アーカイブ

Archive for the ‘文藝春秋’ Category

仙谷由人前官房長官が文春・新潮を提訴

2011年1月18日 コメントは受け付けていません

 官房長官から民主党代表代行に就任したばかりの仙谷由人衆院議員が17日、週刊新潮と週刊文春の記事をめぐりそれぞれ名誉棄損による1000万円の損害賠償などを求める裁判を東京地裁に起こした。問題となったのはいずれも1月13日号の記事で、昨年末に首相官邸で行われた忘年会の席上、仙谷氏が大手紙の官房長官番で「40代前半の女性記者」「清楚な黒髪の和風美人」(いずれも新潮記事)に対し、セクハラ発言をしたと報じられたもの。両誌とも同一の情報源の可能性があるが、それらの記事では、酔っぱらった仙谷氏が女性記者に対し、「俺も歳だけど、まだタツかな」(新潮)などの発言を繰り返した旨が記載されている。

 【読売オンライン】 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110117-OYT1T00881.htm

広告
カテゴリー:コラム, 文藝春秋, 新潮社

日本の創価学会報道が「貧困」な理由

2011年1月4日 コメントは受け付けていません

 明日発売される月刊『潮』2月号に、作家の佐藤優氏の講演した際の内容が10ページにわたって抄録されている。昨年11月に福岡市で行われたものというが、そのなかに、潮という媒体に寄稿したことで中傷を受けた経験についてもふれている。そのまま引用しよう。
 
 もうひとつ、『潮』に寄稿した後に受けた中傷がある。
 「佐藤は創価学会からカネをもらっているのではないか」
 「潮出版社がとてつもない原稿料を支払ったのではないか」
 と言われた。しかし、創価学会からカネをもらったことはないし、『潮』の原稿料も、『文藝春秋』や『新潮45』よりも低い。もっと報酬の高いメディアはたくさんある。創価学会が有識者をカネで買っているかのごとき都市伝説には根拠がないというのが私の経験だ。この時に私は実感した。現在、日本には明らかに「創価学会タブー」が存在している。世間で言われているような「学会は力があるから、メディアが悪口を書けない」というタブーではない。その逆のタブーである。
 創価学会に関する悪口はいくらでも書ける。しかし、創価学会の役割や功績を、客観的事実に基づいて述べたり、客観的に評価したりすることがマスメディアでは難しいのだ。

 上記の文章の特に後半部分に、日本のおける創価学会報道の貧困ぶりの「根拠」が短的に示されていると私は実感する。創価学会のような(今では)大きな教団が、単に負の理由だけで存在しているわけはない。どの団体・組織もひとりの人間と同じく、長所と短所を備えているのがふつうであろう。にもかかわらず、「短所」のみをあげつらい、あるいはそれをデッチ上げてまで行おうとするのは、明らかにルール違反である。その「役割や功績」についても客観的に評価するのが、バランスのとれた報道というものであろう。過去における日本の創価学会報道の歴史は、まさにそのような“負の歴史”でつづられてきた。
 たとえば、教団への「悪口」や揚げ足取りのみでこれまで“商売”を続けてきた乙骨某や段勲、さらに溝口敦などが、教団の「役割や功績を、客観的事実に基づいて述べたり、客観的に評価したりする」ことはついぞできない話だろう。それは彼らの創価学会報道にかかわってきた「動機」に深くかかわっている。

