アーカイブ

Archive for 2009年2月

矢野絢也の素顔  16  新潮手記に匹敵する“ウソまみれ”の講談社本

2009年2月28日 コメントは受け付けていません

 本日付の朝日新聞社会面によると、「週刊新潮」のデマ手記問題で「指示役」と名指しされた元米大使館職員の男性が昨日、新潮編集部の担当者らと面会し、抗議した。新潮側は記事の真偽について説明することはなく、謝罪や訂正の姿勢に応じる姿勢は見せなかったという。今週月曜日の当コラムで、小生は「『デマ新潮』の責任者『早川清』は辞めるしかない」と書いたが、実際、そのようになりそうだとの情報がある。早川の更迭時期は3月とも4月ともいわれているようだが、このままウヤムヤに済まされることは社会的にもありえないことだろう。
 ところで、現在この「週刊新潮」に政治評論の連載を行っている元公明党委員長の「矢野絢也」が講談社から新著を出したというので目を通してみた。私の感想は上記の新潮の「デマ手記」に勝るとも劣らない、お粗末な内容であるということに尽きる。
 今回の矢野本のデマは、小生流に立て分けると大きく二つ。一つは自らが89年に党委員長職を辞任するきっかけとなった明電工疑惑について、「天地神明に誓って、私は潔白である」(P126)と開き直っている点である。これではまるで泥棒が、自ら書籍を出版して、「私は泥棒ではない」と訴えているのと同じ姿である。版元の講談社はなぜこんなお粗末な記述を許したのであろうか。もともと「調書漏洩」で権力介入を招くような書籍出版部門なので仕方ない気もするが、上記の一行だけで、この本の価値は地に墜ちたも同然である。
 さらにもう一つの矢野流のウソは、一昨年末に矢野と講談社が一審で完全敗訴した名誉棄損訴訟について、公明党議員OBが訪問した際にICレコーダーで録音したデータについて、改ざんされたものであり、都合の悪い部分は削除されていると主張している点である。この裁判をほとんど傍聴してきた私は、これが矢野特有の姑息なウソであり、上記の明電工事件で見せた矢野流のウソと、その根底はまったく同一であることを指摘できる。
 矢野はここでも主張を≪変遷≫させている。裁判では、削除、連結、移動、挿入などと、改ざんの手口を幾つも指摘していたが、ここでは「削除」「連結」しか書いていない。法廷では、移動、挿入では、同じテータが記録に残ることになりますねと相手方弁護士から追及されて、矢野理論はすでに破綻していたからだ。
 逆に、矢野は「『手帳を燃やす』などと言ったことはありません」などと陳述書で主張していたが、実際の音声記録には、「燃やしてもいい」という発言が明確に残っていた。要するに、矢野の主張なるものは、自らにとって都合の悪い部分は、すべてウソをかぶせていると言っても過言ではない。
 さらに法廷において矢野は、3人とのやりとりは、「渡せ、渡せの強引な押し問答だった」と供述した。そこで相手方弁護士から、ではあなたの主張のように都合の悪い部分が削除されているというのならどのくらいの時間が削除されていると思うかと聞かれ、うやむやな回答しかできなかった。音声記録はゆうに6時間分ある。これは矢野本人が法廷で、都合4回にわたって3人と面談したと述べた各時間の合計時間を逆に上回っている量である。矢野は、「削除されている」とは言っていても、「挿入されている」とはけっして主張していない。この矛盾は何を意味するのか。
 都合が悪くなると適当に言い逃れ、さらに次の矛盾を指摘されるとさらに言い逃れるという「ウソつき」の典型パターンを示しているだけである。真実は、それ以上でも、それ以下でもない。もしほんとうに矢野が自分の主張を明らかにしたいと望むのなら、実は、その方法は誠に簡単だ。
 矢野は都合4回にわたる3人とのやりとりで、自分で録音したデータを逆に証拠として提出するだけでよい。ただその行為だけで、矢野は完全逆転勝訴できるだろう。なぜなら矢野はそこで、「渡せ渡せの強引な押し問答」が行われたと主張しているのであって、それを裏付ける明確な根拠(物証)になりうるだろうからだ。だが矢野にはそれはできない。なぜか。最初からそんな事実はなかったからだ。
 最初の一回目がアポなし訪問であったことは事実だが、少なくとも最後の2回は矢野は3人の訪問日時を事前にわかっていた。当然、「念書」まで自ら作成するほどの用心深い人物なら、いずれかのやりとりは一部ながらでも密かに録音していたと見るのがふつうであろう。それを法廷に提出するだけで矢野は裁判に勝てる。もし仮に録音していなかったというのなら、それほど恐怖を感じ、あとあと問題になると矢野自身もその時点で明確に認識していたという行為の「証拠」を、なぜ残さなかったのか。逆にそんなことすらやらなかったのなら、元政治家としてはあまりに≪お粗末≫なだけである。
 講談社は、自分の金儲けのために“詐欺師”とも親密に交際してきた「落ちぶれた元政治家」を使わないと仕事ができないほど、「深み」にはまっているようだ。同社がこのほど過去最大の赤字を計上したのも、理由のないことではない。創刊50周年を迎えた「週刊現代」の廃刊も秒読み段階のようだ。日本の週刊誌(特に出版社系)は終わっている、との実感をもつ。

