ホーム > コラム, 矢野絢也 > 矢野絢也が母校ちょろまかし裁判で“実質敗訴”  東京高裁

矢野絢也が母校ちょろまかし裁判で“実質敗訴”  東京高裁

2010年2月28日

 元政治家の矢野絢也が母校の同窓会基金の金を不正に詐取したと書かれ、掲載媒体の財界にっぽん社と執筆したジャーナリスト坂口義弘氏に1100万円の損害賠償を求めて2006年12月に訴えていた裁判で2月19日、和解が成立した。和解内容は記事内容について、「裁判上真実性を確定できる証拠がないことを確認する」とし、矢野側が裁判を取り下げることを実質上の条件にしたものだ。
 矢野は不正に200万円ものカネを詐取したと書かれ、勢い込んで訴えたまではよかったが、1審で完全敗訴し、2審でも“実質敗訴”の結果に終わった。なぜなら、請求した賠償額を1円も支払わせることができなかったばかりか、一審判決では記事内容の真実性を認定され、その根拠を判決文にたくさん指摘されたからだ。2審の和解調書では、「裁判上真実性を確定できる根拠ない」とされたものの、詳しくいえば、確定できるほどではないが、ほぼそう思われて仕方のない材料はたくさん揃っていたということの裏返しでもあり、仮に2審の判決をもらっていれば、真実性は認められなかったとしても、相当性の部分で免責されていた可能性が高い。
 だからこそ、一審原告の矢野側は、高裁判決を得ることなく、「和解」という“実質敗訴”の結果を呑んだのだろう。矢野が、金に汚い政治家であった証拠はこれにとどまらない。ほかにも腐るほど残っている。金銭に潔癖な公明党という『クリーン・パーティー』にとって、矢野絢也は同党を利用して派生した“現存する異物”である。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野絢也
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。