定されていたものの、原告・乙骨側の主任代理人が遅刻し、開始は5分遅れた。定刻に姿を見せなかったのは、“遅刻常習犯”として知られる松井繁明弁護士である。
 最初、担当記者への被告側弁護士による主尋問を聞いていた松井氏は、「この事件と関係のないことをあまり聞かないでほしい」と抗議。乙骨某が過去に多くの名誉棄損事件で敗訴した経緯や、信平狂言事件の「デマ」に乗っかって、記者会見の司会をするなどしてきた行為について、担当記者が答えている最中のハプニングだった。被告側弁護士は、「予定時間内に終わらせる。公益性などの点から必要」と軽く松井氏をいなすと、同氏はすごすごと引き下がった。
 その松井氏が再び逆上するかのように立ち上がったはそれから間もないころ。乙骨某がこれまでの裁判で、当初は日蓮正宗の代理人を務めたことのある弁護士に委任していたが、途中から、自由法曹団の団長を務める共産党系弁護士らに頼むようになったと指摘した瞬間だった。松井氏はやおら立ち上がり、自由法曹団は共産党系ではない、あるいは自分は共産党系ではない旨の発言をまくし立てた。被告側の「証言者の認識として聞いている」という説明でなんとか引き下がったが、実際は、松井氏はさまざまな証拠の上から、日本共産党員あるいはそれに準じる立場にあることは歴然たる事実だ。その証拠を以下に列記する。
 (1) 松井氏は過去に宮本顕治氏、あるいは日本共産党の代理人をつとめている。
 (2) 2000年6月18日付「しんぶん赤旗」に掲載された記事では、松井氏の肩書きは日本共産党の「法対部副部長」となっている(※法対部=法規対策部)。
 (3) 共産党中央機関紙「しんぶん赤旗」にたびたび取り上げられている(松井氏の名前で検索すると123件がヒットする)。
 (4) 松井氏は日本共産党の党組織にたびたび個人献金を行っている(各種の収支報告書に明らか)。
 これらはまぎれもなく、松井繁明弁護士が、日本共産党員あるいは形式上はそうではないとしたところで実態上はまったく同じであることを示している。その松井氏が法廷で、自らの素性を否定することに躍起になったのは、自由法曹団が共産党系とレッテルばりされる事態を避けたかったからにちがいない。実のところ、松井氏は同団体の前団長(=最高責任者)をつとめ、さらに乙骨某の同じく代理人をつとめる菊地弁護士が、現在の団長という関係にある。菊地氏も松井氏と同様、レッキとした日本共産党員あるいはそれに準じる立場にあることは明白だ。「正義」を守るべき弁護士が、法廷で平然と「虚偽」を主張する姿は、滑稽ですらあった。

カテゴリー:コラム, 日本共産党, 乙骨

沈む共産党

2010年9月26日 コメントは受け付けていません

 日本共産党が25日、党本部で第2回中央委員会総会を開いた。そこで志位委員長は退潮の主な要因として、党員40万人のうちの約4割が65歳以上で、約2割だった97年から高齢化が進んでいるとの調査結果を公表し、世代交代がうまくいっていないことなどを説明したという。これらは前任の不破委員長時代から“有効な対策”を講じてこなかったツケが出ているもので、最初からわかりきっていた話にすぎない。同党は7月の参院選で、小池晃・党政策委員長を東京選挙区で落選させる“失態”を演じており、改選4議席を3議席に減らした。同党の“先細り”傾向は深刻で、来年4月の統一地方選挙でも、なりふり構わない行動をとるだろう。

 【共同通信】 http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20100925010003221.asp
 【読売オンライン】 http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20100925-OYT1T00883.htm

カテゴリー:コラム, 日本共産党

日本共産党、元国会議員秘書を除籍  埼玉県川口市議

2010年9月6日 コメントは受け付けていません

 9月2日付のしんぶん赤旗(4面)などによると、2007年の統一地方選で初当選していた日本共産党所属の市議会議員がこのほど同党から徐籍された模様だ。一つの地方議会に関する動向ながらこのニュースが価値をもつのは、徐籍された「木岡崇」市議が、過去に共産党の国会議員秘書をつとめるという党内における“エリート党員”の立場にあった事情による。同氏(1976年生まれ)は参院法務委員会の橋本敦参院議員の秘書などを務め、通信傍受法・共謀罪などの問題で反対運動に尽力していたものの、07年、川口市議に転身していた。同党では過去にも多くの良識的な党員が「除名」「徐籍」処分をなされており、来年の統一地方選挙を控えたこの時期における「処分」は、同党の≪特異な特質≫を改めて浮き彫りにするものとして注目される。
 【関連情報】 http://56445569.at.webry.info/201009/article_2.html

カテゴリー:コラム, 日本共産党