 【アサヒコム】 http://www.asahi.com/national/update/0227/OSK200902270092.html

カテゴリー:コラム, 新潮社

読売新聞も元米大使館職員に取材・接触

2009年2月27日 コメントは受け付けていません

 本日付の読売報道によると、読売新聞記者は週刊新潮が掲載した一連の“問題手記”において朝日新聞阪神支局の襲撃を依頼したことになっている元米大使館職員とこのほど接触し、「週刊新潮」が元職員に事前に行った取材で、新潮側は、元職員の回答内容の都合の悪い部分を意図的にカットし、記事で使わなかったことを明らかにした。これはいかにも新潮らしい手法で、売上をのばすためにおもしろおかしい記事につくりあげるための同誌のいつもながらの方法であり、「事実」とかけはなれた“創作ノンフィクション”の手口にほかならない。読売記事では、犯行を指示したと指摘されたこの男性が「法的措置も考える」と語ったと報じている。
 これらによると、「週刊新潮」は当然とるべき≪基本的な裏づけ≫さえとっていなかった可能性が高い。さらに虚言癖の持ち主かもしれない人物の供述内容を、「秘密の暴露」などと開き直っているのが実情だ。
 元職員の主張する内容が事実なら、元職員は「週刊新潮」を刑事と民事の双方(名誉棄損)で告発し、早川編集長以下の確信犯的な「虚報」関係者を、警察の取り調べのもとにおくことが望ましい。なぜなら、この手記で指摘されたことは、米国の公的機関の一部が日本の報道機関を襲わせたという驚くべき内容であり、事実かどうかを明らかにさせることは日本の国益にも合致するからだ。

 【読売オンライン】 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090226-OYT1T01249.htm

カテゴリー:コラム, 新潮社

「デマ雑誌」の“開き直り”方講座

2009年2月26日 コメントは受け付けていません

 首都圏で本日発売された「週刊新潮」(3月5日号)が朝日新聞の検証記事に対し、2ページの反論記事を掲載した。主張内容は、当事者しか知らない「秘密の暴露」はすべて手記内で明かしているとし、現場から持ち去った緑色の手帳、繊維片などがそれらに当たるという。
 小生が最も関心をもつ事柄のひとつは、証言者の証言内容が≪変遷≫したという朝日側の指摘である。それに対し、新潮の反論記事は、「自分たちのほうが朝日より長い時間取材した」(趣旨)というだけのもので、およそ反論になりえていない。法廷における主張でもそうだが、主張が変遷するということは、通例は真実を語っていないものとみなされる。なぜなら真実は一つであるからだ。もちろん本人の記憶違いなどは当然起こりうるにせよ、殺害された朝日記者を「狙った犯行」という供述と、「金が目的であり、特定の記者を狙ったわけではない」との供述は、およそ記憶違いから生じるような性質のものではないと思える。
 要するに、証言者がどのような≪人格特性≫をもつ人物であるかを見極めることが、こうした証言の場合、非常に重要になる。その意味では、本当に「正体は暴力団員で詐欺師」(週刊朝日)と指摘されるような人物なのか、きちんと見極める必要が出てくるはすだ。もちろん、この証言者の過去の行動歴をみれば、それらの特性はある程度、位置づけられよう。
 その意味では、これまで報じられていることから判断する限り、この男性が、真実を正直に述べるタイプの人間であるかどうかということについては、現状では大きな疑問が残る。さらに男性が朝日新聞の取材に応じていない事実も、男性の証言内容の真実性に疑問符をつける要因の一つだ。
 「週刊新潮」は自信満々に書いている。「朝日新聞社の本は筆者が違っていても、すべてにおいて整合性があるとでもいうのだろうか」。冗談も休み休みに言えというところだろう。
 新潮社から過去に発刊された一橋文哉著『「赤報隊」の正体』は、現在、週刊新潮編集長の早川清が深くコミットしてできた単行本であり、同じ人物が編集責任をつとめる雑誌「週刊新潮」でまったく違うことを主張し始めたからこそ、問題として指摘されているわけだ。“姑息な言い訳”にもほどがあるということではないか。一橋の正体についてはすでに「噂の真相」(02年7月号)などが詳報済みだ。
 最終的に、新潮側は手記内容が真実であるかどうかを判断できるのは「警察当局のみ」と開き直っている。最初からこれが彼らの落としどころであったと思わざるをえない。「週刊新潮」は表紙の隅にでも、「創作のまじった雑誌」であることをきちんと明記したおくほうが読者に親切というものだろう。

