アーカイブ

Archive for 2010年6月

真正保守と詐称保守

2010年6月28日 コメントは受け付けていません

 昨年秋、取材で北海道の洞爺湖に立ち寄ったときのこと。一泊した大型ホテルでの食事は大ホールでのバイキング形式だったが、驚いたのは宿泊客の半数以上が中国語を話す人々であったことだ。さまざまな場所で、中国人旅行者の数に圧倒された経験をもつのは私だけではあるまい。東京でもマクドナルドに入れば、多くの中国人客が目につく。日本経済はもはや、中国人なしに成り立たない感さえある。そんな折、保守派の論客と目される佐伯啓思という人の『資本主義はニヒリズムか』という本を読んでいたら、次の一節に出会った。「日本人のエートスと古代中国」という小見出しのもと、次のような対談がなされている。

 三浦  中国からの観光客が癒されるのは、日本に自分たちの先祖を見に来るという感じだからじゃないか。
 佐伯  そうかもしれませんね。
 三浦 ちょっと過激な仮説だけど、友人にそう言ったら、そうかと頷いていた。(中略)正統な古代中国文明の直系は日本である。(中略)
 佐伯 そうなると日本文化論になってくる。もちろん、純粋な日本文化なんてない。だいたいほとんどが渡来系ですし、天皇だって遺伝子で言えばどこから来たか分かったもんじゃない。

 佐伯氏は保守派の論客ながら、現代日本人が渡来人(大陸・半島から渡ってきた人々)の末裔であることを“正確に理解”している。さらに、天皇の祖先についても、客観公正な判断を示す。「事実」をもとに、自らの主張を組み立てるという大原則から外れていない。この点が、同じ保守派とはいえ、日本の「ネット右翼」らとの根本的な相違に見える。
 「ネット右翼」らは、自分たちの主張のためには、平然と“前提事実”を捻じ曲げることをいとわない。「在特会」や「主権回復を目指す会」などの極端なまでの朝鮮・中国人蔑視行動、東村山市議転落死事件における根拠なき批判の実態などを見れば、そのことは明らかであろう。「デマ」や「人種的偏見」をもとにした、このような危うい「手法」の跋扈が、日本を滅ぼすと考えるのは小生だけだろうか。

広告
カテゴリー:コラム, 在特会

東京選挙区候補者の政策動向

2010年6月26日 コメントは受け付けていません

 今日付の毎日新聞(東京本社版)の東京面に、参院選東京選挙区候補者のアンケート調査が掲載されていた。アンケートに協力した22候補のうち、外国人地方参政権に賛成は8人を占める。主な党派でいうと、共産、社民、公明、民主の一人だ。民主の現職である小川敏夫は賛成ながらも、もう一人の民主現職、蓮舫は反対という分裂ぶりだ。アンケート項目のうち、「靖国神社のあり方」との項目が見られるが、「別の施設」と書いた候補者は軒並み、外国人参政権に「賛成」という相関関係にある。
 参政権問題について、新しく民主党幹事長に就任した枝野幸男は「拙速にできない」(産経6月11日付)と表明していることから、臨時国会ですぐに動くという話にはなりにくいかもしれない。だたし枝野氏は、この問題には、もともと「賛成」の立場であることはよく知られた話である。
 熱狂的なサッカーブームによって、消費税10%の衝撃は薄れている感がある。目をひいたのは、今日付の東京新聞で、ある識者が「還付つき消費税」なるものを提唱していたことだ。消費税率を10%ではなく20%に引き上げる代わりに、年間国民1人あたりに15万円の現金を支給する。これにより、低所得者層への打撃は“皆無”になると同時に、税収は12兆円増え、財政再建が可能になると主張している。

カテゴリー:コラム

“ゴロツキ集団”に演説禁止の仮処分決定  横浜地裁

2010年6月25日 コメントは受け付けていません

 イルカ漁を扱った米国映画「ザ・コーヴ」の上映中止を求めてきた右派系団体「主権回復を目指す会」が横浜市内の映画館で抗議行動をした問題で、横浜地裁は24日、同映画館付近での演説を禁止する仮処分を決定した。映画館は「横浜ニューテアトル」。

