アーカイブ

Archive for 2009年1月

矢野絢也の素顔  3  抜けない「虚言癖」

2009年1月31日 コメントは受け付けていません

 政治家が自らの不始末や不祥事を指摘され、秘書のせいにしたりして言い逃れる光景は日常茶飯事のことである。矢野絢也が明電工事件で見せた言い逃れも“迷走”を重ねた。その習性はいまもまったく変わっていないようだ。
 2006年12月。その瞬間、主任代理人の弘中惇一郎弁護士は天を仰ぐようにし法廷内で呆然とした様子を隠さなかった。一方、矢野絢也本人は、証言席に座ったまま、両手を硬直させたように伸ばし、そのまま動かなかった。元国会議員OB3人が矢野と「週刊現代」を発行する講談社を訴えた名誉棄損裁判。3人が矢野の自宅で会話したときのやりとりを記録した音声があることを原告側代理人が矢野に伝えた瞬間の光景である。
 矢野はそれまでさんざんに虚言をふりまいた。自分に有利なように話を勝手にねじまげ、平然としていた。原告側は最初から、さんざんウソを言わせ、最後にドカンと証拠を突き詰ける方針だったのだろう。いわゆる“弾劾証拠”と呼ばれるものだが、柔道で言えばだれの目にも明らかな、鮮やかな一本勝ち。矢野は観念するしかなかった。この瞬間、この裁判の帰趨は決まったといってよかった。
 事実、一年後の2007年12月、東京地裁の一審判決において、矢野・講談社側は660万円の損害賠償と謝罪広告掲載を命じられた。矢野の「偽証」を暴かれたことが敗訴の根本的な要因になったように見える。
 講談社が発行する「週刊現代」は1959(昭和34)年3月30日に創刊された。皇太子の結婚を目前に控え、週刊誌の創刊ラッシュがつづいたころである。以来、50年。その雑誌はいまや年間20億円の赤字媒体とも指摘されている。その記念すべき年にこの雑誌は謝罪広告の掲載を余儀なくされる可能性が高い。
 話は戻るが、矢野絢也とウソは切っても切れない関係にある。そのウソを、自分の立場を守るために使っているのが、同人の特徴でもある。所詮は、「三流」の元政治家というしかない。こういう晩年は過ごしたくないものだ。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野絢也, 講談社

矢野絢也の素顔  2  追い詰められる“ポーズ訴訟”

2009年1月30日 コメントは受け付けていません

 元公明党委員長の矢野絢也が昨年教団を脱会し、提訴に至ったことはすでに本人がメディア上などでさんざんに騒いできた。実はこの約1年半ほど前に、矢野が訴えた別の名誉棄損裁判があった。ある雑誌社を対象に訴えたものだが、矢野はこのことを公には一言も触れたことがないようだ。「財界にっぽん」という雑誌で、同誌は2005年12月号から、矢野の「原野商法」被害を訴える当事者の手記を掲載するなどして、矢野批判キャンペーンを始めた。その一連の流れのなかで、矢野が出身高校である大阪府立山本高校の同窓会からカネを騙し取ったとの記事が掲載されると、まもなくそれらを名誉棄損で訴えたのである。現在、訴訟は進行中のようだが、実は、この裁判のほうが冒頭の訴訟よりも先に結果が出ると見られていることもあり、関係者の間で注目されている。
 例えば現役の政治家などがメディアの種類を問わず、自身の醜聞を記載され、「事実でない」と主張して訴えるケースはまま見られる。いわゆる“ポーズ訴訟”というべきもので、判決では請求が棄却されて、逆に訴えたことで「墓穴」を掘ることが多い。極端な場合は、ポーズで訴えておいて、ほとぼりが冷めたころに勝手に取り下げるといった政治家もいる。実はこの裁判もこうした“ポーズ訴訟”の側面があると見られるからだ。
 政治家がらみではないが、ポーズ訴訟で墓穴を掘った著名な例としては、日蓮正宗の阿部日顕という法主(当時)が米国シアトルで売春婦とトラブルになった過去の出来事を指摘され、「ホテルから一歩も出ていない」などと虚言をはいて名誉棄損提訴し、逆に一審判決で真実性を認定されてしまうという失態をさらしたことがある。さらに最近も、元弁護士の山崎正友がこれもウソ、あれもウソと言って訴えていた裁判で、ほぼすべての争点で記述内容の「真実性」が認められ、請求を棄却されて墓穴を掘った。実は矢野の訴訟も、これらと同じ結果になるのではないかと見られているからだ。
 雑誌社を訴えた裁判で不可解なことは、それまで延々と続けられてきた「原野商法」疑惑のキャンペーン記事に対しては一切訴えることもなく、逆に2〜3度扱ったにすぎない山本高校同窓会事件だけを訴えている点である。このことは、自らが過去に有力支援者を「原野商法」で騙したという事実を認めているに等しい訴訟行為にほかならない。
 矢野絢也が争点の核心部分においてさえ法廷でシャーシャーと虚言を用いることは、同人が一審で完全敗訴した「週刊現代」裁判ですでに実証済みである。山崎正友などと同じく、金銭欲にまみれた人間の用いる“虚言”は、最後は必ず法廷で真実を暴かれるという証明かもしれない。

