Archive

Archive for 2009年6月

国民への「奉仕の精神」を失わせた元凶「矢野絢也」

2009年6月30日 コメントは受け付けていません

 昨日、早大の大隈講堂で行われた学生主催の講演会「迫り来る国家解体の危機~外国人参政権と人権擁護法案」という集会を取材で覗いてきた。講演したのは日大教授の百地章という人物だが、滑稽な場面が何度か見受けられた。同教授は、外国人参政権に反対している憲法学者の急先鋒として知られるが、学生から「外国人に地方参政権を認めると具体的にどんな危険が起きるのか」と尋ねられると、「日常的にはあまり問題ないかもしれない」と明言。その一方で、「だが、いざとなったらどうなるか」と続け、戦争などの有事になった際のことを例に挙げ、さらに長崎県・対馬の不動産が韓国資本に買い占められているなどと紹介した上で、「在日の人が集団移住したら市長選挙を牛耳ることも可能」などと“暴言”を吐いた。
 聞いていて、“机上の空論”にすぎず、「象牙の塔」の人たちはこんなことを主張して飯を食えるのだからうらやましいと率直に感じたものだ。「対馬が危ない」などと主張するのは現在、産経新聞が行っている事実に基づかない同種のキャンペーンによるもので、それらの報道に乗せられて、こうした右派系の学者や一部政治家が同じ主張を繰り返す傾向にある。
 対馬は韓国に最も近い日本領内の地域(島)だが、永住外国人に地方参政権を付与したところで、こうした島に集団移住するなどという事態は100%ありえない。その意味では、この教授の都合のよい「空想」にすぎないものだが、産経新聞が煽っている上記のキャンペーンは、「事実に基づいていない」という点で報道の水準には明らかに達していない。詳しくは別の機会に譲ることにするが、日本の「エセ右翼」などもこうした≪虚偽の言説≫に簡単に乗せられている。
 現在の日本が抱える最大の課題がこうしたところにないことは、すでに明らかだ。日本の行き詰まりの「根源」は、為政者が国民への“奉仕の精神”を失ったところにあるといってよい。つまり精神的な問題が先にあるわけである。この場合の為政者とは、政府であり、国会議員であり、霞ヶ関の役人のことを指す。見渡してみても、有権者・国民の利益を第一に「捨て身」で行動する者はあまりに少ない。たとえば明治時代の日本などと比べれば、その比率は歴然としていると思われる。
 政治の世界、なかんずく公明党のなかにそうした気風をつくった最大の戦犯が、「矢野絢也」であることは疑いようがない。国民・支持者のためでなく、≪一族の蓄財≫のために行動してきたのだから、どうしようもない。対象がカネでなく女性だった点を別にすると、竹入義勝も「奉仕の精神」を失った元政治家にほかならない。2人が国民に奉仕するのでなく、自分に奉仕した結果、公明党の党勢拡大は大きく遅れてしまった。
 この2人がまともに国民に奉仕し抜いていれば、日本の現在のていたらくも大きく変わっていたはずである。近年、公明党がこうした「遺物」(=異物)の刷新運動に乗り出し、自浄作用を図っているのは、むしろ健全さの現われともいうべき現象に見える。
 政治の世界でたいした実績を残せなかった元委員長「矢野絢也」が、いまも後世の人々に“物笑いの種”を提供し続けている。すでに「歴史の審判」は明確に受けているのだが。

