Archive

Archive for 2010年10月

「議席譲渡」がなければ、明代の「転落死」はなかった

2010年10月31日 コメントは受け付けていません

 1995年4月の統一地方選挙で行われた東京・東村山市の市議会議員選挙がそもそもの発端である。創価学会という教団が、いわれなき罪をかぶせられ、現在もなお“報道被害”を受け続ける要因となっている「東村山デマ事件」の起きる端緒となった選挙だったからだ。草の根市民クラブは、現職1人と新人2人の計3人の候補者を擁立し、現職の朝木明代はトップ当選、娘の朝木直子は4位当選、新人の矢野穂積のみが落選した。このとき議席を意図的に返上したのが、朝木直子である。矢野がたまたま「次点」での落選だったことを利用し、自ら議席返上することで、矢野を“繰り上げ当選”させた。これには地元市民から怒りの抗議がなされ、民事訴訟に発展。97年8月、「議席譲渡は無効」との最高裁の判断が出て、矢野穂積は失職した。つまり、この時点で、「草の根」の議席は以下のように、いったんはゼロになったのである。
 ●朝木明代  95年9月1日にビルから転落し、翌朝死亡
 ●朝木直子  意図的な住民票移動で議席を矢野に譲る(当選返上)
 ●矢野穂積  議席を譲渡されるも、97年8月の最高裁判決で「失職」
 ところが、草の根は99年の選挙でゾンビのように再び息を吹き返す。朝木直子は母親の指定席だったトップ当選をはたし、選挙に弱い矢野穂積でさえ、過去最高得票の2159票で5位の“上位当選”を果たした。その背景には、朝木明代の不幸な転落死を、いいように捻じ曲げた「プロパガンダ工作」の成功を物語っていた。
 そもそも95年の選挙で、初当選を果たした朝木直子が矢野穂積に議席を譲った背景には何があったのか。この年、矢野穂積と直子は仲良く手をつないで歩く姿が複数の人間によって目撃されており、2人の“親密な関係”が背景にあったことは否定できない。おそらくこの議席譲渡のいきさつのなかで、母親である朝木明代は、2人の関係にただならぬものを感じた可能性は否定できない。
 ただでさえ、議席譲渡の一件で草の根は市民の「包囲網」のなかで孤立しがちな状況にあったなか、明代のストレスは相当なものだったにちがいない。そうしたストレスがこうじたのか、明代は6月に入って市内の洋品店で「万引き行為」を発見される。警察で3度の事情聴取を受け、言い逃れを続けたが、アリバイ工作は見破られ、検察庁に書類送検されることなった。
 もしも「議席譲渡」事件がなかったならば、私は、明代は万引き事件に手を染めることはなかったのではないかと推察する。さらに「万引き事件」がなければ、当然ながら「アリバイ工作」を行う必要もなく、必然的に立件されることもなかったので、結局は「転落死」する必要もなかったという流れになる。風が吹けば桶屋がもうかる式の話ではあるが、この推測はかなり蓋然性は高いのではないか。
 つまり、朝木明代を「転落死」に追い込んだそもそもの要因は、「議席譲渡」にあった。だからこそ、最も強い結果責任を持つはずの朝木直子と矢野穂積の2人は、明代の転落死直後から、「暗殺説」「謀殺説」を異様なほどに唱え始め、罪のない教団に殺人容疑を被せてまで、自己責任の回避に躍起になったということができる。実際、朝木直子は警察の事情聴取の要請に最後まで応じることもなく、極めて矛盾した行動をとり続けた。
 「不幸な死」を、生き残った2人の人物によっていいように弄ばされてきた亡朝木明代市議の人生――もしも本人が生きていて、この状況を知ったら、何と答えただろうか。