 ●「週刊新潮」が本日も敗訴
 http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20090130010009751.asp

カテゴリー:コラム, 矢野絢也, 講談社

ペテン師・故「山崎正友」が全面敗訴  東京地裁

2009年1月29日 コメントは受け付けていません

 元弁護士で昨年末に死去した山崎正友が2005年7月、野崎勲氏(故人)が執筆した記事などをめぐり野崎氏の遺族、創価学会、秋谷会長(当時)、池田名誉会長に対し当初総額8000万円の損害賠償を求めていた裁判で、東京地裁(民事32部)は28日午後1時すぎ、原告の訴えをすべて棄却する判決を言い渡した。これにより、虚偽にまみれた山崎の主張は、すべて“排斥”される結果となった。
 対象となったのは聖教新聞社が発行する「創価新報」に2002年に連載された野崎勲氏の筆による記事のほか、それらをまとめた単行本『人間失格・こんな悪い奴はいない』などで、これらの記述内容について山崎はいずれも虚偽であり、名誉棄損にあたると主張して訴えていた。
 同人は2002年から横浜地裁小田原支部にも同様の名誉棄損訴訟を次々に起こしていたが、この裁判はいちばん最後に起されたものだったこともあってか、訴訟を速やかに進行させるために、あえて小田原支部で中心的な争点となっていた巨額手形詐欺などの記述を除外し、(1)宮本宅盗聴事件(2)クルーザー遊覧(3)麻雀賭博(4)不倫問題(5)考える会ビラ発行による闇金疑惑(6)墓苑事業にからむ裏金取得などの記述に絞って審理を進めてきた。最後に起こされた裁判ながら、最初に判決が出たのはそのような事情による。
 最初の証人調べは昨年7月に行われ、峰岸証人、佐貫証人、木村証人、山崎本人が出廷。さらに2回目の証人調べは同年9月に行われ、浜中和道証人と山崎本人が証言した。
 山崎はこの裁判を含めた一連の裁判で、あれも名誉棄損、これも名誉棄損と手当たり次第に訴訟をふっかけ、争点を膨大に膨らませ、その結果、小田原のほうは提訴から6年半がすぎても証人調べに入れないという、通例の名誉棄損訴訟では到底ありえない展開になっていた。そうした“ポーズ訴訟”の一部とはいえ、6項目にもわたった争点がいずれも崩れた(=棄却された)ということは、山崎がいかに虚偽を構えて訴訟を起していたかが白日の下にさらされたことになる。判決内容はそれらの記述すべてが違法性をもつ名誉棄損に当たらないとするもので、記述の正しさが裏づけられた形だ。
 ちなみに途中から原告・山崎の代理人となっていたのが、共産党系法律家団体として法曹界でその名を知らない者はいない「自由法曹団」の中心者・松井繁明弁護士で、同人はこのような詐欺師まがいの人物を擁護してきただけに、同団体は長年の人権闘争の歴史にキズを付けることになった。
 さらに山崎側の証人として出廷した佐貫某は、日蓮正宗・阿部日顕の直属の謀略部隊「妙観講」の構成員の一人で、長年にわたり山崎の“カバン持ち”として動き、96年の信平狂言事件では、山崎の名代としてさまざまに工作をしかけた張本人として知られる人物。いわば詐欺師にいいように使われてきた“手下”であり、それでいて法廷ではさまざまにボロを露呈させ、山崎敗訴の一因となった。
 いずれにせよ、原告の死去後にもかかわらず、山崎の生前の言動の多くのウソが弾劾されたわけであり、死後においても、同人の“ペテン師”ぶりを証明したという意味でも貴重な判決となった。
 私事ながら、裁判長は高部眞規子裁判長で、小生が日本共産党に03年に訴えられ、同党が訴えを取り下げるまでを担当したのと同じ人物であり、個人的には懐かしい思いがした。相変わらず、テキパキと男勝りに、ときに厳しく訴訟指揮をとった結果、なんとか一審判決にたどりついたように見えた。

