ホーム > コラム, 矢野絢也 > 堕ちた元委員長  94  「平気で嘘をつくタイプ」

堕ちた元委員長  94  「平気で嘘をつくタイプ」

2011年1月31日

 「嘘はダメです小沢さん」と題する今日付の産経新聞のコラムにおいて、同紙の政治部長が次のように書いていた。「彼は自己正当化のためなら平気で嘘をつくタイプの人間だからだ」。その理由として、最近の週刊文春のインタビューで小沢氏が述べた言葉が嘘だらけだなどと主張する。例えば、新聞に公開討論会を開こうと呼びかけてきたが実現したことがないなどの小沢氏の言葉を引き、「私は4年近く政治部長を務めているが、そんな呼びかけをもらったことは一度もない。逆にインタビューを何度も申し込んでいるが、受けてもらったためしもない」などと指摘している。
 私は政治家というのはもともと大なり小なり「自己正当化のためなら平気で嘘をつくタイプの人間」だらけと感じているが、ここで指摘された事実だけで「自己正当化のためなら平気で嘘をつくタイプの人間」と書いてしまうのなら、元政治家の「矢野絢也」など、どうなってしまうのだろうかと疑問をもたざるをえない。矢野の「平気で嘘をつく」度合と比較してみると、矢野のそれはむしろ「詐欺師」のレベルに達しているとさえ感じるからだ。
 1988年12月、当時党委員長の立場にあった矢野絢也は、朝日新聞のスクープによって不明朗な金銭スキャンダル(明電工事件)を取りざたされた。このとき矢野は翌日に朝日新聞社を名誉棄損で刑事告訴し、さらに関係を指摘された主要人物について「会ったこともない」などと答えた。にもかかわらず、翌日になると「会ったかもしれない」「何度か会った」などと“変遷”し、最終的には実際には何度も会っているどころか、昵懇の間柄であったことが判明した(刑事告訴はその後こっそりと“取り下げ”)。
 矢野の自宅でやりとりされた2億円もの札束についても、矢野は自分の秘書の融資の仲介などと理由にもならないウソを繰り返し、「自己正当化のためなら平気で嘘をつく」道を貫いた。そうした一連の“驚くべきウソ”は、それから22年たったいまも、ずっと継続されている。
 矢野は「自己正当化のためなら平気で嘘をつく」どころか、20年以上もの年月にわたり、極端なウソを平気で維持してきた。さらにそうした嘘を隠すのみならず、教団攻撃を加えて行うことで、自己正当化を二重に“上塗り”してきた。その意味では、単なる嘘つきのレベルでなく、「詐欺師」に近いというのはそういう理由からだ。
 矢野はまさに、「自己正当化のためなら平気で嘘をつくタイプ」の≪有段者≫にほかならない。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野絢也
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。