ホーム > コラム, 矢野絢也 > “希代のペテン師”におもねる「虚飾の政治屋」

“希代のペテン師”におもねる「虚飾の政治屋」

2009年12月31日

 矢野絢也が12月に講談社から出した新著には、『「虚飾の王」との50年』とのサブタイトルが付されている。何を隠そう、その矢野自身こそ、「虚飾の政治家」だったことは疑いようのない事実だが、こうした本来自分に向けられるべき形容を、自分以外の第三者に転嫁して“責任逃れ”を図る手法は、まるであの「希代のペテン師」山崎正友の手法とウリ二つである。個人的見解ながら、この書の最大の特徴は、山崎の過去の証言・著作を全面的に信頼し、しばしば引用し、さらには“持ち上げている”点であろう。
 講談社の書籍担当者が愚かなのか、ゴーストライターが屈折しているのか知らないが、この一点だけでも、この書物の歴史的評価を大きく損なうことは間違いない。
 山崎といえば、元弁護士でありながら、依頼者を恐喝して実刑判決を受けた札付きの人物として知られ、1年前に急逝した。サイコパスが弁護士になればどのような軌跡を描くかということを端的に証明した人物にほかならなかったが、山崎の教団批判には肝心のところで多くのウソが隠されていた。そのため、同人が残した著作の内容も、事実的見地からは、後世の歴史家の参考にはなりにくいものだ。
 こうした著作について、矢野は「彼の著書には信頼できる記述がたしかに多い」「内部証言としての価値は高い」などと誉めちぎっている。
 矢野は議員引退後、金儲けのために、正真正銘の「詐欺師」と仲良く付き合ってきた。いまそのうちの一人は「塀の中」と聞くが、同類相憐れむの境地からなのか、“ペテン師”の山崎にも共鳴していることは明らかだ。
 何よりこんな書物が出たことで喜んでいるのは、デマ扇動のいつものガセネタ稼業の類いか、あるいは日蓮正宗関係者らなどであろう。結局のところ、「かつての山崎一派」にほかならない。「希代のペテン師」亡きあとの山崎正友の役割を、なんのことはない、矢野絢也が肩代わりしている構図である。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野絢也
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。