カテゴリー:コラム, 山崎正友

矢野絢也の素顔  1  公明党の“反面教師”

2009年1月28日 コメントは受け付けていません

 金銭スキャンダルで引責辞任した“唯一”の元公明党委員長・矢野絢也(76)。昨年5月、半世紀以上にわたって在籍した支援団体の教団を脱会した。同時に教団を民事提訴し、反逆の姿勢を露わにした。訴訟内容は(1)言論活動の中止強要(2)手帳等の持ち去り(3)機関紙による誹謗中傷(4)寄付要求といったもので、雑誌にもその内容を盛んに宣伝し、裁判は現在、係争中である。上記の主張はいずれも矢野側の主張であり、認められるかどうかはわからない。
 いまから20年前、四半世紀以上にわたり公明党の代議士をつとめ党のナンバー2と代表職を務めた人間が、自らの蓄財行動をマスコミから告発されて引責辞任した。そんな代表職は公明党の歴史上、かつて存在しなかった。議員引退すると見られたが、もう一期、議席にしがみいた。引退後は静かに過ごすわけでなく、「政治評論家」に転身した。現実政治で敗れ去った男が、今度は評論家に身を“落とした”のである。そんな姿を見た支持者や支援団体が、「信仰人としてあるべき姿に戻れ」と教訓めいた指導を行ったことはきわめて別次元の話であろう。
 まったくもって身から出たサビにすぎない。だが、この種の人間は、自分の過ちを指摘されると逆上することがままある。平静な心を失っているからだ。その意味で、矢野絢也の「議員生活30年」は、そのまま“欲得にからめとられた日々”と言い換えることすらできる。“金銭の奴隷”と化して初心を見失った元政治家は、逆に相手に責任をなすりつけ、攻撃し始めたからだ。自分を素直に見つめることができないゆえの行動であり、その帰結が、冒頭の裁判提訴となったわけである。
 そうして矢野は、自らの動きを政局に反映させようとさえしている。民主党に食い込み、さらには公明党攻撃に利用しようとしているからである。かつて公明党委員長を務めた人間が、現実政治で「墓穴」を掘ったあと、今度は出身政党を攻撃する。草創期の党建設に費やした自身の行動のすべてを、自ら「全否定」する行為にほかならない。まったくの愚か者といってよい。
 矢野は政治家としての「特権」を勘違いし、国民のためにそれを使うのではなく、結果として「蓄財」という自己利益のために用いた。何のために政治家を志すのかという公明党の立党の原点を見失った「議員失格者」の象徴である。さらに一連の行動に見られる姿は、人生の敗残者そのものだ。
 矢野絢也は今後二度と公明党から出してはならない政治家の“典型例”として、歴史に刻まれる。

カテゴリー:コラム, 矢野絢也

「週刊新潮」がまた敗訴  今度は楽天に

2009年1月27日 コメントは受け付けていません

 「週刊新潮」の記事で名誉棄損されたとして楽天などが発行元の新潮社を訴えていた裁判で、東京地裁は26日、新潮社に990万円の損害賠償を命じる判決を言い渡した。問題となったのは、「水面下で捜査が進む『楽天』三木谷社長の『Xデー』」と題する2006年9月7日号の記事などで、楽天側はこの記事により株価が下がったなどと主張していた。判決文では、「新潮社の取材結果はいずれも伝聞にすぎず、記事を事実と認めることはできない」と認定し、楽天に550万円、三木谷社長に440万円の賠償額を算定したもの。同記事の担当デスクは、内木場重人。
 「週刊新潮」の敗訴が報じられたのは今年になって初めて。現在の早川清編集長が就任後に作成した記事で「週刊新潮」が命じられた賠償額は、すでに「約30件・7500万円」にものぼる(和解終結分を含む)。一人の編集長が司法によって命じられた賠償額としては、日本史上最高記録を更新中で、今後、他誌が抜くことはほとんど無理とも思える“不名誉な数字”である。
 【共同通信】 http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20090126010006451.asp

