ホーム > コラム > 「北朝鮮」の真の後継者は?

「北朝鮮」の真の後継者は?

2009年6月25日

 元毎日新聞記者で早稲田大学教授の重村智計氏の新著『金正日の後継者』(ベスト新書)を読んだ。それによると、金正日の後継者は3人の息子のだれかではなく、金日成の息子で、金正日の長男とも年が近い人物という。
 良心の呵責がなく、平気でうそを垂れ流す現在の北朝鮮は、本書によれば、「絶対に本当の情報を流さない。ニセ情報を流す天才」であり、現在の3男後継者内定報道も、“大誤報”の可能性が強いようだ。まして、3男が中国に詣でたとする一部スクープなども、完全な“虚報”の疑いがある。意図的なリークに踊らされた結果ということになるかもしれない。
 後継者内定に金正日本人が関与した形跡はなく、すでに死亡しているか、判断できる能力はなくなっている可能性が高いという。
 メディアは、朝鮮報道の取材を30年以上続けている重村氏の指摘をよく聞くべきだ。

広告
カテゴリー:コラム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。