カテゴリー:コラム, 矢野穂積

人を殺す「ならず者」と、殺さない「ならず者」

2010年10月30日 コメントは受け付けていません

 結婚詐欺・連続不審死事件において殺人罪などですでに今年2月に起訴されていた木嶋佳苗被告(35歳)が、別の殺人容疑で再逮捕されたことが今日付の一般紙(社会面)で大きく報じられている。木嶋の周辺には「練炭」を使った不審死が相次いでおり、ほかにも結婚詐欺による詐欺罪で起訴されている。同人の犯行動機は、セレブな生活を夢見た自己本位なもので、その目的のためには他人の死さえ厭わない感覚は、良心の呵責を明らかに欠いたものといえよう。
 犯罪心理学の専門家が診断すれば、同人は間違いなく「サイコパス」(=良心の呵責を欠いた異常人格者)として認定される。この種のサイコパスに特徴的なのは、自分の欲しいものを手に入れるためには、殺人さえも躊躇しないという点にある。さらにそれが発覚したあとも、自分のしたことを絶対に認めようとはせず、否認をつづけるというのも一貫した特徴である。ただ状況証拠から見る限り、「クロ」である事実は動かしようがない。ある意味では、さほど頭がよいサイコパスではないのも、この種のサイコパスに見られる特徴だ。
 例えば、以前、この欄で何度も取り上げてきたロス疑惑の張本人・三浦和義の言動などもそうした「軌跡」を見事に描いていた。“良心欠落者”は、殺人だけでなく、詐欺など多種類の犯罪行為を引き起こす。「ほしいものを好きなように捕る」という意味で、以上は“粗暴的なサイコパス”とも分類されている。
 一方、こうしたサイコパスよりもさらにずる賢いサイコパスも存在する。当然、人を殺せば捜査当局から捕まる可能性が生まれる。「危ない橋」はけっして渡らず、うまく立ち回る能力をもったサイコパスのことを指す。専門家は、そうした者たちを“ホワイトカラー・サイコパス”と位置づけることもある。それでいて冒頭のサイコパスと共通するのは、自分の欲しいものを手に入れることにかけては、常人の能力をはるかに超えた手腕を発揮する点だ。「欲しいもの」とは、金銭であることもあるし、あるいは自身の政治的立場であったりもする。
 東京・東村山市議で、同僚の死を“悪用”して、罪のない教団に殺人容疑をかぶせ、自分の政治的立場を守るために利用してきた「矢野穂積」などは、こうしたずる賢いサイコパスの典型であろう。粗暴的なサイコパスであれ、ずる賢いサイコパスであれ、共通する主な特徴はただ一つ、良心の呵責をもたない(=感じ取ることができない)という一点にある。
 普通の人なら、良心の呵責を感じて述べることができないような「ウソ」であったとしても、サイコパスは自分が「欲しいもの」を手に入れるためなら、平気で口にすることができる。さらにはマスコミに対しても、良心の呵責を感じることなく、常人なら驚くような「ウソ」であったとしても、平気でブリーフィングすることが可能になる。
 専門家の表現を借りれば、彼らにとってそれは、自分の周りはすべて「敵」として見えており、敵とのサバイバル・ゲームを楽しんでいるようなものだともいう。常人とは明らかに「感覚」が異なっているし、脳の一部の働きが未発達・あるいは正常に機能していない状態とも見られている。
 マスコミ人は、世の中にこうした“ならず者”たちが一定の比率で存在するという事実を認識しないと、後で手痛いしっぺ返しを食うことになりかねない。

カテゴリー:コラム, サイコパス

エセ右翼のおかげで、もはや“希代の大ウソつき”に成り果てた「矢野穂積」

2010年10月29日 コメントは受け付けていません

 元警視庁東村山署副署長の千葉英司氏が虚偽内容の街頭演説で名誉を傷つけられたとして主権回復を目指す会会長の西村某に100万円の損害賠償などを求めて訴えていた裁判で28日、東京高裁(民事21部)は一審判決と同じく、控訴人の西村に対し、10万円の損害賠償を命じる判決を言い渡した。
 問題となったのは2008年9月1日、東村山駅東口で西村らが行った街頭演説で、そこで(1)95年9月2日未明に死亡した亡朝木明代市議は計画的に殺害されたものであり、(2)当時の捜査にかかわった千葉氏がそのことを知りながら、自殺事件に仕立て上げて隠蔽しようとした(3)さらに亡明代の万引き事件を捏造したなどの事実摘示を行った。これらはすべて、「教団謀殺説」の“デマ発信源”となってきた矢野穂積・朝木直子の両市議が主張してきた内容であり、西村某も矢野・朝木の説を“鵜呑み”にしたものにすぎない。
 こうした争点に対し、高裁判決は、「亡明代が計画的に殺害されたものであるとの事実の立証の用に供し得る証拠として、一応次の証拠が指摘できる」として、(1)司法解剖鑑定書で記述されている両腕のアザについて、法医学者の鈴木教授の「他人と争った跡と推定するのが法医学の常識」とした鑑定補充書(2)亡朝木明代が9月1日の午後9時19分に自宅から草の根事務所にかけたとする電話音声データに関する日本音響研究所の鈴木松美所長による音声鑑定書(3)亡明代の所持していた鍵束が事件後、現場2階の焼肉店前で発見された事実の3点を示し、それぞれを検討。結論として、いずれの証拠も計画的殺人を証明する根拠とはならず、「亡明代は計画的に殺害されたものであるとの事実の真実性の証明はないというべき」と結論づけた。
 さらに「上記判断に反する控訴人の主張は、証拠に基づかない主張か、証拠に反する主張であって、採用することはできない」と明言した。
 つまり、西村某らの主張は、「証拠に基づかない主張」、もしくは「証拠に反する主張」と25ページにも及ぶ判決文で東京高裁は詳細に認定したわけである。これら西村らの主張は、元をただせば、そのまま矢野穂積らの自説そのものであり、矢野の15年来の主張内容が、今回あらためて≪全面的に排斥された≫ことになる。
 加えて、亡朝木明代の万引き事件が捏造された事件であると主張する西村らの演説内容についても、「控訴人の推測にすぎず」、真実性も相当性もないものとあらためて認定した。
 判決で命じられた賠償額は10万円と高いものとはいえないが、その判決内容は、西村側の「完全敗訴」というべきものであり、同様の内容を先行して繰り返し主張してきた東村山の現職市議である「矢野穂積」が、いかに“希代の大ウソつき”であるかを証明する判決文となっている。
 「虚偽常習者」のプロパガンダにさらされてきた良識ある東村山市民にとって、再びの朗報といえよう。