 【読売オンライン】 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100625-OYT1T00389.htm
 【主権回復を目指す会】 http://www.shukenkaifuku.com/KoudouKatudou/2010/100612.html

カテゴリー:コラム

山梨選挙区を標的にすえる極右系政治集団

2010年6月23日 コメントは受け付けていません

 本日付の産経新聞(3面)によると、「救国ネット」が昨日、山梨県で街頭演説を行ったようだ。救国ネットとは、新しくできた「たちあがれ日本」(平沼赳夫代表)、「日本創新党」(山田宏党首)のほか、保守系議員連盟「創生日本」(安倍晋三会長)が“大同団結”した極右系グループで、これらをたばねる“坂本竜馬”の役割をはたしたのが、ジャーナリストの櫻井よしこといわれている。
 今回選挙におけるこのグループの大きな目標が、民主党参議院のドンである輿石東・参院議員会長を選挙で叩き落とすことで、そのため地元の山梨県に大挙押し寄せたというわけだ。思想・政策が似通った集団が集まること自体は国民から見ればわかりやすいので、好ましいことだと思うが、これらのグループに小生が注目するのは、日本の「復古主義」を目指す考え方に危うさを感じるからである。
 その思想をひとことで表現すれば、「皇国史観」であり、日本は天皇を中心とする「神の国」という短絡的な発想だ。こうした考えのもと、明治政府は昭和前半の「日本破滅」に行き着いたわけだが、そうした“反省”は彼らにはまったく見られない。日本人は天皇を頂点とする“立派な民族”なので、周辺の韓半島、中国大陸の民族とは違うとの発想に立つ。そのため、「共生」という視点を大事にしない。当然、戦後にGHQから押し付けられたとする日本国憲法については、日本独自のものを新たにつくる必要があるとの考え方であり、軍事的にも日本が独自で防衛する「武力」をもつべきとの立場だ。
 彼らの目指す宗教は「国家神道」に集約されるのであって、その意味では、普遍性をもつ(世界で広く通用する)考え方を基盤にしているわけではない。それが最大のネックにも見える。要するに、「自民族優越主義」の典型であり、こうした考え方が世界中で民族紛争のタネになっていることについては、彼らは極めて無頓着だ。彼らがよく口にするフレーズは、「誇り」「主権」「美しい国」など、限られたものが目立つ。
 わが国では、日本共産党と同様、どのような考え方をもとうと自由だが、このような「思想」が広がると、日本はとんでもない結果になると小生は憂慮してきた。こうした勢力を一生懸命に応援している奇特なメディアが、「産経新聞」ということになる。

カテゴリー:コラム

自民党都議「古賀俊昭」をバックにする“ゴロツキ集団”

2010年6月22日 コメントは受け付けていません

 昨日のつづきを。話題になっているイルカ漁映画「ザ・コーヴ」について、その配給会社が昨日、7月3日から全国6館で上映する決定をしたことを発表した。本日付の読売新聞も遅まきながら、「イルカ漁映画」「問題あっても妨害は許されぬ」との社説を掲載している。その内容によると、配給元の上映方針発表について、「卑劣な威嚇には屈しないという、配給元や映画館の強い姿勢を示した」と評価。「内容がどのようなものであれ、公序良俗に反しない限り映画という表現の自由は、最大限尊重されなければならない」と、まっとうな論調だ。
 右派系団体「主権回復を目指す会」には、自民党都議がバックについていることは昨日も指摘したとおりだ。東京・日野市民はこのような都議会議員を選出していることを肝に銘じるべきだ。この団体は、東村山市では、95年の決着済みの事件を蒸し返し、根拠もなく公明党の支援団体を攻撃してきた行動で有名になった。その低劣右翼の“仲間”らが、日蓮正宗の謀略組織として知られる「妙観講」関係者らの支援を受け、選挙になると盛んに活動することもよく知られている。