カテゴリー:コラム, 矢野絢也

都合のいい「皇国史観」を脱却し、「事実」に戻れ

2009年6月29日 コメントは受け付けていません

 明治期から戦中までの「皇国史観」により、わが国の歴史は美化され、“捏造”されてきた。その典型が天皇家と韓・朝鮮半島の古代からの古い結びつきであり、同地域を植民地化してきた近代日本において、それらの事実を明らかにすることはタブーにほかならなかった。戦後、そうしたタブーを自ら明確に打ち破ったのが昭和天皇の下記の発言である。それでも、マスコミなどで大きく取り上げられることはなかったようだ。こうした天皇家の認識をさらに踏み込んで発表したのが、現在の今上天皇であり、2002年の日韓ワールドカップ共催という意義深き年を翌年に控え、語った言葉が以下のものである。
 ここでは桓武天皇の母親が渡来人の子孫であった事実を明らかにし、そのことに「ゆかりを感じる」と述べた(いわゆる「ゆかり」発言)。それまで両国の学者にとっては常識的な事柄にすぎなかったが、一般の国民にこうした事実が広く知られていたわけではなく、波紋を呼んだ。だが、これは事実である。
 日本の天皇陵の調査を宮内庁が止めてきたのも、皇室と朝鮮半島との密接な結びつきが明らかになるのを避けるためとも見られてきた。要するに、東アジアの国々は古代から相互に関係しあった共通の歴史を歩んできた間柄であり、互いに離れることができない関係にある。
 結論として、日本の古代社会は渡来人なしには成り立たず、渡来人は日本人の祖先にほかならなかった。
 そうした渡来人がどの程度の規模で来日したかについては、関晃氏が昭和31年の時点ですでに明らかにしており、当時の支配層の「約3割」と結論している。8世紀末の人口がおよそ600万人と推定する説に従うと、そのうちの200万人が渡来人であったという考え方でよいと説明する学者もいる。
 現在、我が国では1~2%の外国籍住民が存在するが、当時の比率はそれとは比べ物にならない。いまの感覚でいえば、国会議員・霞が関の役人の3割が、韓・朝鮮半島から来た渡来人だったということになろうか。
 両天皇の言葉に示されているように、韓・朝鮮半島と密接な関係史をもちながら、近代には「不幸な過去」があった。こうした過去を払拭し、両国間に健全な関係を構築することこそが、両国のあるべき姿であろう。
 それどころか逆に、戦前の「皇国史観」思想にマインド・コントロールされたままの者たちがわが国にも最近しばしば見られるのは、≪過去の正しい歴史≫を教えてこなかった日本の歪んだ文部行政(=教育行政)から生まれた必然的な現象にほかならない。

■昭和天皇の発言(1984年9月6日、韓国・全斗煥大統領訪日時の宮中晩餐会)

 顧みれば、貴国と我が国とは、一衣帯水の隣国であり、その間には、古くより様々の分野において密接な交流が行われて参りました。我が国は、貴国との交流によって多くのことを学びました。例えば、紀元6、7世紀の我が国の国家形成の時代には、多数の貴国人が渡来し、我が国人に対し、学問、文化、技術等を教えたという重要な事実があります。永い歴史にわたり、両国は、深い隣人関係にあったのであります。このような関係にもかかわらず、今世紀の一時期において、両国の間に不幸な過去が存したことは誠に遺憾であり、再び繰り返されてはならないと思います。(9月7日付、毎日新聞)

■現在の天皇の発言(2001年12月23日の68歳の誕生日に先立って行われた記者会見)

 日本と韓国との人々の間には、古くから深い交流があったことは、日本書紀などに詳しく記されています。韓国から移住した人々や招へいされた人々によって様々な文化や技術が伝えられました。宮内庁楽部の楽師の中には、当時の移住者の子孫で、代々楽師を務め、いまも折々に雅楽を演奏している人があります。
 こうした文化や技術が日本の人々の熱意と韓国の人々の友好的態度によって日本にもたらされたことは幸いなことだったと思います。日本のその後の発展に大きく寄与したことと思っています。
 私自身としては、桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されていることに韓国とのゆかりを感じています。武寧王は日本との関係が深く、このとき日本に五経博士が代々日本に招へいされるようになりました。また、武寧王の子、聖明王は、日本に仏教を伝えたことで知られております。
 しかし、残念なことに、韓国との交流は、このような交流ばかりではありませんでした。このことを、私どもは忘れてはならないと思います。(12月23日付、朝日新聞)

