ホーム > コラム, 矢野絢也, 新潮社 > 「矢野絢也」を使い続ける「週刊新潮」の見識

「矢野絢也」を使い続ける「週刊新潮」の見識

2010年9月3日

 首都圏で昨日発売された「週刊新潮」が4月29日号で突然連載を打ち切ったはずの元政治家・矢野絢也を再び“特別寄稿”という形で登場させている。タイトルは「民主党は政権を担うにはあまりに未熟だ」というもので、読んでみても、一般の新聞報道を超えた部分はほとんどなく、だれもが予想できるような≪陳腐≫な内容。これで「特別寄稿」とは恐れ入る。矢野の記事では民主党の人材不足を嘆いているものの、むしろ「週刊新潮」に登場する政治評論家の≪人材不足≫のほうがより深刻に見える。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野絢也, 新潮社
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。