ホーム > コラム, 民主党 > 民主党は地方選で「7連敗」中

民主党は地方選で「7連敗」中

2011年2月8日

 6日に投開票が行われた愛知県知事選と名古屋市長選で民主党推薦候補が惨敗した。同県知事選には、自民党代議士の大村秀章氏が無所属で出馬したうえ、自民党が支援する候補は別にいたため、自民党票が割れたにもかかわらず、民主党推薦候補はこの2人に届かず、3番手にとどまった。自民党王国の保守地盤の県で起きた現象ならまだしも、愛知県はトヨタ労組などをかかえる「民主王国」として知られる。本拠地で惨敗したのだから、国政の悪影響はここでも明らかだ。民主党が地方選において惨敗するのは、昨年の参院選で同党が敗北して以降、これで7回目となる。時系列に示すと下のようになる。
 民主党は市議選(松戸、西東京)においては、共産議席を下回る“泡沫政党”の結果しか残せなかった。国政における政権党が、地方において何らの信任すら得ることができなかったのは、国政における「失政」に加え、議会や行事を平気で欠席したり、私生活において問題視されるような行動が多いことも関係しているようだ。要するに、議員としての「資質」が精査されないまま、「風」頼みで当選した者が多いため、確たる実績を残すこともできず、有権者から愛想を尽かされるケースが多いようだ。
 結論として、民主党は地方政治において、地盤をまったく強化できていない。このまま国政選挙になだれ込めば、“大壊滅”という結果が待っているだけだろう。

 ●10月24日 衆院北海道5区の補欠選挙で敗北
 ●11月14日 福岡市長選挙で敗北
 ●11月21日 千葉県松戸市議選で大敗  11人立候補し当選2人のみ(前回当選4人)
 ●11月28日 和歌山県知事選、金沢市長選挙で敗北
 ●12月12日 茨城県議選で大敗  24人立候補するも当選6人のみ(前回当選6人)
 ●12月26日 西東京市議選で大敗  7人立候補するも当選3人のみ(前回当選5人)
 ● 2月 6日 愛知県知事選、名古屋市長選挙で惨敗

広告
カテゴリー:コラム, 民主党
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。