ホーム > コラム, 矢野絢也 > 谷川裁判の判決日決まる

谷川裁判の判決日決まる

2010年11月18日

 創価学会の谷川佳樹副会長が2008年に掲載された「週刊新潮」の記事をめぐり、名誉を傷つけられたとして発行元の新潮社および編集長の早川清(当時)、さらに矢野絢也に対して1100万円の損害賠償などを求めていた裁判で18日、東京地裁で7回目の口頭弁論が開かれ、原告と被告の双方が最終準備書面を提出し、結審した。一審判決は明年1月20日に言い渡される。この日の傍聴者は、「ガセネタ屋」乙骨某など9人。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野絢也
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。