ホーム > コラム, 日本会議 > 天皇が日本の将来に心配を感じること

天皇が日本の将来に心配を感じること

2009年11月12日

 現在の明仁天皇が即位20年を前に記者会見を行った。その内容が12日付の各紙に掲載されているが、記者の「両陛下は、日本の将来に何かご心配をお持ちでしょうか」との質問に、次のように答えている。
 
 今、日本では高齢化が進み、経済が厳しい状況になっています。しかし、日本国民が過去にさまざまな困難を乗り越えて、今日を築いてきたことを思い起こすとき、人々がみなで英知を結集し、あい携えて協力を進めることにより、日本が現在直面している困難もひとつひとつ克服されることを願っております。
 私がむしろ心配なのは、次第に過去の歴史が忘れられていくのではないかということです。昭和の時代は非常に厳しい状況のもとで始まりました。昭和3年、1928年、昭和天皇の即位の礼が行われる前に起こったのが張作霖爆殺事件でしたし、3年後には満州事変が起こり、先の大戦に至るまでの道のりが始まりました。第一次世界大戦のヴェルダンの古戦場を訪れ、戦場の悲惨な光景に接して、平和の大切さを肝に銘じられた昭和天皇にとって、まことに不本意な歴史であったのではないかと察しております。
 昭和の60有余年は、私どもにさまざまな教訓を与えてくれます。過去の歴史的事実を十分に知って、未来に備えることが大切と思っています。

 これらの言葉は、過去の歴史を隠蔽し、捏造していく最近の顕著な風潮への裏返しの言葉とも受け取れる。“歴史修正”のために活躍しているのは、新聞でいえば「産経新聞」、団体でいえば「日本会議」「新しい歴史教科書をつくる会」、人物でいえば「櫻井よしこ」「田母神俊雄」、月刊誌でいえば「正論」「WiLL」といったところか。低劣右翼などは言うまでもなかろう。天皇のお言葉をよく肝に銘じるべきだ。

広告
カテゴリー:コラム, 日本会議
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。