Archive

Archive for the ‘日本会議’ Category

判決文を読めない憲法学者

2010年1月31日 コメントは受け付けていません

 日本大学に百地章という名の憲法学者がいる。日本の著名な右派系団体「日本会議」の“御用学者”として知られるが、当然ながら、産経新聞でも重要な論客の一人として扱われている。外国人参政権問題で反対論者として常に有用とされている人物ではあるが、憲法学者でありながら、判決文もまともに読めないレベルにあることは明記しておいたほうがよい。顕著な実例として、95年2月の最高裁判決について、同人が意図的に歪曲した読み方をし、その内容を“扇動”してきた事実が挙げられよう。
 この裁判は、日本で長年生活してきた外国人である在日コリアンらが、選挙人名簿に名前が登載されないのはおかしいとして訴えた裁判だが、日本国憲法では外国人に選挙権を保障しているわけではないので、当然ながら、棄却された。その一方で、確定判決では、永住外国人などの密接な関係をもつ外国人については、立法の裁量で地方選挙権を付与することは「違憲ではない」と判示したものである。
 要するに、永住者などの外国籍住民に地方選挙権を付与しないことは違憲ではないし、逆に法律で定めて付与しても違憲ではない。それは司法が決めることではなく、「立法府」が日本の社会状況に照らして決めるべきことですよ、と判示したにすぎない。
 そうした論旨明快な判決に対して、百地教授は、「論理的におかしな判決」と一貫して主張し、前段のみに偏った主張をこれまで繰り返してきた。要するに、バランスのとれた判断ができない人物なのである。極めつけは、判決を「本論」と「傍論」に無理くりに分離し、地方参政権を認めた部分は「傍論」であり、「拘束力をもたない」などと言い出した。これこそ同人特有の≪暴論≫であろうと思われる。
 上記の最高裁判決は、判事5人の一致した意見として呈示されているもので、全体の流れとして読むべきものである。それを都合のいいところだけを抜き取り、都合の悪いところは理由をつけて斬り捨てる。これはおよそ法律に携わる学識者のとるべき態度ではなく、邪まな態度と非難されても仕方がないだろう。
 こうした人物が、右派の学者としては価値が高いのである。理由はおそらく、法学者としておよそお粗末としか思えない行動をとれるような学者が、百地氏以外にいないからだと私には思われる。逆にいえば、見識のある憲法学者は、こうした手合いをはなから相手にしていない。どの世界にもこのような人物はいる。
 ジャーナリストの世界では、特定の意図をもってデマを振りまいてきた乙骨某などに似通った手法の人物といえよう。「事実」ではなく、「都合のいい事実」のみが大事なのである。

カテゴリー:コラム, 日本会議

◆右派系の皆様へ  それくらいで壊れるような日本国ではない

2010年1月26日 コメントは受け付けていません

 日本で最大の保守・右派系団体「日本会議」が主催する外国人参政権に反対する国民集会が昨日午後、永田町にほど近い憲政記念館で開かれ、地方議員をはじめとする1000人を超える人々が集まった。主催者を代表して挨拶した日本会議国会議員懇談会会長の平沼赳夫・衆議院議員は、長崎県対馬を視察した話を延々と行い、外国人参政権を認めると辺境の島が外国勢力に支配されかねないかのような反対論をぶった。さらに外国人から日本に帰化(国籍取得)した石平氏、金美齢氏、呉善花氏などが登壇し、さらに民主党を除名された土屋敬之都議会議員などが挨拶した。
 同会では、この法案が5月のゴールデンウィーク前後に国会上程され、成立してしまいかねないことを懸念しており、それまでに国民運動を高め、ピークにもっていく考えだ。そのため地方議会における反対決議を今後も推進する一方、署名活動なども行う方針という。
 反対論の主な要点は、外国人である永住者に地方選挙権を与えると、日本が外国に間接的に支配されてしまいかねないという脅威論だ。対馬や与那国島に永住者が大量に住民登録すれば、首長選挙や市・町議会選挙で、外国人の意向を受けた議員が当選しかねないと「恐怖心」を抱いている。だがこれらは冷静に考えれば、杞憂でしかなかろう。
 その地域に実際に住んでいないのにそこに選挙のために住民票を集団移動するなどのデマは、これまでも某宗教団体にからめてさんざんに行われてきた。現在の住民登録制度では、そうしたことをすれば、すぐに発覚する。まして外国人がそこに住んでもいないのに大量に住民登録すれば、地元ではすぐに判明する話であり、大きな騒動になることは明らかだ。日本人ですらできないことを、外国人だからできると「曲解」することは、いい加減な論議というほかない。
 さらに彼らは永住外国人をまるで「黒船」であるかのように怖れているようだ。外国人といっても所詮は同じ人間にすぎない。仮に中国人を例にとっても、みな同じ政治的信条をもっているかといえば、それは現実社会を知らない人間の見方だ。日本人でも、人それぞれ考え方は異なり、支持政党も異なるように、外国人でも同じことがいえる。まして参政権付与の歴史は、わずか1世紀前には女性には与えられていなかった権利だ。
 戦後、女性に選挙権を与えるときに、女性に一票を与えると国家が女性に支配されかねないなどと反対した者がいただろうか。選挙制度というのは、極めて民主主義の根幹を占める問題であり、そこに住む「生身の人間」の意思反映の手段を担保するための制度にほかならない。外国人であろうと、わが国にこれからそうした人々が増えることがすでに明らかな以上、そうした人々を政治的埒外においたまま、日本人だけでコソコソと行う政治がはたして民主主義の原理にかなっていると言えるかどうかという問題である。
 ところが、わが国には、永住外国人に地方選挙権を与えると、日本が乗っ取られかねないとか、中国・韓国に間接支配されてしまうだとか、心配する日本人が増えているようだ。日本人はいつからこうした≪せせこましい人種・民族≫に成り下がってしまったのだろうか。
 古代から連綿とつづく過去の日本の歴史は、外国人を受け入れてきた時代には、例外なく国に発展をもたらしてきた。いまはそのことが再び問われている時期ともいえよう。
 蛇足だが、本日発売された月刊誌「WiLL」には、「外国人参政権に絶対反対です!」とのキャッチコピーとともに、「総力大特集 許すな! 外国人参政権」と題する特集を掲載している。その花田紀凱編集長の姿も、昨日の日本会議主催の集会で目にしたが、会場後方の椅子席に深々と座ったまま、その時間のほとんどを腕組みしたまま寝入っているかのようだった。

