ホーム > コラム, 矢野穂積, 矢野絢也 > 「2人の矢野」

「2人の矢野」

2010年1月2日

 昨年も同じようなことを書いた気がするものの、今年も「2人の矢野」について、このコラムで取り上げる機会が増えそうだ。ひとりは詐欺師らとも仲良く金儲けにひた走ってきた元政治家・矢野絢也であり、さらにもう一人は東村山市議会議員の矢野穂積である。
 2人に共通するのは自己保身のためなら「虚偽」をいとわない体質であり、自己愛が強い性格でも通底している。矢野絢也は多くの人々から長年無償の支援を受けて仕事をさせてもらいながら、不明朗な金銭スキャンダルで政界を追い出され、政治評論家として口を糊してきた人物だ。同人は自分の責任で引き起こした過去の不祥事などには一切触れることはなく、ただただ他者に責任転嫁する姿勢で一貫している。
 一方の矢野穂積はどうか。これも「責任転嫁」が大きなキーワードとなる人物だ。自分たちのなしたアリバイ工作が原因で自殺に追い詰められたと見られる朝木明代という同僚市議の死を“悪用”し、確かな根拠もない段階から「他殺」「教団関与」などと騒ぎ立ててきた。要するに矢野にとっては、教団は自己保身を実現するための都合のよい“道具”にすぎなかったといえよう。
 こんな人間がはびこると、世の中は一層悪くなる。多くの人々に共通する確信であろう。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野穂積, 矢野絢也
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。