カテゴリー:コラム

次は「矢野絢也」が真実性の立証へ  公明OB3氏が新たに提訴

2009年6月28日 コメントは受け付けていません

 昨日付の公明新聞によると、元公明党国会議員の大川清幸、伏木和雄、黒柳明の3氏は26日、矢野絢也が講談社から発行した著作『闇の流れ 矢野絢也メモ』『黒い手帖』について、虚偽事実を記載したことによる名誉棄損で提訴した。さらに『新潮45』(6月号)に掲載された同様の記事についても、矢野を提訴した。
 いずれもOB3氏が矢野と自宅で懇談した際に録音したICレコーダについて、矢野が自著のなかで「音声データは改ざんされたもの」と書き、OBらは「虚偽であることは明白」と争っているもの。
 すでに先行してきたOB3氏提訴の民事裁判では、1審判決では「本件音声データには編集改ざんがあるとは認められない」と証拠価値を認めたものの、2審では確たる科学的な裏づけもなく、「本件音声データについて録音後に編集改ざんが行われなかったと断定することはできない」「その後に削除等の加工を施されたものと認められる」などと認定していた。
 OB3氏はICレコーダーの製造元であるソニーにデータ解析を依頼したところ、「編集が行われた形跡を確認することはできませんでした」との報告を受けており、改ざんがなかったことは科学的に証明されていると主張している。
 日本の名誉棄損裁判では被告側が立証義務を負うため、OB3氏がこのほど矢野書籍の該当箇所を提訴したことで、今度は矢野本人がその真実性を立証する義務を負うことになる。つまり、「音声データは改ざんされた」という従来の矢野側の主張について、今度は自ら具体的に立証する「責任」が生まれたことになる。

 【公明新聞】 http://www.komei.or.jp/news/2009/0627/14929.html 

カテゴリー:コラム, 矢野絢也

思考能力乏しき「エセ右翼」瀬戸弘幸の「妄説」  3

2009年6月27日 コメントは受け付けていません

 日本の古代国家の出発は、朝鮮半島からの渡来人(帰化人)なしには成り立たなかった。大和朝廷も奈良時代も同様であった。天皇家も例外ではない。朝鮮半島から渡ってきた渡来人は、そのまま日本列島に居住し、日本人の一部となった。その意味で、現在の韓国・朝鮮人の祖先である渡来人は、日本人の「祖先の一部」にほかならない。
 私事になるが、小生は古代から頻繁に韓・朝鮮半島と行き来したとされる九州北部の出身なので、ルーツをたどっていけば必ず「渡来人」の系統に行きつくはずだ。数年前、個人的に父方の戸籍をさかのぼる調査を行ったとき、祖父の祖父の父親、つまり5代前までは名前をたどれたが、それ以上は無理であった。おそらくその血の濃さは10%や20%といったレベルではなく、かなりの比率かもしれない。
 天皇家がいかに渡来人の影響を受けたかは、結婚式などの冠婚葬祭のときにも明らかだ。お祝いの衣装などは、まさしく韓国・朝鮮式の影響を強く受けたものだからだ。そのことを何より実感しているのが、在日コリアンなのである。
 「大和民族」とか「日本民族」の優越性を主張する者たちが、いかに現実から目をそむけたレベルかは容易にうかがえよう。彼らの他民族を排斥する傾向は、自民族優先主義ともいうべきもので、世界のどこにでも見られる風潮の一つだが、日本における場合、結局は、わが国の「一衣帯水」性に思考が及ばない能力の乏しさから来るものといわざるをえない。
 わが国は、古代の韓国・朝鮮人から「文字」を教わり、初期の国家をつくった。この事実を忘れてはいけない。「エセ右翼」の一派がそんなに「日本民族」を強調したいのなら、そうした結果いま得られている「文字」を彼らは使うべきでない。やるのならそこまで徹底して闘争をおこなうべきだ。自分たちは歴史的にさまざまな「恩恵」を受けておきながら、間違った理屈のもとに、狂信的な差別的行動を繰り返す。まさに日本社会のダニともいうべき存在である。
 もう一度繰り返すが、そんなに朝鮮人が嫌いなら、朝鮮人から伝わった文字を使うな。またそうした文字を使ったブログなど即刻閉鎖せよ、ということだろう。

カテゴリー:コラム, 瀬戸弘幸

弾道ミサイルをいまだ「ロケット」と強弁する「日本共産党」

2009年6月26日 コメントは受け付けていません

 日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」が本日付の1面トップで、「北朝鮮が核実験」「厳しく抗議する」と掲載した。一方で同紙の社説では、先月5日の弾道ミサイル発射に関し、いまだに「ロケット」などと記載している。同党は先月の北朝鮮によるミサイル発射問題のときも最後まで「ロケット」と言い張り、国会での「抗議決議」について、衆参ともに唯一反対した政党として知られる。さすがに核実験ともなると“擁護”の姿勢は難しいというわけだろうが、この二枚舌ぶりは何とかならないものか。もともと北朝鮮と日本共産党は、知る人ぞ知る「兄弟」の間柄。“血のつながり” は切り離せないというわけか。

