ホーム > コラム, 矢野絢也 > 堕ちた元委員長  87  はかない信仰観

堕ちた元委員長  87  はかない信仰観

2010年11月30日

 金銭スキャンダルで党委員長職を投げ出した元政治家・矢野絢也の出した著作に次のようなくだりが登場する。同人の信仰に対する態度が鮮明に表れていると思うのでそのまま引用する。
 「私、無茶なこと言いますが、池田さんを教祖あるいは生き仏に祀り上げて、つまり名実ともに、なんで池田教にしておかなかったのかと思いますね。別に大石寺とか本山とかを引きずらなくても、自分で本尊を作ったらいいんですよ。自分が教祖だと宣言したらよいのです。ほかの宗教ではみんなやっていますね」
 繰り返すが、ここで矢野は「自分で本尊を作ったらいいんですよ」とはっきり述べている。学会はもともと日蓮を始祖とする教団の信徒団体であって、その教義は日蓮仏法である。本尊も歴代法主の書写したものを拝んできた。それを勝手に自分でつくればいいというのだから、世間的な新興宗教の「毒」に完全に染まった人間の言葉としか思えない。矢野にとっての宗教とは、やはり“金儲けの道具”としか映らないようだ。
 同人はよく自分の母親は信仰心があったなどと述懐することもある。その言葉は反面、自分には信仰心が乏しいということを「自白」しているようなものだ。上記にもそうした現状の結果としか思えない言葉といってよい。
 余談になるが、矢野絢也は今月、公明党議員の慣例を無視して、勲章を受章した。そのために尽力したのは、仙谷由人官房長官だったことがすでに報道されている。矢野の著作では、その“恩ある”はずの官房長官の名前が「仙石」と誤記されている。些末なことかもしれないが、出版界の常識としてはありえない話である。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野絢也
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。