カテゴリー:コラム, 日本会議

自民党の反対議連が再始動  外国人参政権

2010年1月21日 コメントは受け付けていません

 朝日新聞が19日付朝刊で掲載した自社世論調査によると、永住外国人に地方選挙権を付与する法案について賛成・反対の意見を聞いたところ、賛成は60%にのぼったという。調査はコンピューターで無作為抽出した3628世帯に電話で聞いた。
 一方、野党・自民党の反対運動が活発化している。同党の谷垣禎一総裁は19日夜のテレビ番組で反対する意向を示したことに加え、昨日、党本部で「外国人参政権の慎重な取り扱いを要求する国会議員の会」(反対議連)の会合を開き、新たに村上誠一郎衆院議員を会長に選んだ。同議連は99〜2000年当時に立ち上げた組織で、成立の機運が高まった当時も、反対派議員の“急先鋒”となった過去がある。当時の事務局長は平沢勝栄衆院議員で、上記の谷垣、村上、平沢議員のいずれも「日本会議国会議員懇談会」(極右団体・日本会議の議員連盟)に加盟する議員だ。
 反対議連では、24日に行われる自民党の党大会で、同党執行部としてこの問題への反対を明確に打ち出し、法案の問題点を早急に詰めるように求めることを確認した。

「日本会議」系議員が主導し、14県議会で反対決議

2010年1月8日 コメントは受け付けていません

 今日付の朝日新聞(東京本社版)が1面トップで、14県議会で外国人参政権について反対決議を行ったことを報じている。うち7県議会は、過去に賛成決議を行ったことのある県議会で、自民党議員を中心にタカ派路線が進んでいることを浮き彫りにしている。反対決議をすでに行ったのは、北から秋田、山形、茨城、埼玉、千葉、新潟、富山、石川、島根、香川、佐賀、長崎、熊本、大分。反対している議員は多くが極右・右派系組織として知られる「日本会議」に所属する議員で、今年の通常国会に政府提出される予定の法案審議に一定の影響を与える可能性がある。
 偶然か、今日付の東京新聞でも2面で、「どうなる外国人参政権? 議論20年進展なし」の大見出しを掲げ、特集記事を掲載した。次期参院選は、このテーマが重要争点の一つとなる可能性が極めて高い。

