ホーム > コラム, 矢野穂積 > 薄井市議が矢野穂積らに「200万円勝訴」した裁判  次回口頭弁論は2月

薄井市議が矢野穂積らに「200万円勝訴」した裁判  次回口頭弁論は2月

2011年1月16日

 2008年4月に東村山市議の薄井政美氏が同市議の矢野穂積、朝木直子、NPO法人多摩レイクサイドFMを相手取り、名誉棄損による1000万円の損害賠償などを求めた裁判で、次回の口頭弁論は2月9日(水)午後1時30分に行われることが明らかとなった(東京高裁424号法廷)。
 東京高裁ではいったんは昨年の12月22日に判決を言い渡す予定で結審していたが、弁論再開となった。2010年3月に東京地裁立川支部で出された一審判決では、被告の矢野穂積らに200万円の損害賠償の支払いを命じるとともに、多摩レイクサイドFMには謝罪放送を行うことなどを命じていた。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野穂積
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。