カテゴリー:コラム, 矢野穂積

堕ちた元委員長  76  公明党から生まれた「最低の見本」

2010年10月28日 コメントは受け付けていません

 この欄で主張してきたことは実は単純なことばかりだ。まず、(1)公明党議員は清潔に生きよということであり(2)支持者を裏切るな(3)自分よりも大衆(国民など)のために生きよ(4)私腹を肥やすな(5)幹部はそれらの手本を示せ――といったことだが、元政治家の矢野絢也はこれらすべての項目に“違背”して生きてきた。
 矢野は当初は他の公明党議員と同じく、まじめに仕事をしていた時期もあったが、代議士になって数年たったころから権力の魔性にたぶらかされ、あるべき“立ち位置”を見失ってしまった。私腹を肥やし、別荘や多くの不動産を手に入れるかたわら、原野商法にも手を出し、悪徳商法で支持者を騙して金銭的実害を与えた。
 これらはいずれも党書記長時代に着手されており、党委員長に就任してからも、資産形成を公務よりも優先させる自己本位な行動は、明電工疑惑によって世間に明らかになった。公明党出身議員として、党書記長として、あるいは党委員長として、明らかに「失格」した姿だった。
 さらに金銭スキャンダル以後も選挙に出馬し、支援者に多くの迷惑をかけた。だがそうした恩義に対し、同人が報いる行動をとったという事実は全く聞かれない。引退後も、自己本位に一族の資産形成のために動き、人間の道に明らかに違背していた。さらに信仰人としても、およそ合格点のつけられるレベルにはなかった。
 今回、時の最高権力者らと結託して、行政府から「勲章」を受けることになったのは、公明党議員がいずれもそうした叙勲を断ってきた経緯からすると、異例のことである。公明党出身議員として、自分がいかに「失格」の人生を送ってきたのか、そのことを自分の手で証明し、後世に永久的に残すことになる。
 その意味で、矢野絢也は、公明党から生まれた「最低の見本」ともいえよう。

カテゴリー:コラム, 矢野絢也

草の根“肥だめ”論

2010年10月27日 コメントは受け付けていません

 東京・東村山市議会に「草の根市民クラブ」という2人の会派がある。朝木直子・矢野穂積の両市議会議員が所属しているが、いずれも亡朝木明代転落死事件について、確たる根拠もなく、「謀殺」「暗殺」「他殺」と主張し続けてきた人物である。朝木直子にいたっては、「週刊現代」記事で、「創価学会に殺された」と名指しで発言。発行元の講談社は名誉棄損で訴えられ、謝罪広告を掲載させられる要因となった。この裁判で、朝木直子は一転、取材でそのような話はしていないと供述を“変転”させ、“ウソつき会派”の真骨頂を示した。
 この会派は、結局のところ、朝木明代の「死」をいいように利用してきた2人組である。教団謀殺のデマを事件当初から振りまいてきた張本人だからだ。朝木直子にいたっては、教団謀殺説を唱えながらも、東村山署の事情聴取には一切応じないという矛盾する行動をとってきた。
 2人は、罪なき団体などに「殺人犯」のレッテルをはり、被疑者扱いしてきた。にもかかわらず、「他殺」を裏づける根拠は、事件から15年たったいまも何も示されていない。その意味では、この会派は≪デマ発信源≫であり、いわば「肥だめ」に例えることができる。「肥だめ」は強力な腐臭を放っているので、まともな人間であればだれも好んで近づこうとはしない。だがなかには、こうした臭いを好む奇特な者たちも存在する。「草の根」が発する根拠なきデマに、いいように振り回され、いまもデマに同調している者たちがそれらに該当する。
 “デマ発信源”である「矢野穂積」は、転落死直後の95年9月2日未明、ジャーナリストの乙骨某に電話し、「朝木さんが殺された」と煽った。このとき、「殺された」と主張する「客観的根拠」が、矢野には何ら存在しなかったことはいまとなっては明白である。根拠のない主張に突き動かされた乙骨某もまた、事実を弁えることのできない“お粗末なジャーナリスト”として、歴史に永久に刻印される。
 「肥だめ」にはさまざまな蟲(むし)が群がり、寄生する。デマという名の≪腐臭≫は、いまも止まらない。