■“迷走”した日本共産党の態度
 昨日の北朝鮮の核実験に対し衆院は26日、抗議決議を採択した。議運委理事会では、社民党でさえ賛成を表明したのに対し、日本共産党だけが反対の意向を示したという。ところが党本部(代々木)に持ち帰って相談したところ、結局は賛成へと一転した。世論の反発が避けられないと「観念」した結果の態度変更と思われる。先月の弾道ミサイルに対する抗議決議では、あくまで反対を貫いた同党だったが、今回はどのような論理で賛成に回ったのか。国連安保理は先月のミサイル発射問題において、非難の議長声明を全会一致で採択しており、今回は新たな決議の採択を目指している。

 【読売オンライン】 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090526-OYT1T00599.htm

カテゴリー:コラム, 日本共産党

「エセ右翼」と“二人三脚”の不思議な「東村山市議会議員」

2009年6月26日 コメントは受け付けていません

 6月初旬、ある妙観講員(=浦安市の日蓮正宗寺院に所属)のブログに、東京都の北多摩1区内で、政治色の強いビラを各戸配布したことが報告されていた。この講員は、自身が朝鮮民族の血を引くこともわきまえずに在日コリアン批判などを繰り返している「エセ右翼」の瀬戸某一派の一員で、当日は、なぜか東村山市議会議員の面々が車両を出すなど手厚くバックアップしていた。
 東村山の市民派を“詐称”してきた「草の根」の2人で、矢野穂積・朝木直子が密接に関与していたことをそのブログで報告していたからだ。北多摩方面で投函されたそのビラは、矢野穂積を “持ち上げる”ばかりの内容で、右翼と矢野らの“共闘活動”を示すものだった。問題は、こうした関係に新たに妙観講員が「関与」していたという事実であろう。もちろん、「新たに」か「もともと」なのかは定かではない。
 「妙観講」といえば、日蓮正宗のなかでは違法盗聴もいとわない「阿部日顕」直属の謀略集団として知られ、選挙のたびに警察ざたを繰り返してきたグループとして有名だ。そうしたグループと、瀬戸・矢野の凸凹コンビが、なりふり構わず手を結んでいたことになる。
 その間には、取材もしないでデマ記事で第三者を誹謗することで知られるジャーナリスト・乙骨某などの存在も垣間見られた。
 さすがに上記の妙観講員は、率直な活動表明ブログの内容がまずいと指摘されたのか、わざわざ、妙観講員であるという事実をこのほど削除したという。「類は友を呼ぶ」という言葉が、これほど当てはまる現象も珍しい。市議会議員、右翼、日蓮正宗という、いずれの業界・分野においてもおおいに「問題がある」と指摘されてきた面々の、三位一体の結託ぶりを裏付けているからだ。

 【参考ブログ】 http://d.hatena.ne.jp/three_sparrows/20090624

「北朝鮮」の真の後継者は?

2009年6月25日 コメントは受け付けていません

 元毎日新聞記者で早稲田大学教授の重村智計氏の新著『金正日の後継者』(ベスト新書)を読んだ。それによると、金正日の後継者は3人の息子のだれかではなく、金日成の息子で、金正日の長男とも年が近い人物という。
 良心の呵責がなく、平気でうそを垂れ流す現在の北朝鮮は、本書によれば、「絶対に本当の情報を流さない。ニセ情報を流す天才」であり、現在の3男後継者内定報道も、“大誤報”の可能性が強いようだ。まして、3男が中国に詣でたとする一部スクープなども、完全な“虚報”の疑いがある。意図的なリークに踊らされた結果ということになるかもしれない。
 後継者内定に金正日本人が関与した形跡はなく、すでに死亡しているか、判断できる能力はなくなっている可能性が高いという。
 メディアは、朝鮮報道の取材を30年以上続けている重村氏の指摘をよく聞くべきだ。

カテゴリー:コラム