カテゴリー:コラム, 新潮社

矢野絢也の素顔  15  内部情報を外に漏らし続けた“背信の徒”

2009年2月25日 コメントは受け付けていません

 1988(昭和63)年は公明党にとって“受難の年”だった。党所属の国会議員が不祥事で逮捕・起訴される事件が初めて起きたほか、明電工疑惑の中心者であった中瀬古功が逮捕・起訴され、それにつづいて公明党のトップであった「矢野絢也」の名前が取りざたされるようになった。最初に中瀬古と矢野の関係を指摘したのは、同年8月6日付の産経新聞とされ、さらに11月になると「赤旗」や「東京スポーツ」が疑惑を詳しく報じ、12月の「朝日新聞」のスクープでそれらは決定的なものになった。じりじりと真相を追及してくる朝日新聞は、矢野にとって厄介な存在に映ったにちがいない。
 いまから振り返ると、同じ系列の「週刊朝日」が同年8月5日号に掲載した「藤原行正都議の衝撃発言」と題する5ページの特集記事は、矢野絢也の“二重人格”ぶりをそのまま浮き彫りにするものだった。この記事で藤原行正は、矢野が以前から反学会ジャーナリストとして知られる「内藤国夫」に対し、教団中枢の情報を密かにリークし続けていたことを指摘し、矢野と内藤との関係について「とにかく親密ですよ、2人は」と証言していた。
 その後明らかとなる明電工の仕手株問題でも、内藤国夫は明電工の“提灯記事”を自ら手がけるなどし、中瀬古からもらった金で自宅を新築したという話も流れていた。矢野が自己資金を明電工がらみの株売買に投入していたことはすでに公知の事実だが、ここにも矢野と内藤の密接な関係を思わせる「痕跡」が明瞭に残っていた。
 上記の「週刊朝日」記事によると、内藤は矢野のもとに「新宿の田中」などといった偽名を用いて頻繁に電話連絡していたといい、そうした機会に矢野は学会・公明党の中枢情報を提供していたようだ。要するに、矢野は味方のふりをして敵対者に内通してきた“不倶戴天”ともいえる存在であり、その意味では、“背信の徒”といわれても仕方がない。
 それから3ヵ月ほど後、矢野は自身と明電工疑惑との関わりを詳しく報じた東京スポーツや朝日新聞社を刑事告訴してみせたものの、一方で同人をあたかも「スパイ扱い」した上記の週刊朝日の記事に対しては、一切そうした法的措置をとらなかった。これでは自分が“マッチポンプ”のスパイであったことを自ら認めるようなものであり、そのような人間が当時、公明党委員長を務めていたことになる。
 矢野絢也の二重人格・背信性は、こういうところにも顕著ににじみ出ている。面従腹背、表の顔と裏の顔はむしろ逆であったことをおのずと示しているからだ。

