アーカイブ

Archive for the ‘妙観講’ Category

妙観講とゴロツキ集団の陰に東村山市議

2010年7月4日 コメントは受け付けていません

 東村山界隈で有力な情報サイトの一つになっている「りゅうオピニオン」(7月3日付)によると、東村山市議の矢野穂積が事実上運営している東京・多摩方面の地域FM局「多摩レイクサイドFM」の7月1日・2日の番組に、日蓮正宗の謀略グループの一員である小川頼宣と、“低劣右翼”としてその名を知られる黒田某が出演したと伝えている。事実なら(事実であろうが)興味深い現象だ。
 黒田某といえば、ネット上で他人の顔写真を無断掲載するだけでなく、その上に落書きを塗りたくり、訴訟でも敗訴したよう“低劣行動”で知られ、いわゆる西村・瀬戸といった “ゴロツキ”の一派。最近は日蓮正宗関係者とも親密に行動しており、敵の敵は味方とする行動には節操のかけらもうかがえない。
 小川頼宣といえば、すでに死亡した“希代のペテン師”山崎正友(恐喝罪で約3年服役)とも密接に連携してきた人物で、日蓮正宗の謀略グループ「妙観講」の関係者として知られる。妙観講は、敵対グループを攻撃するためには、『デマ事件』を作出・宣伝することを何らいとわない行動で知られ、裁判所からは「違法盗聴」の疑惑を認定されているような集団だ。
 興味深いのは、こうした面々に、東村山という地方の市議会議員にすぎない「矢野穂積」が協力の手を差し伸べていることだろう。正確にはどちらが手を差し伸べている関係かは、定かでない。
 矢野は、95年の東村山女性市議転落死事件の際、警察の捜査がまだ終わっていない段階から「教団謀殺説」なるものを垂れ流し、多くの事実識別能力のない報道関係者を“利用”してきた経歴をもつ。事件から15年すぎたいまとなっては、女性市議の転落死については、自殺の可能性が高いことがほぼ定着しており、その「動機」が明確に存在したことが司法からも認定されている。結論からいえば、矢野穂積という人間は、確たる根拠や証拠もないまま、「謀殺説」を吹聴してきた“トンデモ男”ということになる。
 現在進行中の別裁判によれば、女性市議が転落死する直前にいた場所は「草の根事務所」と捜査関係者によって推定されていたことが明らかになっている。当時、東村山署はそのように見ていたようだ。だが、東村山署による同事務所への捜索について、謀殺を強硬に主張していたはずの矢野穂積らは、事務所内の捜査を『拒否』するという“不可解な行動”をとった。「殺された!」といいながら、疑惑解明のための警察捜査については拒否、あるいは主体的に協力しようとしなかったのである。
 これらは事件の核心部分を浮き彫りにする話であり、今後大きくクローズアップされる可能性がある。
 いずれにせよ、東村山市議のまわりには、まともな人間は集まってこない。イルカ漁をめぐる話題映画に対する上映中止運動を行ってきたいわくつきの“ゴロツキ集団”も、東村山問題においては、矢野穂積らと共同戦線を構築する“お仲間”の一派だ。
 東村山市議「矢野穂積」は、“ならず者集団”である彼らと密接な関係をもち、≪利用≫してきた。

 【りゅうオピニオン】 http://blog.livedoor.jp/ryuopinion/archives/51433793.html
 【矢野穂積が連携する“ならず者”集団の行動】 http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

広告

自民党都議「古賀俊昭」をバックにする“ゴロツキ集団”

2010年6月22日 コメントは受け付けていません

 昨日のつづきを。話題になっているイルカ漁映画「ザ・コーヴ」について、その配給会社が昨日、7月3日から全国6館で上映する決定をしたことを発表した。本日付の読売新聞も遅まきながら、「イルカ漁映画」「問題あっても妨害は許されぬ」との社説を掲載している。その内容によると、配給元の上映方針発表について、「卑劣な威嚇には屈しないという、配給元や映画館の強い姿勢を示した」と評価。「内容がどのようなものであれ、公序良俗に反しない限り映画という表現の自由は、最大限尊重されなければならない」と、まっとうな論調だ。
 右派系団体「主権回復を目指す会」には、自民党都議がバックについていることは昨日も指摘したとおりだ。東京・日野市民はこのような都議会議員を選出していることを肝に銘じるべきだ。この団体は、東村山市では、95年の決着済みの事件を蒸し返し、根拠もなく公明党の支援団体を攻撃してきた行動で有名になった。その低劣右翼の“仲間”らが、日蓮正宗の謀略組織として知られる「妙観講」関係者らの支援を受け、選挙になると盛んに活動することもよく知られている。

