アーカイブ

Archive for 2008年9月

「草の根」の闇3  「自殺の動機」を必死に隠そうとした「矢野穂積」

2008年9月30日 コメントは受け付けていません

 事件から13年すぎた今となっては、矢野穂積は朝木明代の死が「自死」であることをだれよりも深く認識していたと思われる。だが、それを認めることは、あれほど否定していた「万引き事件」を一転、認めることにつながってしまう。自らアリバイまででっち上げて懸命に否定してきた「万引き事件」である。それを認めることは、矢野にとって朝木明代の死を無意味なものにしてしまいかねなかった。そのため、自分が道義的にも一切の責任をとらずに済む唯一の方法は、朝木の自死をあくまで「他殺」であるかのように演出し、自分たちを「被害者」としてアピールし続けることだった。
 要するに、彼らのとった戦法は「攻撃こそ最大の防御なり」、を地でいくものであり、その路線はいまもまったく変わっていない。ただし、その「攻撃」の前に“デマ”という文字が付いただけのことだった。
 当時、事件直後から、矢野は喰いついてきそうなマスコミ関係者に率先して「教団謀殺説」を流すとともに、自らもテレビカメラに向かって、大げさに演技をうった。
 その端的な証明が、テレビの前で泣いてみせるといった露骨なパフォーマンスだった。「朝木さんは殺された」と渾身の演技をしてみせた。朝木直子の前でえんえんと男泣きに泣いてみせることなど、「過激なパフォーマー」となった矢野にとって、なんでもないことだった。直子はこうした矢野の姿にすっかり心をほだされ、母親のことを深く思ってくれていると錯覚したようだ。
 矢野にとってこの涙は、明代の死を悼むというより、自分の身を守るためのものにすぎなかった。宇留嶋瑞郎著『民主主義汚染』では、「矢野の涙声の意味」の小見出しのもと、端的にこう指摘している。
 「矢野が万引きのアリバイ工作に深くかかわり、それが最終的に明代の死につながったことを矢野は強く意識していた――。おそらく、矢野はそれをさとられることを最も恐れた、と。明代が死んだことでもとより、矢野にはアリバイ工作とともに、明代の死の真相についても自己利害をかけて隠蔽しなければならなくなったのである。(中略)矢野の涙は明代のためのものではなく、自分自身を考えるためのものにすぎなかったともいえよう」
 矢野は自分で演技するだけでなく、マスコミ関係者に対しても演技をうった。明代の遺体と対面してまもない9月2日の午前6時の段階で、ジャーナリストの乙骨某に断定的に電話でこう告げている。
 「朝木さんが殺されました」
 まだ、自殺か他殺か、状況はよくわからない段階である。ふつうの人間なら、せいぜいこんな感じで伝えるのではないか。「朝木さんが亡くなりました。原因はまだわかりません。突き落とされた可能性もあります」。だが、矢野は≪明確な意図≫のもとに、上記のように断定的に伝えていた。しかもエサを投げてやれば、すぐに飛びついてくるような相手を選んでいる。
 矢野はその後、ヒステリックなほどに「殺された」を連発。それはいまに至るも変わらない。そこにあるのは、矢野の都合のいい感情の発露だけで、それを裏付ける確たる証拠はどこにもない。
 ふつうに考えて、転落現場となった「ロックケープビル」は東村山駅前に近い場所にある。駅前交番から見ると、ビルの入り口は視野の範囲内ともいう。そんな場所に矢野たちは第三者が朝木明代をなんらかの方法で動けないようにして、ビルに拉致し、5階から突き落としたという説をふれ回っていた。午前2時、3時の時刻ならまだしも、午後10時はまだ人通りの多い時間帯だ。しかも東村山市でいちばん目立つような場所である。常識で考えても奇妙な想像と思われるだろう。本当に人を殺すなら、もっと人目のつかない場所で、なおかつ確実に「即死」する方法をとるのではないか。転落したあと、相手が30分も意識のあるような状況では、犯行はすぐにばれてしまう。とんまな「謀殺者」がいたものではないか。どう考えてもありえない話である。
 それでも、1995年という年は、地下鉄サリン事件に伴う宗教法人オウム真理教の問題で宗教団体そのものが悪者扱いされ、坂本弁護士一家の事件も世の関心を集めていた。そうした “格好の土壌”のもとに、矢野らが発信した教団謀殺説はうまく乗った。それでも、「週刊現代」に対しては、矢野らの情報提供が後でやぶへびの結果となる。
 9月1日の晩、矢野は草の根事務所内において、独りさまざまに思考をめぐらすなかで、その後のストーリーを考えたにちがいなかった。絶対に動かせない第一条件は、事件を「他殺」と印象づけること。そのために、あらゆる材料を“総動員”した。
 例えば、矢野らは2003年に発刊した『東村山の闇』という自著でも、モスバーガー関係者が朝木明代に対して「落ちたのですか」と尋ねる場面について、「飛び降りたのですか」などと記している。実際は、「落ちたのですか」と聞かれ、本人は首を横に振って否定していたというのだが、飛び降りた事実がなかったように主張したいかのようだ。
 万引き事件における姑息なアリバイ偽装工作の事実からも、彼らが「教団謀殺説」を印象づけるために、さまざまな「偽装」を行っていたことは容易に想像できる。自分を守るためならどんなウソでも平然とつく矢野穂積の特異な人格から考えれば、多くの事実を捻じ曲げたにちがいない。
 必然的に、草の根事務所内の「残された状況」についても、矢野が都合よく改ざんしていた疑いを前面に立てるべきあろう。カギや靴のヒントがそこに隠されていた可能性は極めて高い。
 転落事件そのものは、朝木明代が自ら起こした事件にちがいなかったが、それが「謀殺説」にすり替えられていく過程は、まさに「草の根」会派が意図的に引き起こしたものだった。いまとなっては≪究極の自作自演劇≫にほかならなかった。「確信犯」の主体は、あくまで矢野穂積であり、朝木直子は“騙された羊”に近かったのかもしれない。(つづく)