カテゴリー:コラム, 妙観講

思考能力乏しき「エセ右翼」の妄説

2010年6月21日 コメントは受け付けていません

 以下はある右翼を称する人物が数日前のブログに掲載した内容の一部である。誤りだらけ、偏見だらけの内容であることは言うまでもない。

(引用開始)
 参政権は「運命共同体としての国家の構成員」すなわち「国民」の「固有の権利」です。現行憲法も第十五条一項で、参政権は「国民固有の権利」としています。日本国民でない者に参政権を付与することは、明確な憲法違反であり、在日外国人に対して、その参政権を与えることは我々日本人に対する敵対的行為であります。
 国政であろうが地方政治であろうが、日本人でもない外国人に政治に参加する権利を与えてはいけない。日本に何十年永住していようが、わが国の国籍を有しない、すなわち帰化していない外国人は日本以外の国に忠誠心を持っている。
 ハッキリ言ってしまえば、日本に長年住んでいながら、日本人になりたくない、日本が嫌いな人達です。永住外国人は国籍を有する祖国の法の支配下にある。
 そのような外国人に参政権を与えることは、わが国の主権を根底から否定することにつながる。他国に忠誠を近い、日本に忠誠心の欠片も持たない外国人に参政権を与えることは、日本国家の衰退と破滅をもたらすだけなのです。(引用終わり)

 ここには重要なウソが少なくとも2つ以上含まれている。ひとつは最高裁は、外国人に地方参政権を付与することは憲法違反には当たらないことを15年前にすでに明確に指摘していることだ。地方選挙権に限っていえば、結局は憲法違反でもなんでもない。
 さらに国籍は、国家への忠誠心の証明などではけっしてないという事実についてである。たとえばどの国家にも、忠誠をもつどころか、国家と対立する自国民は数多くいる。この場合、彼らが何をもって「忠誠心」と定義しているかはなはだ疑問だが、産経新聞でも先般、「対馬が危ない!!」というコラムの中で、日本に帰化した元外国人の不可解なスパイ行為なるものが取り上げられていた(事実かどうかは知らない)。このことをもってしても、彼らの主張の論理がおそろしく自己矛盾を含んでいることは明らかだ。
 一定の要件を満たす外国籍住民に地方参政権を付与した結果、国家が「衰退」し、ましてや「破滅」した国など過去に一例さえもない。あるのなら具体的に挙げてみよ。
 彼らの「反対の論理」は、所詮はこの程度のものである。

カテゴリー:コラム, 外国人参政権

表現の自由を≪弾圧≫する“ゴロツキ集団”「主権回復を目指す会」  バックに自民都議

2010年6月21日 コメントは受け付けていません

 偶然か、今日付の「毎日」「東京」がいずれも社説で「イルカ漁映画」(東京)、「映画『ザ・コーヴ』」(毎日)について扱っている。毎日新聞は、「食文化への違いへの目配りのない視点の映画であることは間違いない」としながらも、「言論・表現の自由が揺らぐ問題として受け止めるべきだと改めて指摘したい」と記述。一方の東京新聞は「自分と違う意見を無理やり葬り、脅された側もあっさり屈してしまう」「民主主義の基盤とされる表現の自由が大きく揺らいでいる」と指摘し、「自分と違う意見や気に入らない情報を発信させず、逆に脅迫などに屈することを繰り返していると暗い時代に逆戻りしかねない」と書いている。まさにその通りと小生も感じる。
 いずれの記事も団体名を出していないのは、必要以上にこの種の団体の宣伝をする必要はないとの意図があると思われるが、動いているのは「主権回復を目指す会」と称する、在特会と類似の右派系団体で、代表は西村某。会の顧問には、現職の東京都議会議員(古賀俊昭・自民党)がついている。要するに、自民党の都議会議員が、全国の映画館に圧力をかけているのと等しい構図だ。
 問題は、こうした“ゴロツキ集団”の域を出ない団体の抗議活動に対し、映画館が横並びで上映中止を決めてしまう“ひ弱な姿勢”であろう。相手を必要以上に過大視しているとしか思えない。映画館は「見てくれた人が自分で判断してくれればよい」ときちんと突っぱねるべきであって、“ゴロツキ”に屈する必要などさらさらない。
 どの時代にも、この種の“ゴロツキ”は存在する。要は、そうした“勘違い集団”がはびこらないための社会風土づくりの問題であり、結局はひとりひとりの心にかかっている問題といえよう。

 【主権回復を目指す会】 http://www.shukenkaifuku.com/Shusiaisatsubun.htm
 【都議会議員・古賀俊昭】 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E8%B3%80%E4%BF%8A%E6%98%AD

カテゴリー:コラム