カテゴリー:コラム, 妙観講

「妙観講」と連携する勝共系カルト右翼

2009年8月26日 コメントは受け付けていません

 自分たちは正真正銘のカルトである統一協会=勝共連合と密接な関係を持ちながら、それを隠し、他の団体にカルトのレッテル張りをして活動をつづける「低劣右翼」の面々が、ますます醜悪な動きを見せ始めている。このほど妙観講関係者が立ち上げた「公明選挙を監視する市民の会」なるダミー団体と、あからさまな共同歩調を示しているからだ。
 この市民の会の副代表には、希代のペテン師・山崎正友(故人)のカバン持ちとして知られてきた佐貫修一のほか、学会本部職員でありながら女性問題や金銭問題を起こして職場を去った小多仁伯こと「古谷博」が就いている。違法盗聴も厭わないとされる日蓮正宗の謀略部隊が深く関与した組織であることは明白で、意図的な行動そのものにも見えるが、その“走狗”として勝共右翼が協力するという構図だ。
 まさに有象無象の集団の一時的連帯ともいうべきものだが、この右翼関係者らもさまざまな違法行為を重ねてきた関係で、すでに多くの訴訟ざたを抱え、その数はこれからもますます増えそうだ。
 上記の低劣右翼らは、朝鮮人を侮蔑し、韓国・中国をあしざまに罵る一方で、本格的な北朝鮮批判には踏み込まない“不思議な右翼”として知られてきた。その理由について、統一協会の教祖・文鮮明が北朝鮮生まれで、同国と深い親交があるためとの指摘がなされてきた。彼らが「似非右翼」と呼ばれる所以であろう。
 右翼を称しつつなぜ文鮮明と北朝鮮の関係に切り込まないのかと問われても、ダンマリを決め込んできた。

カテゴリー:コラム, 妙観講

北区の公明都議が妙観講関係者らを告発

2009年8月20日 コメントは受け付けていません

 20日付の公明新聞によると、公明党の大松成都議会議員(北区選出)は19日、公示後の18日に東京・北区内で配布された「政教分離を考える会」のビラに対し、公職選挙法違反容疑で警視庁に告発を申し立てた。これらのビラは都議選の選挙期間中にも配布されており、同じ違法行為を繰り返しているとして、厳重な処罰を求めたもの。
 さらに話は変わるが、近頃、自民党が発行するパンフレット「知ってビックリ民主党 これが実態だ!!」が各戸配布されている模様。副題は、「労働組合が日本を侵略する日 民主党にだまされるな!」というもので、一見すると、謀略ふうビラの装丁。それでも裏面にはしっかりと、自民党の文字およびロゴが記載されており、「このパンフレットは、政党の自由な政治活動であって、選挙期間中でも、自由に配布できます」と書かれている。
 一方、今日付の「産経」政治面の企画記事によると、民主党の小沢前代表は8月中旬、党関係者に対し、「鳩山は考え込んでしまうタイプなので、変な情報を入れるな」と指示したことが紹介されている。鳩山代表が自身の政治資金収支報告書の虚偽記載問題で悩み込んでしまうことを心配したらしい、と解説している。

カテゴリー:コラム, 妙観講

大阪で新たに刑事告訴へ  妙観講関係者の中傷ビラ

2009年8月14日 コメントは受け付けていません

 公明党は13日、大阪府内で配布された「政教分離を考える会」のビラについて名誉棄損罪で大阪府警に告訴した。このビラは8月2日から5日にかけ、公明党候補者のいる小選挙区内で配布され、配布枚数は2000数百枚に及ぶと機関紙「公明新聞」は伝えている。

 【公明新聞】 http://www.komei.or.jp/news/2009/0814/15320.html

カテゴリー:コラム, 妙観講

「エセ右翼」と“二人三脚”の不思議な「東村山市議会議員」

2009年6月26日 コメントは受け付けていません

 6月初旬、ある妙観講員(=浦安市の日蓮正宗寺院に所属)のブログに、東京都の北多摩1区内で、政治色の強いビラを各戸配布したことが報告されていた。この講員は、自身が朝鮮民族の血を引くこともわきまえずに在日コリアン批判などを繰り返している「エセ右翼」の瀬戸某一派の一員で、当日は、なぜか東村山市議会議員の面々が車両を出すなど手厚くバックアップしていた。
 東村山の市民派を“詐称”してきた「草の根」の2人で、矢野穂積・朝木直子が密接に関与していたことをそのブログで報告していたからだ。北多摩方面で投函されたそのビラは、矢野穂積を “持ち上げる”ばかりの内容で、右翼と矢野らの“共闘活動”を示すものだった。問題は、こうした関係に新たに妙観講員が「関与」していたという事実であろう。もちろん、「新たに」か「もともと」なのかは定かではない。
 「妙観講」といえば、日蓮正宗のなかでは違法盗聴もいとわない「阿部日顕」直属の謀略集団として知られ、選挙のたびに警察ざたを繰り返してきたグループとして有名だ。そうしたグループと、瀬戸・矢野の凸凹コンビが、なりふり構わず手を結んでいたことになる。
 その間には、取材もしないでデマ記事で第三者を誹謗することで知られるジャーナリスト・乙骨某などの存在も垣間見られた。
 さすがに上記の妙観講員は、率直な活動表明ブログの内容がまずいと指摘されたのか、わざわざ、妙観講員であるという事実をこのほど削除したという。「類は友を呼ぶ」という言葉が、これほど当てはまる現象も珍しい。市議会議員、右翼、日蓮正宗という、いずれの業界・分野においてもおおいに「問題がある」と指摘されてきた面々の、三位一体の結託ぶりを裏付けているからだ。

