ホーム > コラム, マルチ議連 > 民主マルチ議員の政治家としての「資質」

民主マルチ議員の政治家としての「資質」

2009年5月1日

 民主党の小沢一郎代表の“側近議員”たちがマルチ商法を国会で必死に擁護して、そうした国会質問を重ねるかたわら、業界団体や企業から政治献金を受け取っていた問題が昨年後半から取りざたされてきた。問題となった議員連盟は、略称で「NPU議連」といい、会長は山岡賢次→藤井裕久と変わり、事務局長が前田雄吉、事務局次長が牧義夫だった。
 この問題で4年間にわたりマルチ業界の“太鼓持ち”質問を重ねた前田は、次回総選挙での不出馬を表明し、大きな社会的制裁を受けることになった。ところが今度は障害者団体向けの郵便料金割引制度が悪用され、企業のダイレクトメール(DM)広告が大量に発送された事件で、同じような行動を繰り返した民主党議員がいたと報じられている。前田の下でマルチ議連の事務局次長をつとめていた牧義夫である。
 自分たちさえよければと制度を悪用し、さらにライバル企業を追い落とすために国会質問まで行い、その見返りかどうかは定かでないが献金も受け取っていた。さらに国会質問のときは「悪徳商法の温床」などといって相手を批判していたのだから、あいた口がふさがらない。すべてが私利私益のため、こんな議員は国会から“永久追放”するのが国民のためではなかろうか。
 民主党・マルチ議連の面々は、政治家として芯から根腐れしているとしか思えない。

【アサヒコム】 http://www.asahi.com/national/update/0430/OSK200904300067.html

広告
カテゴリー:コラム, マルチ議連
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。