ホーム > コラム > 定額給付金、留学生や研修生にも

定額給付金、留学生や研修生にも

2008年12月21日

 総務省が昨日、定額給付金の支給対象者などを発表した。注目されるのは外国人に対する扱いで、永住外国人に加え、その配偶者、日本人配偶者、日系人などの定住者や、さらには留学生や就学生、研修生をも支給対象としていることだ。このことは、日本社会がすでに「日本国籍保持者」(いわゆる日本人)だけでなく、多種類の外国籍住民によって支えられており、その支えなくして成り立っていかない社会であることを、政府が認識している証明であろう。
 すでに将来を見据え、介護や看護の分野にもインドネシアなどから人材を求めているのがわが国の現状である。外国人に排外的な態度をとっていては、日本は必ず滅びる。
 わが国は永住外国人をはじめとする外国籍住民に地方参政権を付与し、日本社会の一員として意思反映してもらう仕組みを早期につくることが望ましい。
 その意味で、今回の支給対象者の広がりはおおいに歓迎できる。

広告
カテゴリー:コラム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。