 【参考ブログ】 http://d.hatena.ne.jp/three_sparrows/20090624

低劣右翼・妙観講・東村山市議の“黒い関係”

2009年6月15日 コメントは受け付けていません

 95年に東京・東村山市で起きた女性市議転落死事件をめぐり、瀬戸某などの自称右翼の一派が事実関係をいいようにねじまげ、これまで盛んに活動してきたが、そうした動きと密接に連動してきたのが、現職・東村山市議の「矢野穂積」(=最下位当選)と「朝木直子」だった。さらに取材もしないでデマ記事で第三者を誹謗することで知られるジャーナリスト「乙骨某」もその一味だ。これらは現在、“瀬戸・矢野一派”とも呼んでいいような一群を形成しており、来月投開票が行われる予定の東京都議会選挙でも、北多摩一区方面で行動を続けている。
 たとえば6月になってからは、電話盗聴などの違法行為でその謀略性を知られている日蓮正宗の謀略グループ・妙観講(本部・杉並区、代表・大草一男)の構成員らが、上記の右翼らをはじめ、矢野・朝木と合同でビラ配布を行っている。このビラは、矢野たちが自分たちの選挙区である東村山市内でばらまいてきた手作り新聞とまったく同じ形式のもので、自身の正当性を主張しながら、公明党誹謗のための記事で埋め尽くされているもの。
 記事内容も、自分たちが数十件もの訴訟を起こし、東村山市民の税金を“泥棒”してきた「訴訟マニア」である事実などには一切触れず、上記の転落事件をめぐって不当に非難を浴びてきた元東村山署副署長を名指しで罵るといった内容。
 東村山市議の矢野穂積といえば、偏執的な行動で地元でもよく知られており、地元の市民団体から「パラノイア」と指摘されて、怒った矢野が名誉棄損で提訴したところ、裁判所からも「そういわれても仕方がない」との判定を下されるほどの“偏執病者”として有名だ。
 この矢野は、95年に同僚市議であった朝木明代が万引き事件を起こすと、にせアリバイを主張したり、いつわりの証言で「逃げ」を打とうとするなど、果敢に言い逃れを図ってきた行動でも知られる。実は、そうした渦中に起きたのが朝木明代市議の転落死事件であり、客観的には、万引き事件を苦にした「自殺」と見られた。事実、捜査当局もその可能性が高いことを指摘してきたが、矢野はあくまで「他殺」であると主張し、警察捜査を批判し、自分の立場を守る態度に汲々としてきた。
 こうした“偏執病者”の主張に擦り寄ったのが、教団を叩けるネタであれば事実とは関係なく飛びつくことで有名な「乙骨某」であり、さらにはこれをもとに何らかの利益を得られるのか、自称右翼の一派が飛びつき、「連合体」を形成しているといった様相だ。
 矢野の同僚市議である朝木直子(=自殺した市議の娘)はこれまで、東京都議会選挙に出馬して落選した経歴をもつ。こうした経緯から、逆恨みの感情をまじえ、公明党攻撃を行っていると見られるが、その根底には、自分を守る「打算」が巧妙に見え隠れする。
 つまり、矢野・朝木一派は、あくまで「他殺説」を主張することで、自殺の要因となったはずの自分たちの行為を隠蔽することができ、なおかつ、「他殺説」を支持する右翼の一部や、能力が低いというデメリットはあるものの一部のジャーナリストからも“支援”を得られるメリットがある。
 矢野は学生時代は新左翼の活動家として逮捕された経歴をもつほどのごりごりの左翼出身者。だがいまでははそんな「過去」には関係なく、右翼業界でも「あいつらは思考能力が乏しくて有名だからな」(関係者)と呆れられるほどの低劣右翼と結びつき、なりふり構わない行動を繰り返している。
 今後は、政界進出したことで注目されている宗教教団「幸福の科学」などとも接触をはかり、 “瀬戸・矢野連合軍”(=右翼と左翼の混成「利害」集団)に引き込もうと画策しているようだ。

 【矢野一派(元左翼)と瀬戸一派(右翼)の共同行動】
 http://s01.megalodon.jp/2009-0609-0029-56/jmuzu1081.blog73.fc2.com/blog-entry-78.html