ホーム > コラム > 『池田大作の軌跡Ⅲ』を読む

『池田大作の軌跡Ⅲ』を読む

2008年10月6日

 潮出版社から出たばかりの『池田大作の軌跡Ⅲ』に目を通す。創価学会的には有名な昭和31年秋の山口開拓闘争の歴史が綴られている。若き日の池田名誉会長が作戦の全責任を担い、山口県の会員拡大に取り組んだ戦いである。さらに舞台はヨーロッパ、アメリカ、東京・信濃町とつづき、最後に公明党の創設秘話が記されている。
 29歳の池田名誉会長が大阪で逮捕・起訴された冤罪事件として知られる大阪事件。その刑事裁判の一審判決が出たのは、昭和37年1月25日のことだった(検察側は控訴せず、そのまま確定)。公明党の前身である公明政治連盟(政治団体)発足の正式発表はその翌日、東京で開かれた本部幹部会の席だったという。公明党の「出自」が、鮮明な形で浮き彫りにされている。庶民のただ中に入り、民主主義制度のもとに、政治変革に立ち向かう。その過程で権力が牙を剥き、責任者を牢獄にまで入れたが、その「無実」が裁判で証明されたとき、公明党の歴史は正式スタートした。つまり、権力とのあくなき闘争のさなか、同党は創設されたことになる。
 立党の原点はあくまで、庶民・大衆のために。これは権力との対比ともいえる。権力を権力者自身のためにではなく、庶民・大衆のために使う政治を実現しようとしたわけである。
 同書によると、戦後、雨後のたけのこのように誕生・復活した新興宗教のなかにも、政界進出を試みた教団が幾つかあったようだ。その最たるものが、天理教である。明治時代に広まったこの古い新興宗教団体は、昭和20年代、衆院・参院に多くの“信者議員”を輩出した(所属政党は複数にまたがる)。だがそれも、「理念の欠如」と「創価学会の大折伏の始まり」とともに、後退を余儀なくされた。仮に天理教の政治進出が成功していれば、新たに「天理政治会」という政治結社ができた可能性も書かれている。創価学会の公明政治連盟の“天理教版”の構想だったともいえよう。
 結論として、戦後日本の宗教団体において、「政党」をつくるほどに民衆に浸透した教団は、創価学会以外にはなかった。その後の公明党の歴史は紆余曲折はあったものの、いま現在の戦いも、その「道程」にすぎない。
 話は変わるが、筆者の曽祖父は天理教の信者だった。福岡県の天理教教会で入会し、活動していたようだったが、祖父の代になって、「こんな宗教はつまらん」ということで改宗したと親戚の者が語っていた。それだけに、天理教の政治進出の足跡なども興味深く再読した。
 世界において、「宗教政党」の存在は珍しいものではない。日本ではほかに前例がないから、公明党の存在だけが過度に注目される。公明党が宗教政党であるという理由だけで、昨日、民主党副代表の石井一という政治家(参議院議員)は、「ばい菌」と叫んだ。宗教蔑視もはなはだしい。
 石井一は新進党時代、96年10月の総選挙で兵庫1区から立候補し、対立候補(自民党)にわずか1900票差で辛勝、議席を維持することができた。そのとき石井は、地元の創価学会に熱心に支援を要請し、創価学会の青年部に“肩車”されて支援団体の会合で演説したこともあったらしい。それがなければ「落選」は必至だっただろう。そんな男が立場が変わると“豹変”し、今では、「公明党はばい菌」などと主張しているのだから、自己本位もはなはだしい。石井はかつてその「ばい菌」(石井)から票を恵んでもらっていたのだから、石井本人は、≪ばい菌以下≫の存在ということになろうか。
 話が脱線してしまったが、単行本『池田大作の軌跡』は、第3巻も読みどころ満載である。

広告
カテゴリー:コラム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。