ホーム > コラム, 新潮社 > 朝日「天声人語」が週刊新潮に“異例の注文”

朝日「天声人語」が週刊新潮に“異例の注文”

2009年4月11日

 今日付の朝日新聞が1面の「天声人語」欄で、週刊新潮のデマ手記問題を取り上げている。告発者となった男性に対して新潮側が90万円の謝礼を支払っていたことについて、「フィクションの大型新人を発掘しようということか」と皮肉を込めて書いているほか、「仲間の悲運を稼ぎの種にされた者として、悲しい怒りを覚える」と記している。さらに「週刊新潮」が来週号で掲載予定という検証記事について、「やられました、というだけの『告白手記』なら、紙のムダである」と一刀両断している。

 【アサヒコム】 http://www.asahi.com/paper/column20090411.html

広告
カテゴリー:コラム, 新潮社
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。