ホーム > コラム, 新潮社 > 「早川新潮」の敗訴額が「8500万円」超える

「早川新潮」の敗訴額が「8500万円」超える

2009年3月31日

 「週刊新潮」が2007年11月8日号で「秋田経法大を乗っ取った『創価学会』弁護士の『伝書鳩スパイ網』恐怖政治」という特集記事を掲載し、ノースアジア大学(旧秋田経済法科大学)と同理事長から名誉棄損で訴えられていた裁判で30日、東京地裁は判決を言い渡し、判決文のなかで「記事は伝聞に基づいており、当事者への取材は一切行われていない」と指摘し、発行元の新潮社に計600万円の損害賠償を命じた。
 現編集長の早川清氏が2001年8月に「週刊新潮」編集長に就任後に作成された記事が原因で敗訴するのは、確認できる範囲だけでもすでに32件目。トータルで8500万円を上回る賠償を命じられている(係争中の事案を含む。確定済みの総額は6000万円超)。新聞報道ではこの4月、朝日新聞阪神支局襲撃事件をめぐる確信犯的なデマ手記掲載などが原因で編集長を交代する予定と報じられているが、高額賠償判決が今後もつづけば、「1億円」を突破する可能性がある。
 一人の編集長のもとで、これほどの損害賠償を命じられた記録は今後容易に破られそうにない。

広告
カテゴリー:コラム, 新潮社
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。