ホーム > コラム, 矢野穂積, 乙骨 > “2人の関係”めぐり「親族会議」まで開かれていた朝木家

“2人の関係”めぐり「親族会議」まで開かれていた朝木家

2011年1月9日

 お粗末なジャーナリストとして知られる乙骨某がその最初の著作である『怪死』(96年)の232ページにおいて次のような記述をしたことは関係者の間でよく知られている。内容を記すと、乙骨某はそこで次のような2つの事柄を指摘していた。

 ○ 朝木明代と矢野穂積は以前からダブル不倫関係にあり、2人が草の根事務所内で性交渉している声が外に漏れていたとの噂が東村山市内で流れた。
 ○ 朝木明代の死は、娘の朝木直子と矢野穂積が不倫関係に陥り、それにショックを受けたのが朝木明代の自殺の動機であるとする噂が流された。

 草の根事務所内で上記のような行為が行われていたのかどうか、寡聞にして小生は知らない。ただし、少なくとも東村山市内において、矢野穂積が朝木親子を “食い物”にしてきたとの噂が幅広く流通していることは事実である。というのも、その前提事実ともいえる次のような事態が実際にあったことも一面的には事実である。
 80年代後半のことと思われるが、朝木明代と矢野穂積の間の親密な関係をめぐり、朝木明代の夫であった朝木大統氏の兄弟らが集まり、親族対策会議が開かれた事実がある。場所は大統氏の実家である臨済宗の地元寺院だった。
 当時、大統氏は三井信託銀行の札幌支店長として単身赴任中の身であり、その夫のいない間に、妻である朝木明代と、別に妻子をもつはずの矢野穂積との関係が世間で評判になっていたという。そうした状況に危機感を抱いた大統氏の実姉(85)が、この会議を催すために尽力したと伝えられる。こうした親族会議の開催に対し、「草の根」の2人は、猛然と抗議したらしい。大統氏の実姉はいたたまれなくなって、その後東村山市から姿を消したと伝えられる。
 はっきりいえることは、朝木明代の夫の親族といういわば「足元」から、朝木明代と矢野穂積の親しすぎる関係は問題視されていたという事実であり、そのための「対策会議」が開かれるほどの差し迫った状況にあったという事実である。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野穂積, 乙骨
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。