カテゴリー:コラム, 矢野絢也

「週刊新潮」デマ手記問題 死んだはずの実行犯が生き返った早川ノンフィクションの不思議

2009年2月24日 コメントは受け付けていません

 「週刊新潮」の今回の≪デマ手記≫がメディア各社の反発を受けている。本日発売された「週刊朝日」「サンデー毎日」でもこの問題の特集が組まれたほか、新聞では本日付の読売、朝日、産経なども同様に扱っている。朝日新聞は、この手記で「犯行の指示役」と指摘された元米大使館員が昨日、朝日新聞記者同行のもとで新潮社(東京・新宿区)に抗議に出向いた内容を記載しており、今後何らかの民事訴訟に結びつくかが注目される。
 昨日付の朝日新聞ですでに簡単に指摘されたことと関連することだが、現在「週刊新潮」編集長をつとめる早川清氏は「新潮45」編集長時代に一橋文哉のノンフィクション『「赤報隊」の正体 朝日新聞阪神支局襲撃事件』(2002年刊行)の連載を手がけていた。後日、一橋氏らが別件で訴えられた名誉棄損裁判で、新潮社側は次のような準備書面を提出したことがある。
 「『一橋文哉』とは筆名であるが、その名前で発表された作品には複数の人物がかかわっており、チームを構成する人物もその時々により変動する。同人名の著作は先ず新潮社発行の月刊誌『新潮45』に掲載され、後日、単行本化されることが多い。本件『オウム帝国の正体』についていえば、早川清(現週刊新潮編集長、元新潮45編集長)が、その取材チームにおいて企画、プロジェクト全体の取りまとめ役として関与していた」(東京15ワ1875事件、新潮社側準備書面、2004年11月25日付)
 つまり、この一橋プロジェクトチームなるものは、早川氏がキャップをつとめ、取材記者はときどきに応じて変わるというもので、まず「新潮45」で連載したあと、単行本化され、さらに文庫化される流れになっていた。早川氏が関わったと見られる上記の『「赤報隊」の正体』の記述では、実行犯はすでに2001年に死亡したことになっていた。だが、同じ早川氏が手がけた今回の手記は、その実行犯がなぜか墓の中から“生き返った”ようだ。そのことの整合性を、同人は世間に説明する「義務」がある。
 今回の問題手記が掲載された背景には、売れれば何をしてもいいという安易な発想が見え隠れする。実はこうした発想は、現在の早川清氏を頂点とする新潮ジャーナリズムの手法としては、これまで一貫してきたものにすぎない。今回の事件はすでに「時効」を迎えており、真犯人が出てくるとも考えにくいので、あえてこの話を掲載しても、「逃げられるだろう」とタカを括ったのではないかと小生は考えている。もし真犯人が別にいて、「いや犯人はそいつじゃない、新潮はウソをつくな」とでもいう人物が現われればとんだ赤っ恥をかくことになるが、そんなおそれはないと踏んだはずだ。
 「週刊朝日」は今回の実名手記の執筆者について、「正体は暴力団員で詐欺師」と言い切っている。となれば、「週刊新潮」という名の報道媒体(?)は、詐欺師に騙された“おバカな雑誌”ということでしかない。同誌は過去にも創価学会報道において、山崎正友という名の“詐欺師”に何度も騙されてきた雑誌にほかならないが、取材対象は異なるものの、その体質は何ら変わることのないことを今回の事件で満天下に示したことになる。

 【アサヒコム】 http://www.asahi.com/national/update/0223/OSK200902230085.html
 【読売オンライン】 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090224-OYT1T00105.htm

