ホーム > コラム, 矢野穂積 > “煽動者”矢野穂積の支援を続ける「戦犯」たち

“煽動者”矢野穂積の支援を続ける「戦犯」たち

2010年1月25日

 東村山市議転落死問題で確たる証拠もなく、一方的な言説を振りまいてきた“煽動者”矢野穂積(東村山市議)らの運営する地域放送局・多摩レイクサイドFMでは、いまもそのホームページ上において、協力者の名前が掲載されたままだ。この問題に便乗して金儲けした乙骨某や段勲といった面々のほか、著名人の名前も掲載されている。いわば、“ペテン師”に協力させられる格好となった人たちで、主たる仲介者が乙骨某らであることは疑いの余地がない。矢野穂積という名の「デマ煽動者」と、それを“増幅”する任務を自発的に負う格好となった乙骨ら。戦後史に残る世紀のデマ報道=東村山デマ問題は、この矢野穂積と乙骨某の二人三脚によって惹起され、拡大されたといっても過言ではない。

 【ペテン師に協力する著名人らのリスト】  http://www.geocities.jp/tamalakesidefm/page021.html

広告
カテゴリー:コラム, 矢野穂積
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。