アーカイブ

Archive for 2010年1月

判決文を読めない憲法学者

2010年1月31日 コメントは受け付けていません

 日本大学に百地章という名の憲法学者がいる。日本の著名な右派系団体「日本会議」の“御用学者”として知られるが、当然ながら、産経新聞でも重要な論客の一人として扱われている。外国人参政権問題で反対論者として常に有用とされている人物ではあるが、憲法学者でありながら、判決文もまともに読めないレベルにあることは明記しておいたほうがよい。顕著な実例として、95年2月の最高裁判決について、同人が意図的に歪曲した読み方をし、その内容を“扇動”してきた事実が挙げられよう。
 この裁判は、日本で長年生活してきた外国人である在日コリアンらが、選挙人名簿に名前が登載されないのはおかしいとして訴えた裁判だが、日本国憲法では外国人に選挙権を保障しているわけではないので、当然ながら、棄却された。その一方で、確定判決では、永住外国人などの密接な関係をもつ外国人については、立法の裁量で地方選挙権を付与することは「違憲ではない」と判示したものである。
 要するに、永住者などの外国籍住民に地方選挙権を付与しないことは違憲ではないし、逆に法律で定めて付与しても違憲ではない。それは司法が決めることではなく、「立法府」が日本の社会状況に照らして決めるべきことですよ、と判示したにすぎない。
 そうした論旨明快な判決に対して、百地教授は、「論理的におかしな判決」と一貫して主張し、前段のみに偏った主張をこれまで繰り返してきた。要するに、バランスのとれた判断ができない人物なのである。極めつけは、判決を「本論」と「傍論」に無理くりに分離し、地方参政権を認めた部分は「傍論」であり、「拘束力をもたない」などと言い出した。これこそ同人特有の≪暴論≫であろうと思われる。
 上記の最高裁判決は、判事5人の一致した意見として呈示されているもので、全体の流れとして読むべきものである。それを都合のいいところだけを抜き取り、都合の悪いところは理由をつけて斬り捨てる。これはおよそ法律に携わる学識者のとるべき態度ではなく、邪まな態度と非難されても仕方がないだろう。
 こうした人物が、右派の学者としては価値が高いのである。理由はおそらく、法学者としておよそお粗末としか思えない行動をとれるような学者が、百地氏以外にいないからだと私には思われる。逆にいえば、見識のある憲法学者は、こうした手合いをはなから相手にしていない。どの世界にもこのような人物はいる。
 ジャーナリストの世界では、特定の意図をもってデマを振りまいてきた乙骨某などに似通った手法の人物といえよう。「事実」ではなく、「都合のいい事実」のみが大事なのである。

広告
カテゴリー:コラム, 日本会議

「平沼赳夫」「櫻井よしこ」「小林よしのり」「百地章」らは確信犯の“大嘘つき”だ!

2010年1月30日 コメントは受け付けていません

 外国人参政権の論議がそれなりに広がっている。反対論の中心にあるのが、外国勢力が日本を間接支配しかねないという危機感だ。特に対馬(長崎県)や与那国島(沖縄県)などが、乗っ取られてしまうという「極論」を述べる者たちが多い。では両島の人口構成がどうなっているか見てみよう。
 対 馬 市  人口3万6371人  外国人登録119人  永住外国人 30人程度(0・08%)
 与那国町   人口1624人     外国人登録  5人  永住外国人  4人 (0・25%)
 いずれも外国人登録(滞日3カ月以上)は居住者の1%に満たない。さらにそのなかの「永住者」となれば、その割合はさらに低くなる。タイトルの政治家や論者たちは、外国人が集団移住して投票行動を行うおそれがあると“心配”するが、日本に住む外国人が仮に虚偽の住所を申告・登録した場合、最高で1年以下の懲役刑を受ける可能性があることを無視しているようだ(外国人登録法18条)。日本人であれば、同様の行為をしても、5万円以下の過料で済むのとは訳が違うのだ(住民基本台帳法53条)。
 仮に、右派系の論者が心配するような選挙目的の集団住民移動が行われれば、それは日本国の法令に従って、粛々と「摘発」されればいいだけの話である。
 さらにその外国人は、日本にぽっとやってきた観光客や密入国するような不法外国人ではない。「永住」資格は、日本に10年以上滞在していることが要件で、税金もきちんと納め、法令違反をしていないことが前提だ。そんな人たちが、選挙目的で、住んでもいない地域に住民登録して、懲役刑を受けたいと思うだろうか。
 要するに、日本会議国会議員懇談会会長の平沼赳夫をはじめ、ジャーナリストを称する櫻井よしこ、扇動マンガ家の小林よしのり、憲法曲解学者の百地章などがいちように煽っている「危険論」は、多くが『デマ』なのである。そうした『デマ』に乗っかって金儲けしている雑誌『WiLL』などは“金魚の糞”の類でしかなかろう。
 わが国には、冷静な政策論議が欠落している。日本国が停滞を余儀なくされている原因の一つに思える。

