ホーム > コラム, 新潮社 > 「週刊新潮」Kデスクについて

「週刊新潮」Kデスクについて

2009年4月29日

 朝日新聞阪神支局襲撃事件をめぐる「週刊新潮」の虚報問題で、手記を担当したデスクについて若干の情報があるのでそのまま掲載する。
 1998年早大政経学部卒業後、新潮社入社。週刊新潮編集部に配属され、特集記事の取材記者に。2000年に特集記事「『フォーカス』スクープ 熊本『70億円保険金』疑惑の追跡」(同年9月7日号)の現地取材にあたった。同記事は熊本の医療法人によって名誉棄損で訴えられ、週刊新潮は990万円の損害賠償金を支払うとともに、謝罪広告を掲載した(2004年10月、最高裁で確定)。この記事を担当した四方田隆デスクは法廷における尋問のなかで、「彼は優秀です」とKの能力を高く評価していた。その後、「新潮45」編集部に異動し、週刊新潮に復帰。織川隆というペンネームで講談社から何冊か著作を出している。

広告
カテゴリー:コラム, 新潮社
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。