ホーム > コラム, 新潮社 > 宮内庁が「週刊新潮」に謝罪を要求

宮内庁が「週刊新潮」に謝罪を要求

2010年6月5日

 いま発売中の「週刊新潮」(6月10日号)が左トップ(=準トップ)で掲載している「学習院コンフィデンシャル イジメっ子対策で『給食に向精神薬を混ぜては』と提案した『東宮』」と題する4ページの特集記事を掲載している問題で、宮内庁は昨日、定例の記者会見を開き、「事実無根であまりにも悪質」として編集長に対し文書で抗議し、訂正文の掲載を謝罪を求めていることを明らかにした。今日付の朝日新聞が詳しく報じている。
 記事によると、週刊誌の記事について宮内庁が謝罪まで要求するのはきわめて異例。「週刊新潮」は“捏造記事”も躊躇しない特異メディアとして知られ、20年間で総額1億5000万円の損害賠償を命じられてきた。

 【アサヒ・コム】 http://www.asahi.com/national/update/0604/TKY201006040360.html

広告
カテゴリー:コラム, 新潮社
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。