カテゴリー:コラム, 矢野穂積

「民主党は力量不足、政権担当能力はない」(小沢一郎代表)

2008年9月29日 コメントは受け付けていません

 民主党の小沢一郎代表は2007年11月4日、辞任表明のための記者会見で上記のように発言した。それから3日後の“続投会見”では「プッツンしました」と前言を撤回するかのような釈明を行ったものの、国民の多くは小沢氏のホンネと受け取った。この発言からまだ1年もすぎていない。
 元自民党幹事長の同氏が、かつて在籍した自民党と比較してこのように“言明”したのだから、実際その通りなのだろう。その民主党に一度やらせてみたらどうかとの声をしばしば聞く。それでも、党首自らが「力量不足で政権担当能力はない」とはっきり述べた政党だけに、政権をとったら、少なくともいま以上に日本が混乱し、悪くなる可能性もある。「偽メール」事件から、まだ3年もたっていない。

カテゴリー:コラム, 民主党

「宮本太一」が編集長に昇格  『新潮45』

2008年9月28日 コメントは受け付けていません

 「月刊現代」や「論座」休刊のニュースのかげで、硬派新路線を打ち出す月刊誌があるという。新潮社が発行する「新潮45」がこの10月にリニューアルするらしい。さらに“おばはん編集長”として同誌を引っ張ってきた中瀬ゆかりが降り、新たに宮本太一が編集長に就任する。同人は89年に早大卒業後、新潮社に入社。「フォーカス」編集部に配属され、2001年に同誌休刊後、「週刊新潮」編集部に異動。多くの名誉毀損裁判で敗訴を繰り返してきた経歴をもつ。そうして05年4月に、“次の編集長”含みで「新潮45」編集部に異動していた。それから3年以上すぎての編集長就任となる。
 もともとこの雑誌は、「週刊新潮」編集長をつとめる早川清が過去に編集長職(99年-01年)を務めた媒体であり、いわば「週刊新潮」の“月刊誌バージョン”。最近は中瀬編集長のもとで特徴の定まらない編集方針が不振の原因となっていたようだが、その路線を返上するということだろう。
 「新潮45」編集部が新体制となる一方、老舗の「週刊新潮」のほうは、編集長に就任してすでに7年を超える早川清の“後継者”の動向が気になるところだ。