カテゴリー:コラム, 外国人参政権

矢野絢也が東京地裁に出没

2010年1月29日 コメントは受け付けていません

 元公明党議員OBの大川清幸氏ら3人が、音声データが改ざんされていないことは科学的にも証明されているとして、矢野絢也や発行元の講談社を民事提訴していた裁判(「第二次訴訟」)で28日、東京地裁で4回目の口頭弁論が開かれた。
 この日は双方の書面を確認して5分もかからず終了したが、目を引いたのは、被告本人である矢野絢也の姿が傍聴席に見られたことだ。終了後、被告側弁護団と打ち合わせするのが目的だったようだが、帽子と白マスクという“完全武装”の格好で、コソコソと歩き回る姿が印象的だった。その様子は、“希代のペテン師”として知られた元弁護士・山崎正友の往年の「スタイル」とも酷似しており、「反逆」「自己弁護」などの行動パターンが似通っているだけでなく、その姿・格好まで似てしまうものかと驚いた。

カテゴリー:コラム, 矢野絢也

敗訴続きの「低劣右翼」黒田某がまたまた敗訴  東京高裁

2010年1月28日 コメントは受け付けていません

 取材中のジャーナリストの顔写真を勝手に自分のホームページ上に掲載し、さらに顔写真などに落書きを加えたことで名誉棄損で訴えられていた千葉県の行政書士・黒田某は27日、東京高裁でも敗訴し、10万円の損害賠償を命じられた。訴えていたのは、ジャーナリストの宇留嶋瑞郎氏で、一審(さいたま地裁川越支部)では黒田某には50万円の賠償が命じられていたが、二審では減額された。とはいえ、公にだれもが閲覧できるネット上で、気に入らない相手に対し幼稚な落書きをしたことで敗訴したことは間違いなく、行政書士としての適格性を疑われる上、在日特権を許さない市民の会(在特会)などと連携する「日本を護る市民の会」代表としての品位も疑われよう。なお傍聴席には、黒田某本人をはじめ右翼グループの姿は全く見られなかった。

カテゴリー:コラム, 黒田大輔

「政治家の器量が問われる」と賛成に転じた“大勲位”  外国人参政権

2010年1月27日 コメントは受け付けていません

 今日付の朝日新聞によると、中曽根康弘元首相が大型インタビューに応じたなかで、永住外国人地方参政権法案について、次のように答えている場面がある。そのまま引用しよう。
 「僕は原則として賛成。既成事実にこだわりすぎず、大局から見て日本の前途を開拓する立場で進まなければ。政治家の器量が問われる。条件を厳しくしても、だれかが踏み切らないといけない」
 一方で、右派メディアやそれに連なる論客は一様に危機感をあらわにし、「売国法案」「亡国法案」などと煽り立てている。
 一昨日、永田町界隈で反対国民集会を主催したのは日本会議のほか、日本会議国会議員懇談会、日本会議地方議員連盟などだった。母体となる組織「日本会議」を支えるのは神社本庁を中核に、生長の家、仏所護念会、統一協会などの宗教関係者ら。靖国神社を崇拝し、南京虐殺などの戦争責任を過小評価あるいは認めようとしないことでも共通する。現在、日本のタカ派議員らは同組織に集約される格好となっており、端的には「戦前復帰」の国家観・価値観をもつ者が圧倒的に多く含まれる。
 永住外国人に地方選挙権を付与する法案をめぐる意見対立は、結局のところ、「国家主義」とそれに相対する者との衝突の様相を呈している。今国会での法案成立の趨勢は、法案提出が予想されるゴールデンウィーク前後までの2月から4月にかけて、これからの3カ月間で決まってしまいそうである。

