ホーム > コラム, 矢野絢也 > 矢野絢也の長男「清城」が仙谷由人大臣の公設第2秘書に

矢野絢也の長男「清城」が仙谷由人大臣の公設第2秘書に

2010年4月2日

 会員制月刊誌「選択」が最新号(4月号)で報じたところによると、金銭スキャンダルで公明党委員長を辞任した元政治家・矢野絢也の子息である矢野清城が、民主党の仙谷由人・国家戦略担当相の公設第2秘書に登録されたという。記事によると、秘書登録は昨年11月のことで、最近になって「国会便覧」にも名前が掲載され、明るみになったという。子息の清城は父親の絢也と同じく、株売買で利益を得てきたことで知られる。その原資をたどれば、絢也が政治活動を通して貯めこんだ「10億円」もの個人資産であり、支持者の手弁当の応援のたまものだった。矢野は明電工事件の反省もなく、「言い逃れ」を続けながらこれまで生きてきた。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野絢也
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。