カテゴリー:コラム, 新潮社

「草の根」の闇2  矢野穂積と朝木明代の「最後の晩餐」

2008年9月27日 コメントは受け付けていません

 9月1日、矢野と朝木は表参道で午後5時ごろまで担当弁護士と打ち合わせたあと、帰途に就いた。途中、西武新宿駅近くの和食店で2人で食事をしたことになっている。朝木明代にとっては、それが「最後の晩餐」となった。2人は西武新宿線で東村山駅に着き、事務所に戻ったあと別行動をとる。矢野は地元の会合に出席するために出かけ、朝木の行動はそこから不明瞭となるのだ。午後7時40分ころ、明代は転落現場方向から事務所方向に歩いているのを目撃された。さらに8時30分ごろ、自宅方向から事務所方向に歩いているのを目撃された。矢野は会合を終え、午後9時10分ごろ、事務所に戻ったという。そのときの状況について、矢野はマスコミにこうリークした。
 「私が戻ってきたとき、事務所の明かりは点いていました。当然、朝木がいるんだと思ってドアを開けようとすると、カギがかかっている。ドアをドンドンと叩いても返事がない。仕方がないので自分のカギで開けて入ってみると、誰もいないんです。クーラーもつけっぱなし、ワープロも電源を入れっぱなしで、作業中の文書が画面に映っていました」(週刊文春・同年9月14日号)
 「矢野市議が会合を終えて9時過ぎに事務所に帰ってくると、部屋に鍵はかかっていたものの、クーラーも蛍光灯もつけっ放し、そればかりかカバンも財布も置いたままで、しかもシンポジウムの講演プロットもワープロに打ちかけのままだったという」(週刊新潮・同年9月14日号)
 これらはいずれも矢野穂積の≪供述≫によるものである。実際に、カギが閉まっていたかどうか、朝木明代が本当にいなかったのかどうかについての「裏づけ」は実はどこにも存在しない。矢野穂積という人間は、自分を守るためにはどんなウソでも平然とつける特異人格であることはすでにさまざまな証拠から明白であるため、彼の供述はけっして鵜呑みにできるものではない。
 これは推測だが、うがった見方をすれば、カギは実際はかかっておらず、朝木の残したカバンの中に鍵束が入っていた可能性もある。そうなると、明代は事務所のカギもかけずに出て行ったことになる。ふらふらと、自殺をするために歩きだした可能性を疑われかねない。だから、カギがかかっていたと「創作」した可能性もゼロではない。
 いずれにせよ、転落現場では、朝木明代は身分を証明するものは何も身につけていなかった。現場には、カギもなかった。さらに靴も履いていなかった。このことははっきりしている。さらに朝木明代の遺体の足裏側には、裸足で歩いた痕跡が残されていた。
 ところが、不明だったカギについては、警察犬を使って現場検証を行い何も発見されなかったはずの現場周辺(ビルの2階)で、2日夕方に発見されるのである。だれかが後で置いたことは明らかだった。なぜなら明代のもっていたカギには、大きなキーホルダーがついていて、万が一にも見落とすような代物ではなかったからである。
 ちなみに靴については、事件直後に新聞記者の一人が、草の根事務所で女性物の靴が脱ぎ捨てられていたのを目撃したとの証言も残っているようだ(『デマはこうしてつくられた。』鳳書院)。事実なら、矢野はその靴を隠したことになり、転落死事件の真相を決定づける重要な証言となる。
 この事件で、カギと靴が見つからなかったことは、当時は不可解なこととして喧伝された。一方で、それらが残されていた可能性が最も高いと思われた「草の根事務所」、さらに「朝木の自宅」について、矢野たちは、警察の捜査要請を頑ななまでに“拒否”した。捜査されては困る「決定的な理由」があったことは、容易に想像がつく。
 いずれにせよ、「草の根」事務所の鍵がロックされていたかいなかったかということは差し置いたとしても、朝木明代はかぎなど何も持たず、裸足で歩きだし、「ロックケープビル」の階上から飛び降りたことになる。ただ、死のうとする意思はまだ十分に固まっていなかったようだ。まっすぐ頭から落ちて自死するほどの勇気はなかったからである。逆に躊躇する気持ちを残していたからこそ、いったんは飛び降りようと立ったものの、怖くなって態勢を崩し、ビルの塀にしがみついて「キャー」と声を発して足先からそのまま落ちてしまった(現場に残された痕跡はそのことを証明している)。フェンスの上部にわき腹をしたたかに激突させ、肋骨を折り、肺に突き刺さる結果となった。さらに足も骨折し、1リットルもの血液を流出させることになった。
 これは筆者の想像にすぎないが、担当弁護士への相談を終えたこの夜、朝木明代の胸中には、自分のしてしまった些細な万引き行為がきっかけで、警察・検察に追い詰められ、「草の根」会派にとって取り返しのつかない事態へ向かうことになったことへの重苦しいまでの「自責の念」が迫っていたのではあるまいか。さらに自分さえ犠牲になれば被害は最小限にとどめられるとの、悲壮なまでの決意が心を支配したのかもしれなかった。矢野の叱責がそれに拍車をかけたであろうことも、矢野の性格を知る者ならだれしも容易に想像のつくことである。
 西武新宿駅近くでの最後の晩餐から東村山駅までの車中で、あるいは「草の根」事務所で、矢野と朝木との間で、何か決定的な会話がなされたのかもしれなかった。真相はすでに矢野穂積の胸の内にしかない。だが、その後に矢野のとった異常なまでの≪突出した行動≫は、これらの推測の正当性を裏づける結果となっていた。

