ホーム > コラム, 矢野絢也 > 矢野絢也の「盗っ人」の論理

矢野絢也の「盗っ人」の論理

2010年4月22日

 今日付の産経ベタ記事によると、民主党の「宗教と民主主義研究会」は昨日、国会内で会合を開き、今後、矢野絢也を勉強会の講師として呼ぶことを決めたと報じている。矢野は民主党の会合にはこれまでもたびたび出席しているが、同人の立場から見れば、政治権力を利用した抵抗心のあらわれといえよう。矢野は国税当局と交渉した内容などについて述べると見られるが、「盗人猛々しい」とはこのことであろう。
 私の手元の辞書には、盗人猛々(たけだけ)しい=盗みや悪事を働きながら何食わぬ顔でいたり、とがめられて逆に居直ったりするのをののしって言う、とある。
 矢野は一つの政党を“私物化”し、さらに個人的にも大きな社会問題を起こして政界を事実上“失脚”させられた人間である。さらに「何食わぬ顔」でメディアに露出し、自社さ連立政権にすり寄ったりと、議員引退後も変幻自在に動いてきた。そうして最近は、民主党政権の一部と関係を深くし、自慢の一人息子を民主党大臣の秘書に送り込むなどして「居直っている」。
 「悪事を働きながら何食わぬ顔でいる」「とがめられて逆に居直る」という2つの行動は、同人にとっては顕著な特徴である。その「悪事」の内容もさまざまだ。
 支援者を悪徳商法にひっかけて経済的損害を与えた事実。母校の同窓会会計を私物化した事実。さらに大量の株売買で不当な利益を得た事実。マスコミの追及には「虚言」で応えた事実。支持者の無償の支援を“足蹴”にして自己本位な行動に走ってきた事実。
 どれもこれも、政治家としての、特に公明党議員としての本来の姿からはほど遠い。「倫理観」をこれほど欠いた元公明議員を他に探すのは難しい。本人がどのように言いつくろったとしても、矢野絢也の本質は、単に「盗っ人」でしかない。

 【産経ニュース】 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100422/stt1004220049000-n1.htm

広告
カテゴリー:コラム, 矢野絢也
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。