ホーム > コラム, 外国人参政権 > 政府が閣法提出を見送りへ  外国人参政権

政府が閣法提出を見送りへ  外国人参政権

2010年2月27日

 今日付の毎日・産経は、政府が永住外国人に地方選挙権を付与する法案の政府提出について見送る方針を固めたと報じた。平野官房長官や原口総務相の発言として報じられたもので、これにより、議員立法を模索する動きが強まりそうだ。その場合、民主党単独となるのか、与党の民主・社民共同提案か、あるいは野党を含めた超党派の枠組みになるのかが注目される。
 一方、鳩山総理が踏み込みすぎた朝鮮学校を高校無償化から除外するとの方針は、今朝の紙面でも大きな問題として取り上げられている。「東京新聞」はこちら特報部の特集ページでさっそく東京・北区の朝鮮学校へ足を運び、授業内容を取材。同高校1年生の「歴史的経緯があってぼくたちはここにいるのだから除外しないでほしい」などの声を紹介している。同じ欄のデスクメモではこんな言葉も。「中井拉致担当相に聞きたいものだ。在日の子供を痛めつけ、日本の子供に差別意識を植え付けて、拉致問題が前進するのだろうか。罰ゲームじゃあるまいし、こんな愚策しか持ち得ないのだろうか。被害者家族を泣かせ、何もできぬ責任を誰に押し付けるつもりなのか。有権者は、あなたを見てますよ」。
 要するに、政府が筋違いの“弱い者イジメ”をしているだけと指摘している。「しんぶん赤旗」は2面でコラムを掲載。「朝鮮学校は、いまでは高校野球、高校サッカーにも参加し、多くの大学も入学資格を認めるなど、『機会均等』が押しとどめることのできない流れになっているなかでの問題です」「国際感覚、人権感覚が鋭く問われる事態となっています」。小生は共産主義政党を好きではないが、この意見には100%賛同する。
 今日付の読売新聞(政治面)に、「創価学会幹部と小沢氏が会談」というベタ記事。昨日夜の出来事という。

広告
カテゴリー:コラム, 外国人参政権
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。