ホーム > コラム, 矢野穂積 > 迷走する桃行商のゴロツキらと「東村山市議」の責任

迷走する桃行商のゴロツキらと「東村山市議」の責任

2010年8月31日

 東村山女性市議転落死事件から15年を迎える9月1日当日、東村山市で街宣を予告していた「ネット右翼」らが急きょ予定を取り止めるなど、“迷走”の度を深めている。街宣を予告して取り止めたのは、ネット上で第三者の顔写真に「落書き」して賠償を命じられたこともある≪低劣右翼≫の黒田某をはじめ、桃の行商などで小金を稼ぐネット右翼ら。いずれも、東村山市議「矢野穂積」「朝木直子」の2人が主張してきた「教団謀殺説」を鵜呑みにして行動している面々だ。
 こうした“ゴロツキ”に近い右翼集団をこの問題に介入させるきっかけをつくったのも、上記の2人の市議会議員であることは明白だ。自分の立場を守るためなら、なりふり構わない行動が顕著である。
 女性市議転落死事件から15年――。事件の「真相」は、女性市議が起こした「万引き事件」を隠ぺい工作しようとした矢野穂積らの試みが失敗に終わり、女性市議が「ためらい自殺」に至ったというものだ。矢野はそうした経緯を最も深く知りうる立場にいながら、責任転嫁を図るため、何の罪もない特定教団に罪をなすりつけ、「教団謀殺説」をいの一番に唱え始めたというのが真相だ。人間として、これほど≪卑劣な行為≫はほかになかろう。自分さえよければよい――。矢野という名の「東村山市議」に通底するのは、この一点に尽きる。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野穂積
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。