ホーム > コラム, 矢野穂積 > 自称右翼が写真家に“完全敗訴”  賠償金79万+ビラ配布禁止&廃棄命令

自称右翼が写真家に“完全敗訴”  賠償金79万+ビラ配布禁止&廃棄命令

2011年2月9日

 東京中野区在住の自称右翼・槇泰智が2007年の東京都議会議員選挙の前後に、中野区の公明党議員を中傷するビラを3種類配布するなどし、議員の写真を撮影した写真家の男性が著作権侵害などで槇を訴えていた裁判で、東京地裁は9日、槇に対し78万5000円の慰謝料の支払いを命じるとともに、3種類のビラすべてについて配布を禁止し、さらにすべてのビラを廃棄するように命じる判決を言い渡した。自称右翼にとっては完全敗訴というべき内容である。
 同じく9日、東村山の薄井政美市議が矢野穂積や朝木直子などを名誉棄損で訴えて一審で200万円勝訴していた裁判の控訴審が行われ、高裁判決は3月16日午後1時10分、東京高裁424号法廷で言い渡されることになった。
 なお前日の8日には、“東村山のペテン師”矢野穂積の言い分を鵜呑みにして09年6月に東村山・東大和市内で街宣活動を行った槇と黒田大輔に対し、創価学会が名誉棄損で訴えて、一審判決で槇と黒田が賠償金110万円と街宣活動などの禁止を命じられていた裁判で、控訴審における2回目の口頭弁論が開かれた。裁判はこの日で結審し、高裁判決は4月21日午後2時から東京高裁824号法廷で言い渡されることになった。

 【著作権裁判の概要】 http://www2.atwiki.jp/kusanonemaze/pages/78.html

広告
カテゴリー:コラム, 矢野穂積
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。