ホーム > コラム > 民主が「国家戦略局」から社民・国新を“排除”する方針

民主が「国家戦略局」から社民・国新を“排除”する方針

2009年9月14日

 衆院選で大勝した民主党が、与党の新しい目玉としているのが「国家戦略局」(菅直人担当大臣=内定)の創設だが、この組織に、連立を組む社民党・国民新党を参加させず、いわば“純潔主義”を貫く方針であることが今日付の日経などで報じられている。この問題は昨朝のテレビ朝日系番組・サンデープロジェクトでも論議されていたが、今後の連立政権の「綻び」を予感させるような方針に見える。
 要するに政策の大方針を決める重要組織に、友党である2党を参加させないというわけだから、政策決定プロセスにおける「誤解」や「不徹底」などが起きる土壌を自らつくるようなものであり、連立政権におけるまともな政策決定のプロセスとはとうてい言えまい。
 政策調整を行うのはあくまで、閣僚に起用される予定の党首級というものであり、2党は途中の意思決定過程に参加できず、最後の段階で党首クラスとすり合わせる独断的な機関ということになりかねない。
 そのため社民党から、「途中が分からず最後から議論しろと言ってモメたら嫌だ」(辻元清美・国対委員長)との声が出たり、国民新党からは「政調会長のような立場で意見の統一をしないといけない。うちの亀井さん(代表)に最後に決めろといっても判断できません」(下地幹郎政審会長)と反発する意見ももっともに聞こえる。
 これは民主党の「数の奢り」ともいうべき現象であり、まともな連立政権の仕組みとは思えない。
 先の「連立合意」を形成する過程では、社民党は沖縄の基地問題に執拗にこだわり、独自性を発揮しようとした。過去の与党経験の「教訓」も生かされているのだろうが、民主党の新政権のスタートでつまずきたくないとの「本心」を巧みに利用し、“最大限の実”をとることに腐心した。
 連立与党の「嫁入り」論というものがあるとすれば、社民党が“したたかな嫁”になりそうなことは間違いない。「亭主」の立場の民主党からすれば、貧しい家(=議席数が少ないこと)からせっかく嫁がせてやったのに、家計の使い方にまで細かく口を入れられてたまるか、カネの使い方はわしが自分で決める、お前には決めさせないといった感じか。社民・国民新党の立場が今後も続くかどうかは、来年の参院選で民主が再び大勝し、参院で過半数を占められるかどうかにかかっている。当サイトでも、9月は“様子見”の段階といったところだ。

 【時事通信】 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009091400009

広告
カテゴリー:コラム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。