カテゴリー:コラム, 外国人参政権

◆右派系の皆様へ  それくらいで壊れるような日本国ではない

2010年1月26日 コメントは受け付けていません

 日本で最大の保守・右派系団体「日本会議」が主催する外国人参政権に反対する国民集会が昨日午後、永田町にほど近い憲政記念館で開かれ、地方議員をはじめとする1000人を超える人々が集まった。主催者を代表して挨拶した日本会議国会議員懇談会会長の平沼赳夫・衆議院議員は、長崎県対馬を視察した話を延々と行い、外国人参政権を認めると辺境の島が外国勢力に支配されかねないかのような反対論をぶった。さらに外国人から日本に帰化(国籍取得)した石平氏、金美齢氏、呉善花氏などが登壇し、さらに民主党を除名された土屋敬之都議会議員などが挨拶した。
 同会では、この法案が5月のゴールデンウィーク前後に国会上程され、成立してしまいかねないことを懸念しており、それまでに国民運動を高め、ピークにもっていく考えだ。そのため地方議会における反対決議を今後も推進する一方、署名活動なども行う方針という。
 反対論の主な要点は、外国人である永住者に地方選挙権を与えると、日本が外国に間接的に支配されてしまいかねないという脅威論だ。対馬や与那国島に永住者が大量に住民登録すれば、首長選挙や市・町議会選挙で、外国人の意向を受けた議員が当選しかねないと「恐怖心」を抱いている。だがこれらは冷静に考えれば、杞憂でしかなかろう。
 その地域に実際に住んでいないのにそこに選挙のために住民票を集団移動するなどのデマは、これまでも某宗教団体にからめてさんざんに行われてきた。現在の住民登録制度では、そうしたことをすれば、すぐに発覚する。まして外国人がそこに住んでもいないのに大量に住民登録すれば、地元ではすぐに判明する話であり、大きな騒動になることは明らかだ。日本人ですらできないことを、外国人だからできると「曲解」することは、いい加減な論議というほかない。
 さらに彼らは永住外国人をまるで「黒船」であるかのように怖れているようだ。外国人といっても所詮は同じ人間にすぎない。仮に中国人を例にとっても、みな同じ政治的信条をもっているかといえば、それは現実社会を知らない人間の見方だ。日本人でも、人それぞれ考え方は異なり、支持政党も異なるように、外国人でも同じことがいえる。まして参政権付与の歴史は、わずか1世紀前には女性には与えられていなかった権利だ。
 戦後、女性に選挙権を与えるときに、女性に一票を与えると国家が女性に支配されかねないなどと反対した者がいただろうか。選挙制度というのは、極めて民主主義の根幹を占める問題であり、そこに住む「生身の人間」の意思反映の手段を担保するための制度にほかならない。外国人であろうと、わが国にこれからそうした人々が増えることがすでに明らかな以上、そうした人々を政治的埒外においたまま、日本人だけでコソコソと行う政治がはたして民主主義の原理にかなっていると言えるかどうかという問題である。
 ところが、わが国には、永住外国人に地方選挙権を与えると、日本が乗っ取られかねないとか、中国・韓国に間接支配されてしまうだとか、心配する日本人が増えているようだ。日本人はいつからこうした≪せせこましい人種・民族≫に成り下がってしまったのだろうか。
 古代から連綿とつづく過去の日本の歴史は、外国人を受け入れてきた時代には、例外なく国に発展をもたらしてきた。いまはそのことが再び問われている時期ともいえよう。
 蛇足だが、本日発売された月刊誌「WiLL」には、「外国人参政権に絶対反対です!」とのキャッチコピーとともに、「総力大特集 許すな! 外国人参政権」と題する特集を掲載している。その花田紀凱編集長の姿も、昨日の日本会議主催の集会で目にしたが、会場後方の椅子席に深々と座ったまま、その時間のほとんどを腕組みしたまま寝入っているかのようだった。

カテゴリー:コラム, 日本会議

“煽動者”矢野穂積の支援を続ける「戦犯」たち

2010年1月25日 コメントは受け付けていません

 東村山市議転落死問題で確たる証拠もなく、一方的な言説を振りまいてきた“煽動者”矢野穂積(東村山市議)らの運営する地域放送局・多摩レイクサイドFMでは、いまもそのホームページ上において、協力者の名前が掲載されたままだ。この問題に便乗して金儲けした乙骨某や段勲といった面々のほか、著名人の名前も掲載されている。いわば、“ペテン師”に協力させられる格好となった人たちで、主たる仲介者が乙骨某らであることは疑いの余地がない。矢野穂積という名の「デマ煽動者」と、それを“増幅”する任務を自発的に負う格好となった乙骨ら。戦後史に残る世紀のデマ報道=東村山デマ問題は、この矢野穂積と乙骨某の二人三脚によって惹起され、拡大されたといっても過言ではない。

 【ペテン師に協力する著名人らのリスト】  http://www.geocities.jp/tamalakesidefm/page021.html

カテゴリー:コラム, 矢野穂積