ホーム > コラム, 西村修平 > “ゴロツキ右翼”の西村某がまた敗訴  東京高裁で20万円

“ゴロツキ右翼”の西村某がまた敗訴  東京高裁で20万円

2010年7月29日

 ジャーナリストのU氏が肖像権侵害などを訴えて一審のさいたま地裁川越支部で一部勝訴していた裁判で28日、東京高裁で2審判決が言い渡された。結果は控訴棄却で、控訴人・西村某の訴えは退けられた。一審判決では一審原告の西村某に、損害賠償20万円と問題写真の削除が命じられていたが、2審の東京高裁も同じ判断を下したことになる。
 なおこの日の判決に先立ち、控え室では大声でひとりの傍聴者を取り囲み、ネット右翼らが大騒ぎする場面が見られた。中心になって怒鳴っていたのは、当事者の西村某で、必死に相手を威嚇していた。同人が『ゴロツキ』と評される所以であろう。さらに判決が言い渡された直後には、傍聴席いっぱいに陣取ったネット右翼および関係者らが「不当判決!」「税金返せ!」「まじめに仕事しろ!」などと裁判官に罵詈雑言を浴びせかける“いつもながらの光景”が展開された。法廷を著しく侮辱する行為ながら、係官はなんら制止しようとすることもなく、やりたい放題だった。
 敗訴した西村某は、東村山市議「矢野穂積」の主張を熱心に≪代弁≫してきた右翼グループの一人。

 【第3次「御用ライター」裁判】 http://www2.atwiki.jp/kusanonemaze/pages/67.html
2010/07/28(Wed)

広告
カテゴリー:コラム, 西村修平
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。