カテゴリー:コラム, 日本会議

公然と姿を現す「田母神」ブーム

2009年12月9日 コメントは受け付けていません

 先日、正午からの「笑っていいとも」(フジテレビ)を見ていたら、元航空自衛隊幕僚長の田母神俊雄がテレホンショッキングに登場していた(12月3日)。前日の石原慎太郎・東京都知事の紹介によるものだったが、空幕長をクビになった過去を持ち出し、堂々と自己正当化の主張を「公共の電波」に乗せていた。講演会もひっぱりだこのようで、小生も最近、初めてこの人の肉声に接する機会があった。
 同人の特徴は、過去の日本の戦争責任をすべて捨象し、責任を考える姿勢については、すべて「日本を悪く言う人」といっぱひとからげに括ってしまうことだ。見方を変えれば、過去の行動について反省する心を自ら否定する偏頗な態度である。
 日本の外交姿勢についても、核武装するべきだと公言し、他国が止めてくれと言ってきたときに、「『何かくれ』といえばいい」といった調子で、すべてがパワー・ゲームという名のゲーム感覚に聞こえる。
 話自体は明瞭で小気味よく聞こえるので飽きない面もあるようだが、主張している内容はほぼ「幼児」のそれに等しいと言われても仕方がないだろう。所詮は「ボク悪くないもん、いい人だもん」と言っているだけだからだ。こうした人物を持ち上げている最大の団体が「日本会議」という名の右派統合組織であり、月刊誌「WiLL」などを発行するワック株式会社などがそうした風潮に乗って“金儲け”を図る出版社の典型といえよう。
 戦後一貫して公教育において近現代史の歴史教育を受けてこなかった日本人にとって、上記のような過去の戦争責任を認めない言説は、一定の割合で広がっているようにも見える。だからこそ、金儲けのための隙間産業がそうした場所に生じるわけだ。
 元「軍人」がまるで芸能人と同じように人々の心に無意識のうちに入り込んでいる昨今の状況は、「日常の風景」とはなにやら異なっている。「まがい物」が公然と跋扈できる時代が本格化しているようである。

カテゴリー:コラム, 日本会議

「夜道を歩けなくなる」と絶叫する参政権反対論の右翼集団

2009年11月29日 コメントは受け付けていません

 昨夕、渋谷駅を通りがかると、外国人参政権に反対する右翼集団に出くわした。日章旗が多数乱立し、街宣車に乗って絶叫している人々がいる。「この法案が成立しそうになったら、国会議事堂を占拠しましょう」などといかにも物騒な、まるで安保闘争時代をほうふつさせるような演説をしていたのは、民主党所属の「右翼」都議会議員として名を売る土屋敬之という人物。そのほか、「若い女性が夜道を歩けなくなる」などと、何の脈絡もない危機論をふりかざして煽る弁士をはじめ、新しい歴史教科書を作る会の会長・藤岡信勝拓大教授が演説を終えたあたりで、小生はその場を離れた。
 あとで確認すると、極右・右翼団体として知られる「日本会議」関係の街宣行動だったようだ。それにしても、反対論の内容はこれまでさまざま聞いてきたものの、「夜道を女性が歩けなくなる」とは初耳の反対論である。いったい、どのような論理的帰結に基づくものなのだろうか。「外国人=犯罪者」という固定概念で頭を占拠されてしまった、哀れな人々の異常とも思える言動が、この社会に一定の根をもっていることも事実である。

天皇が日本の将来に心配を感じること

2009年11月12日 コメントは受け付けていません

 現在の明仁天皇が即位20年を前に記者会見を行った。その内容が12日付の各紙に掲載されているが、記者の「両陛下は、日本の将来に何かご心配をお持ちでしょうか」との質問に、次のように答えている。
 
 今、日本では高齢化が進み、経済が厳しい状況になっています。しかし、日本国民が過去にさまざまな困難を乗り越えて、今日を築いてきたことを思い起こすとき、人々がみなで英知を結集し、あい携えて協力を進めることにより、日本が現在直面している困難もひとつひとつ克服されることを願っております。
 私がむしろ心配なのは、次第に過去の歴史が忘れられていくのではないかということです。昭和の時代は非常に厳しい状況のもとで始まりました。昭和3年、1928年、昭和天皇の即位の礼が行われる前に起こったのが張作霖爆殺事件でしたし、3年後には満州事変が起こり、先の大戦に至るまでの道のりが始まりました。第一次世界大戦のヴェルダンの古戦場を訪れ、戦場の悲惨な光景に接して、平和の大切さを肝に銘じられた昭和天皇にとって、まことに不本意な歴史であったのではないかと察しております。
 昭和の60有余年は、私どもにさまざまな教訓を与えてくれます。過去の歴史的事実を十分に知って、未来に備えることが大切と思っています。

 これらの言葉は、過去の歴史を隠蔽し、捏造していく最近の顕著な風潮への裏返しの言葉とも受け取れる。“歴史修正”のために活躍しているのは、新聞でいえば「産経新聞」、団体でいえば「日本会議」「新しい歴史教科書をつくる会」、人物でいえば「櫻井よしこ」「田母神俊雄」、月刊誌でいえば「正論」「WiLL」といったところか。低劣右翼などは言うまでもなかろう。天皇のお言葉をよく肝に銘じるべきだ。

カテゴリー:コラム, 日本会議