カテゴリー:コラム, 文藝春秋, 乙骨

4人のジャーナリスト

2010年12月6日 コメントは受け付けていません

 1990年2月号の月刊現代記事が手元にある。タイトルに「創価学会ウォッチャーの驚愕座談会」とあり、4人のジャーナリストが顔写真を並べている。右から「内藤国夫」「溝口敦」「段勲」「乙骨正生」。このなかで唯一肩書きがジャーナリストでないのは、「継命新聞編集長」の乙骨某だけである。日蓮正宗のいわゆるC作戦が謀議されたその年の発行という点に着目したい。そのためか、この座談会のトーンは終始、「ダムが崩壊する寸前の状態」などといった感じで、掲載されている乙骨のコメントによれば、「平成2年(※90年)は、創価学会の崩壊元年になるのではないでしょうか」との“願望”で締め括られている。
 この記事で注目されるのは、冒頭の「なぜ学会問題に関わったか」という項目で、段勲が自分の元学会員であった事実を意図的に隠している点であろう。段はすでに自分の著作でそのことを公にしていたが、その後はその事実をひたすら隠そうと努めてきた。冒頭の「現代」記事はその証拠ともいえる内容になっている。
 さらに乙骨某が自身の肩書きに使用していた継命新聞は、日蓮正宗の分派組織「正信会」の機関紙であり、日蓮正宗と鋭く対立する関係にあった。にもかかわらず乙骨はその後、同紙を辞めると、手の平を返すかのように、日蓮正宗側に寝返った経緯がある。要するに、“飯のタネ”になるなら立場などどうでもよいといった姿勢にあふれていた。過日の本人尋問のなかで、その点を追及された乙骨は、最後まで明確な信仰的信念を述べることができなかったのも理由のないことではない。
 いま冒頭の4人のうち、内藤国夫はすでに死去。溝口敦の著作といえば、もともと共産主義的二元論のシロかクロといったスタンスの代物で、およそ全体像の正確性を欠いている。段と乙骨はいずれも脱会者であり、2人の違いは、段はその事実を「隠そう」と努め、乙骨は逆にそのことを「強調」することで、仕事拡大に活用してきた点にある。
 先日の乙骨尋問で注目されたのは、2年前に死去した“希代のペテン師”山崎正友について、乙骨が法廷で批判するような言葉を多数投げかけた事実であろう。乙骨は、過去の反学会活動において山崎がスタンドプレーを繰り返したかのように主張し、あげくは「山崎」と呼び捨て扱いにした。亡くなった人間に対しては、遠慮が要らなくなったということだろう。
 その山崎正友の正信会活動のもとに育ってきたのが、実は乙骨某自身であり、その意味で山崎と乙骨は“同じ穴のむじな”にほかならない。日本の創価学会報道が公平性や客観性を欠く傾向が強いのは、各種メディアがこうした面々に多くを頼ってきたこととも無関係ではない。先の2回にわたる「文春記事」なども、そうした例の最たるものだった。

「週刊文春」の連載は“お粗末”の極み

2010年11月27日 コメントは受け付けていません

 いちいちこのような代物を“逆宣伝”する必要もないのだろうが、同じ業界の末席を汚す者としては、業界劣化の最たるものに映るのでいちおう触れておきたい。「週刊文春」が現在発売号で、池田名誉会長に関する連載を始めた件である。「徹底取材」「その実像に改めて迫る」と見出しは仰々しいものの、その内容はお粗末の一言に尽きる。短的にいえば、執筆者は最低限必要な資料すら読みこめていないし、取材の方向性もあいまいで、全体像をおよそ十分に把握できていない結果か、「実像」に「迫る」どころか、逆に「かけ離れている」ようにしか見えない。例えば、池田名誉会長が第三代会長に就任するいきさつについて、大蔵商事時代に借金のとりたてがうまかったからといった愚にもつかない理由が書いてあるだけで、会長就任の動機をはなから「野望」と決めつける。だれが好き好んで、首相以上の激務にも見える教団の会長職に就くだろうか。この記事に書かれているのは、執筆者の「推測」と、恣意的な材料集めばかりで、特段目を引く内容は見当たらない。
 要するに、必要十分な取材を行っていない。そのため、取材で得た「事実」を中心に主要部分を構成するのではなく、逆に≪取材の不備≫を筆者の浅はかな推測と予断で恣意的に埋めあわせているにすぎない、お粗末な代物なのである。「週刊文春」も落ちたものだと、しみじみと実感させてくれる文章である。

カテゴリー:コラム, 文藝春秋