ホーム > コラム > 田母神前空幕長の確信犯的動き

田母神前空幕長の確信犯的動き

2008年11月30日

 「日本は侵略していない」などと主張する論文執筆がきっかけで航空自衛隊トップの地位を追われた田母神俊雄・前空幕長が今後多くの講演会を予定しており、政府関係者がやきもきしているという。これらの講演会で同氏は持論をとうとうと主張すると見られており、これらの言動が与党批判につながるだけでなく、周辺アジア諸国との関係悪化を懸念する声が強いためだ。
 自衛隊は、海外活動を本来任務とする組織となったが、その元トップが旧日本軍の過去の行為をすべて免罪するかのような発言を繰り返すことは、そもそもが国益に反することであり、政府・与党はそれらの行為を事実上放置するしかないため、厄介の源と受け取られているからだ。 
 もともと同人の主張は、旧日本軍の中国侵略の多くは「共産党の工作・謀略」という内容の荒唐無稽なもので、いわゆる事実的根拠を欠いた責任逃れの一方的な主張でしかない。緻密な調査で定評のある保守者論客の秦郁彦氏でさえ、これらの≪俗説≫(=共産党謀略説)を明確に否定している。
 だが、こうした根拠の欠如した主張を繰り返す人間たちというのは、ある種、限られたグループであり、なかには櫻井よしこなどといった著名な「ジャーナリスト」なども含まれているものの、その多くは事実認識能力に問題のある人たちだ。その意味では、政治家(特に与党)がもっと明確に、同人の主張の何が誤りかを指摘し、世論に働きかけるべきだと感じる。
 【毎日jp】  http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081130k0000m010061000c.html

広告
カテゴリー:コラム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。