ホーム > コラム, 山崎正友, 日本共産党 > 共産党すら無視した山崎正友の死

共産党すら無視した山崎正友の死

2008年12月31日

 12月29日の山崎正友の死去のニュースは一般紙で扱われることはついぞなかった。注意深く30日付と今日付の各紙(一般紙)に目を通してみたが、訃報記事として扱ったメディアは見当たらない。山崎が恐喝事件を引き起こした1980(昭和55)年に同人の意図的なリークでさんざん“漁夫の利”を得てきた日本共産党でさえも、機関紙「しんぶん赤旗」紙上で取り上げることはなかった。もっとも同党は志位体制に移行して以降、機関紙上であからさまな学会批判を手控えるようになっており、その延長線上と思えなくもない。
 ひとつは、そうした行動が同党のメリットにならないことを党幹部らがようやく悟ったこと、党勢がガタガタになっており余力もすでに存在しないことなどが背景にあると思われる。それにしても、山崎は同党にとっては「大きな恩人」のはずだったが…。山崎が提訴した一連の名誉棄損裁判の一部を弁護士として最後まで支えたのも、同党の幹部弁護士らであった。
 山崎は過去に3億円恐喝事件と5億円恐喝未遂事件を起こした「元犯罪者」(懲役3年)であり、さまざまな宗教団体を渡り歩き、最後は過去に口汚く罵っていた日蓮正宗の世話になっていた。今後、山崎の死亡ニュースを扱うと思われるメディアは、妙観講機関紙「慧妙」や、1月7日発売の「週刊新潮」(墓碑銘の欄あたりか)、ガセネタ屋発行の「フォーラム21」くらいか。
 死亡直後に同人の死去を報じる一般メディアがほとんど存在しなかった事実は、山崎が社会的にはなんらの価値も有しない人間であったことを物語る。哀れな結末である。

※本年一年間たいへんお世話になりました。来年も“正確な情報”を発信するよう努めます。(Y)

 ※山崎正友の訃報記事はその後、1月3日付の朝刊でようやく報じられた。
 【産経ニュース】 http://sankei.jp.msn.com/obituary/090102/obt0901022227001-n1.htm

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。