カテゴリー:コラム, 新潮社

学者本も指摘した矢野絢也の「原野商法」詐欺

2009年1月26日 コメントは受け付けていません

 山崎正友の死について次のように指摘しているサイトがあった。
 「彼とそのお仲間たちの『創価学会批判』のおかげで、創価学会に対するまともな研究や批判が壊滅状態に陥った、と私は思っている。彼らは生活のために『創価学会批判』という名目の営業活動を続けていただけである。山●●友サンたちのおかげで、創価学会批判は30年は遅れたと思う。だから冥福を祈る気にはならない」(http://siawaseo.exblog.jp/)
 山崎らの意図的な情報工作活動の結果については、小生も似たような感想をもつ。ここで「そのお仲間」と指摘されているのは、現存する人間に即していえば、段勲や乙骨某などの面々であろう。さらにこのサイトの記述はこうつづく。
 「幸いなことにようやくここ数年は島田裕巳さんがまともな『創価学会論』を書いているので、マスコミやジャーナリズムも多少は風向きが変わり始めたような気もする」
 小生はこの部分についてはやや異なった感想をもつが、その学者が上梓した『民族化する創価学会』(2008年)では、同じ学者でも福本潤一などの偏った本とは異なり、元公明党委員長・矢野絢也の過去の悪事などもきちんと記載されている。例えば、「浮上した原野商法詐欺疑惑」(P162)などが一例で、その意味では、客観的なスタンスといえよう。
 矢野絢也は衆議院に当選してまだ5〜6年のときに、有力支持者の一人に北海道の原野を「将来新幹線が通る」などと秘書を使ってもちかけて購入させ、自分の親族がかかわる会社に利益をもたらしていた。近年になって被害者家族が怒りの告発を行い、そこで発覚した問題である。この件について矢野は、口先とは反対に、事実上の「容認」の姿勢をとっている。
 なぜなら、一切、名誉棄損でも訴えていないからだ。民主党幹部らが擁護したマルチ商法は悪徳商法の一つに数えられるが、原野商法も典型的な悪徳商法。公党の委員長をつとめた人間が、こんなあこぎな商売にかかわっていたのだから、天下の笑いものだ。「詐欺師」といわれても仕方がない。

カテゴリー:コラム, 山崎正友, 民主党

あらゆる利益を貪(むさぼ)り尽くすサイコパス

2009年1月25日 コメントは受け付けていません

 サイコパスは自分の欲望を満足させるために遠慮会釈なく行動する。それは人間の根本的な欲望、すなわち食欲、性欲、物欲に基づくため、金銭問題や異性問題などにおいて顕著な特徴を示しやすい。通常の人間が持ち合わせている“良心の呵責”(「理性」と置き換えてもよい)を持ち合わせていないことが特徴なので、その分、自由奔放に行動する傾向が明らかだ。
 例えば、顧問先を恐喝して資格を失った元弁護士・山崎正友は、恐喝事件を起したあと、当時、教団と対立していた宗教団体グループ正信会から資金援助されて生活していた。刑事裁判の活動をつづけられたのもそのためである。当時、大分県に山崎が懇意にしていた正信会住職の寺院があった。近くに飲食店を経営する寺の有力な女性信徒がいた。住職にその店に連れて行かれた山崎は、この女性に目をつける。女性が自分のことを“教団と戦う英雄”であるかのように尊敬する感情をもっていることに目をつけ、誘いをかけたのだ。
 一般にサイコパスはこのように相手の気持ちを読む能力にたけており、そうした特技を使って、自分の欲望を満足させるために効率的に行動する。一言でいえば、相手の弱みを見抜く力が一般人より格段に優れているということだ。山崎はこの女性を食事に誘い出し、ホテルで半ば強引に関係を結んだ。以降、そうした肉体関係とともに、金銭まで出させる関係となる。「カネ」と「性的満足」を一挙両得で得ることができたわけだ。それでいて、懇意としていた当時の住職の妻とも不倫を重ね、後年、この女性と再婚している。このようにサイコパスの性行動は一般人とはかけ離れており、見境いがない。
 三浦和義の場合はこの点はさらに顕著である。例えば銃殺された3番目の妻の関係では、その妹(既婚者)らにも、平気で「ラブホテルに行こう」と誘っていた。同人の性行動が病気の域にあることは多くの関係者が知っていたことでもある。
 サイコパスと見られる者たちが、欲望を満たすために自由奔放に行動するのは≪共通した傾向≫である。そのため、そのサイコパスを分析した書物などでは、「捕食者」という用語が頻繁に飛び出す。ヘビが自分の目の前に現れた野ねずみなどの獲物を勝手気ままに捕食するように、サイコパスは、周りの人間を平然と “捕食”する。その意味で、サイコパスの行動特性は、爬虫類のそれに似ている。欧米でサイコパスのことを“スーツを着たヘビ”と別称するのはそのためであろう。
 上記のようにサイコパスには「サイコパスの法則」ともいうべき顕著な特徴が見受けられる。東村山のサイコパスにこの理論が当てはまるかどうかは、さらに実証的な研究を重ねていくつもりだ。