カテゴリー:コラム, 新潮社

「デマ新潮」の責任者「早川清」は辞めるしかない

2009年2月23日 コメントは受け付けていません

 「週刊新潮」が4週にわたって続けてきた朝日新聞阪神支局襲撃事件・実行犯を名乗る右翼関係者の連載手記が終わり、その間に信憑性が薄いと判断してきた新聞各社や他誌の“本格反撃”が始まった。本日付の東京新聞が「こちら特報部」の欄でこの問題を特集しているほか、当事者である朝日新聞が本日付で紙面の1ページを丸々使った検証記事を掲載し、新潮連載について「創作としか思えない話が延々と続く内容は、読者をいたずらに混乱させるだけ」「週刊新潮は確かな裏づけ結果を記事中に示さなかった」と厳しく批判した。
 さらに朝日新聞が収監中だった同手記の著者に取材した際の内容と、今回の新潮手記の内容が多くの点で「変遷」していることも具体的に指摘。兵庫県警の警備部幹部による「記事には犯人しか知りえない『秘密の暴露』がなく、事実に基づく証言とは考えていない」とのコメントも付されている。
 「週刊新潮」の編集長・早川清氏は2001年8月、松田宏の後を受けて、「新潮45」編集長から異動した人物で、「45」時代は、一橋文哉というペンネームの元毎日新聞記者によるノンフィクションなども手がけた。一橋の著作として、今回とテーマの重なる『「赤報隊」の正体』と題する単行本も新潮社から発刊されているが、本日付の朝日検証記事では、それらとも今回の新潮連載は内容が異なっているため、「今回の週刊新潮の記事との整合性のなさを、新潮社はどう説明するのか」と批判している。
 早川氏は編集長に就任して約7年半の間に手がけた記事で、判明分だけでも31件もの名誉棄損裁判で敗訴しており、賠償命令総額は8000万円にものぼっている。その多くが真実性・相当性の欠落によるもので、そのため、同誌はこれまでも「デマ雑誌」の汚名を浴びてきた。もともと売れるなら何をしてもいいという体質が同誌には根付いているとされ、“コメント創作”なども日常的に平然と行われていると指摘されてきた。編集の責任者である早川清氏は、できるだけ早い時期に堂々と記者会見を行い、世間を混乱させた≪社会的責任≫を読者に詫びるべきであろう。それすらできなければ、あの“酔っ払い大臣”以下と言われても仕方がない。
 早川氏にはもはや、「辞任」という言葉しか残っていないようにさえ思える。「新潮ジャーナリズム」という名の“捏造ジャーナリズム”は、もはや終わりを告げたようだ。

 【アサヒコム】 http://www.asahi.com/national/update/0222/OSK200902220043.html
 【東京ウェブ】 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2009022302000054.html

カテゴリー:コラム, 新潮社

矢野絢也の素顔  14  「詐欺師」と親密に付き合う

2009年2月22日 コメントは受け付けていません

 2000年8月28日、東京地検特捜部の手によって一人の詐欺師が逮捕された。証券投資会社クレアモント・キャピタル・ホールディング社長の古倉義彦(当時39)などで、容疑は中堅生命保険会社・大正生命保険から85億円を騙し取ったというものだった。さらにその後も取り込み詐欺が発覚するなど、余罪は相次いだ。結局、大正生命はこれをきっかけに“破綻”することになる。ひとりの詐欺師の行動により、わが国の金融機関がひとつ潰れたのだ。東京高裁は2005年、詐欺罪で古倉に懲役8年の実刑を言い渡した。現在、服役中のこの男の金儲けのアドバイザー的役割を果たしていたのが実は「矢野絢也」であったことは、意外と知られていない。
 「中央公論」(2000年11月号)などによると、古倉は矢野のことを「師」と仰いでいたようだ。記事には次のように書かれている。
 「矢野氏は平成9年6月、新宿区内に約100坪の土地を取得、翌年、3階建ての豪邸を新築している。ワインセラーなどもあって、贅をつくした造りに訪れた人は矢野氏の資産家ぶりに驚くほどだが、『矢野さんも凄い家を建てたもんだね』といった友人に対し、古倉被告は『まァ、僕がついているんだから』と、ニヤッと笑って答えたという」
 ここで書かれた「豪邸」とは、現在矢野が居住する新宿区・市谷甲良町の自宅のことで、文面どおりに受け取れば、この詐欺師の世話になって新築した建物のようである。
 古倉受刑者は、詐欺事件の公判中にも、虚偽文書を証拠提出するなどし、別件の有印私文書偽造で有罪(懲役10カ月)が確定している。あの“希代のペテン師”山崎正友も、自身の刑事事件において虚偽文書を提出して問題になった過去があるが、詐欺師と呼ばれる者たちは、どこまでも似たような行動をとるものだと感心させられる。そんな詐欺師たちと、金のためならと親密に交際してきたとされる「元公明党委員長」という存在など、“社会悪”そのものとしかいいようがあるまい。
 ひと様のためでなく、「自分のため」。矢野はひたすらこの生き方に徹してきた。そんな≪詐欺師のお仲間≫の書物を今後も刊行予定という講談社は、そのへんの事情をよくよく弁えたほうがよい。

カテゴリー:コラム, 矢野絢也