カテゴリー:コラム, 矢野穂積

堕ちた元委員長  75  たかり屋に勲一等の「影響」

2010年10月26日 コメントは受け付けていません

 本日発売された「週刊朝日」(11月5日号)と「サンデー毎日」(11月7日号)がそれぞれ、矢野絢也の叙勲内定について記事にしている。「週刊朝日」は、「仙谷官房長官がごり押しした矢野絢也元公明党委員長叙勲騒動」「菅首相は丸投げ 公明党・創価学会は激怒」のタイトル。一方の「サンデー毎日」は、「矢野絢也の勲章で官邸が掘った墓穴」というもので、共通するのは、いずれもその影響をよく考えないまま、仙谷長官をはじめとする首相官邸が、民主党が参院で過半数に足りない国会状況と裏腹に、“逆噴射”してしまったという内容だ。その結果、民主と公明の協力関係の可能性は一気にしぼみ、国会はいずれ立ち行かなくなるだろうとの観測が、当然のことながら記述されている。
 民主党政権の機能不全ぶりは、週刊朝日記事にも明らかだ。同記事によると、矢野の叙勲を“ごり押し”したのは仙谷長官その人であり、相談を受けた菅首相も、官房長官に丸投げした形と記述されている。首相自らは東京富士美術館に足を運ぶなど、異例の行動をとりつつ学会・公明党にすり寄りながら、その一方で、それとはまったく反する行動をとっていたのだから、「二律背反」といわれても仕方がない。
 いずれにせよ、このような状況下で、民主党と公明党が協力していく関係など起こりえないだろう。そんなことを無理強いすれば、学会員は選挙ボイコットをする人が続出してもおかしくない。矢野絢也という人物が、それだけ支援者を自己本位に裏切り、恩を仇で返してきた行動の集積にほかならない。菅政権は、情報戦略が「無き」に等しい内閣のようだ。「空き缶」とはよく言ったもの。この内閣に、まともな仕事は残せないだろう。

カテゴリー:コラム, 矢野絢也

デマ本『東村山の闇』(第三書館)を読む

2010年10月25日 コメントは受け付けていません

 “「女性市議転落死事件」8年目の真実”との副題がつけられた書物がある。2003年に出版された『東村山の闇』という本だが、著者の一人である矢野穂積(東村山市議)の書いた「はじめに」には、奇妙な特徴がある。文章を生業にする者が読めば一目瞭然なのだが、感情だけあって事実の示されていない文章とは、まさにこういうものを指す。
 矢野は、同僚市議の朝木明代の死をあくまで「暗殺」と言い続けたいわば“発信源”である。そのため、この文章でもすでに3行目から、「朝木明代は、暴力によって殺害された」。さらに同じ行にも「殺害された」。1行おいて「暗殺事件」。さらに「朝木明代議員を殺したのは誰か?」といった具合に、わずか7ページほどの文章にもかかわらず、20か所以上にもわたってこうした語句が列挙される。
 かといって、「殺された」と主張する≪肝心の根拠≫については、司法解剖鑑定書の記述をあげるにとどまっている。いまではすでに複数の裁判の判決で、この鑑定書が、朝木明代が他殺された証明とはならないと認定されているような代物である。つまり、証拠能力のないものを持ち出して、「他殺だ他殺だ」とわめいているだけの姿なのである。これが市議会議員なのだ。デマ・プロパガンダとは、常にこういう姿勢を示すのだろう。
 結局、冒頭の副題にある「8年目の真実」と書かれた「真実」なるものは、この書物には本質的な部分において、何も書かれていない。
 繰り返しになるが、矢野穂積の上記の文章は、感情だけあって、事実のない文章の典型である。ウソも100回繰り返せば本当らしく聞こえる。そうした法則を利用しようとした「見本」ともいうべき文章といってよい。
 だがそんな臭いものにも、これまでそれにふさわしい者たちが共鳴して集まってきたし、いまも群がり続けている。それらはある意味、“肥だめ”にたかる“糞蝿”と似たようなものだ。
 書籍『東村山の闇』は、いまも強力な≪腐臭≫を放ち続ける、“肥だめ”の中核といえよう。

カテゴリー:コラム, 矢野穂積