ホーム > コラム, 矢野絢也 > 矢野絢也の素顔  37  信平夫婦と変わらない「詐欺」体質

矢野絢也の素顔  37  信平夫婦と変わらない「詐欺」体質

2009年4月30日

 矢野絢也が「北海道にいいい不動産会社はないか」と党書記長の権限を使って、北海道の所属議員に打診したのは70(昭和45)年7月。同年10月には、矢野は旭川市の不動産会社・七和商事を自ら訪問した。
 そうして矢野ファミリーが「原野商法」詐欺に熱心に取り組み始めるのは72年ごろ。北海道函館市からほど近い標高1100メートルの駒ケ岳のふもとの土地をまずは売りさばき、翌年になると別の土地を販売するようになった。
 前後して73年2月には、矢野絢也の事実上のダミー会社「善興」を大阪に設立。そのころ旭川市の提携先の不動産会社・七和商事は旭川市内に4階建ての自社ビルを建設した。相当にはぶりがよかったことがうかがえる。だがそうした詐欺商法も75(昭和50)年ごろには収束していったようだ。さすがに悪いことは続かなかったのだろう。
 それでも買主(被害者)から強いクレームが出ることもなく、矢野ファミリーは詐欺罪で立件されることもなく、損害賠償を請求されることもなかった。いずれも40年近い過去の話であり、すでに「時効」を迎えている。それでも道義的な責任は残っている。なぜなら、この詐欺商法を陰で支えていたのが、公党の書記長であった矢野絢也だったという「事実」が存在するからである。
 北海道といえば、函館市にはほかにも悪い夫婦がいた。信平醇浩(じゅんこう)と信子の2人は、教団の地元幹部として、末端会員らから金を借りまくり、返さないなどの「詐欺的行為」を繰り返していた。ところが、矢野夫婦の行った行為は、これらに勝るとも劣らない。
 矢野は自分の兄弟にも等しい間柄のいとこを使って、支援者相手に詐欺商法を行わせ、その責任をいまも一切認めようとしない。七和商事の最大のお得意先であった矢野ファミリーは、当時はまだ珍しかった北海道旅行という「接待旅行」まで当時受けていた。そのときの記念写真がすでに一部雑誌などで公表されている。
 以前、野崎勲氏が『こんな悪いやつはいない』という書物を出版したことがあったが、小生もまさに同じ感慨を覚える。自らの政治的立場を利用して独り“金儲け”に走り、私腹を肥やしてきた。しかも騙した相手は、自分を当選させるために手弁当で動いてくれた支援者たちである。こんな悪いやつはいない。
 矢野絢也ファミリーによる「原野商法」詐欺は、そのまま後年の「明電工疑惑」にもつながっていく。底流に備わる共通項はどこまでいっても≪私財の蓄え≫に狂奔する姿にすぎず、さらに「いとこの商売のことは知らない」「明電工事件は潔白だ」などと、自らの行動を正当化させるための嘘八百にほかならなかった。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野絢也
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。