ホーム > コラム, サイコパス > 人を殺す「ならず者」と、殺さない「ならず者」

人を殺す「ならず者」と、殺さない「ならず者」

2010年10月30日

 結婚詐欺・連続不審死事件において殺人罪などですでに今年2月に起訴されていた木嶋佳苗被告(35歳)が、別の殺人容疑で再逮捕されたことが今日付の一般紙(社会面)で大きく報じられている。木嶋の周辺には「練炭」を使った不審死が相次いでおり、ほかにも結婚詐欺による詐欺罪で起訴されている。同人の犯行動機は、セレブな生活を夢見た自己本位なもので、その目的のためには他人の死さえ厭わない感覚は、良心の呵責を明らかに欠いたものといえよう。
 犯罪心理学の専門家が診断すれば、同人は間違いなく「サイコパス」(=良心の呵責を欠いた異常人格者)として認定される。この種のサイコパスに特徴的なのは、自分の欲しいものを手に入れるためには、殺人さえも躊躇しないという点にある。さらにそれが発覚したあとも、自分のしたことを絶対に認めようとはせず、否認をつづけるというのも一貫した特徴である。ただ状況証拠から見る限り、「クロ」である事実は動かしようがない。ある意味では、さほど頭がよいサイコパスではないのも、この種のサイコパスに見られる特徴だ。
 例えば、以前、この欄で何度も取り上げてきたロス疑惑の張本人・三浦和義の言動などもそうした「軌跡」を見事に描いていた。“良心欠落者”は、殺人だけでなく、詐欺など多種類の犯罪行為を引き起こす。「ほしいものを好きなように捕る」という意味で、以上は“粗暴的なサイコパス”とも分類されている。
 一方、こうしたサイコパスよりもさらにずる賢いサイコパスも存在する。当然、人を殺せば捜査当局から捕まる可能性が生まれる。「危ない橋」はけっして渡らず、うまく立ち回る能力をもったサイコパスのことを指す。専門家は、そうした者たちを“ホワイトカラー・サイコパス”と位置づけることもある。それでいて冒頭のサイコパスと共通するのは、自分の欲しいものを手に入れることにかけては、常人の能力をはるかに超えた手腕を発揮する点だ。「欲しいもの」とは、金銭であることもあるし、あるいは自身の政治的立場であったりもする。
 東京・東村山市議で、同僚の死を“悪用”して、罪のない教団に殺人容疑をかぶせ、自分の政治的立場を守るために利用してきた「矢野穂積」などは、こうしたずる賢いサイコパスの典型であろう。粗暴的なサイコパスであれ、ずる賢いサイコパスであれ、共通する主な特徴はただ一つ、良心の呵責をもたない(=感じ取ることができない)という一点にある。
 普通の人なら、良心の呵責を感じて述べることができないような「ウソ」であったとしても、サイコパスは自分が「欲しいもの」を手に入れるためなら、平気で口にすることができる。さらにはマスコミに対しても、良心の呵責を感じることなく、常人なら驚くような「ウソ」であったとしても、平気でブリーフィングすることが可能になる。
 専門家の表現を借りれば、彼らにとってそれは、自分の周りはすべて「敵」として見えており、敵とのサバイバル・ゲームを楽しんでいるようなものだともいう。常人とは明らかに「感覚」が異なっているし、脳の一部の働きが未発達・あるいは正常に機能していない状態とも見られている。
 マスコミ人は、世の中にこうした“ならず者”たちが一定の比率で存在するという事実を認識しないと、後で手痛いしっぺ返しを食うことになりかねない。

広告
カテゴリー:コラム, サイコパス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。