ホーム > コラム, 矢野絢也 > 堕ちた元委員長  100  “堕ちた”というより「腐敗」した政治家

堕ちた元委員長  100  “堕ちた”というより「腐敗」した政治家

2011年2月14日

 今さらながら矢野絢也のたどってきた人生を俯瞰してみると、「転落」の軌跡そのものであったことがうかがえる。裕福な家に生まれたはずが戦後一転して極貧生活に。京都大学に入学したものの、貧乏との縁は切れず苦学。就職浪人して入った先は関西に本社をもつ大手ゼネコンだった。そこで株式売買の仕事に関与し、投機の世界にふれた。31歳で、就職先を退社後、大阪府議へ立候補。2年後に公明党が立党され、34歳のとき衆院初当選。公明党の書記長に抜擢された。
 府議時代あるいは衆院議員の初期のころまでは、「立党精神」を胸にまじめに働いた時代もあったようである。おかしくなるのは、矢野が38歳となった1970(昭和45)年ごろ。言論出版妨害事件が勃発し、同年5月、創価学会は政教分離宣言を行った。支援団体からのいい意味の監視機能が弱まったことや、自民党の国対政治の恩恵を被ったためか、矢野は北海道を舞台に土地を使った儲け話に関与を始める。
 その後の人生は、表面上は「大衆のために」働いているようなポーズをうまくとりつくろいながら、実際は、一族の資産形成のために立ちまわるという“姑息な生き方”でしかなかった。その証拠に、借金もせずに次々に別荘や豪邸を所有しながら、党幹部として平然と生きてきた。
 「清潔」をうたい文句に政界に進出したはずの公明党にあって、それは“堕落”以外のなにものでもなかった。最終的には明電工疑惑という自身の金銭スキャンダルで世間の知るところとなり、委員長職を辞任した。
 公明党が当初に掲げた「理想」は貶められ、“堕ちた元委員長”などと呼ばれる存在に成り下がった。「堕ちた」「転落した」などというと、共産党特有の左翼用語と感じる向きもあるかもしれない。正確には、「腐敗した」というほうがわかりやすいのかもしれない。公明党出身の政治家としては、明らかに腐ってしまった。
 理想を掲げ、期待されて出発したにもかかわらず、早い段階で挫折し、しかもその挫折をうまく隠しながら生き長らえてきた矢野絢也は、いまも東京新宿区の高級住宅地に「豪邸」を構え、反省なき日々を送っている。自身の政治家としての30年間の「負の側面」にふれることはなく、“自己弁護” の余生に終始してきた。
 人間としてはあまりに誠実さに欠けた、「二枚舌」の人生であったといえる。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野絢也
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。