カテゴリー:コラム, 矢野穂積

「草の根」の闇1  「朝木直子」が知らない母親死去の「本当の理由」

2008年9月26日 コメントは受け付けていません

 1995年9月5日、東京・東村山市議であった朝木明代は東京地検八王子支部に出頭を命じられていた。彼女が同年6月19日に市内で起こした「万引き事件」を書類送検されていたため、事情聴取を求められていた。事件そのものは些細な犯行にすぎなかった。駅近くの洋品店で1900円のTシャツを盗んだ「現場」を店主に目撃され、警察に通報されることになったのである。このとき明代が素直に謝っていれば、それから75日後に「転落死」することもなかったはずだ。だが、その後の行動はまったく裏目に出ていった。
 明代は、万引きしたとされるその時間、同僚市議の矢野穂積と一緒にファミリーレストランで食事をしていたので“人違い”であると主張。さらにそれを示す「レジシート」なるものを証拠提出していた。警察の調査ではそのレジシートは別人のものであり、アリバイ工作(偽証工作)だったことが明らかになっていた。警察は7月12日、悪質事案として検察庁に書類送検した。
 このアリバイ工作に密接に関わっていたのが、同じ「草の根」会派の矢野穂積だった。朝木の偽証を陰で主導する存在ともいえた。検察庁は、5日に明代が出頭した時点でさらに否認を続けるなら、起訴する方針を固めていたようだ。さらに偽証工作に関わった矢野穂積も、証拠隠滅罪で立件される可能性が濃厚になっていた。要するに、朝木明代のなした1900円の万引き事件がきっかけとなり、2人は「犯罪者」となることが、ほぼ確実視される事態となっていた。
 矢野と明代は出頭日の4日前にあたる9月1日、東京・表参道の病院に入院していたヤメ検の高田弁護士(万引き事件の担当弁護士)のもとを訪れ、午後2時から3時間ほど話し込んでいる。こうした悲観的な成り行きについて話し合われたかどうかはわからないが、当然、さまざまな話題が出ただろう。午後7時に「草の根」事務所に戻り、矢野は地元の集会へ顔を出すため、ここで明代と別れた。
 矢野の主張によれば、それが朝木明代に会った「最後」ということになっている。その日の午後10時ごろ、明代は駅前の「ロックケープビル」の5階から落下して、死亡する。
 つまり、2人が明代の生前に一緒に会った最後の人物が、この担当弁護士ということになるわけだ。そのため、「万引き事件」の帰趨が、明代の心境に大きく覆いかぶさっていたと見る向きは多い。
 だが、被疑者であった明代が死去したことで、同人が5日に検察庁へ出頭する必要はなくなった。必然的に、この事件において、矢野が証拠隠滅罪や偽証罪で立件される可能性も消失した。つまり矢野は、朝木がこの世からいなくなったお陰で、自らが犯罪者になる事態を免れることができたのである。
 言い換えれば、明代が生きていれば、「草の根」の2人はそろって“討ち死に”する運命にあったところを、一方の明代が犠牲になったことで、もう一方の矢野は救われるという皮肉な結果となった。
 その意味では、朝木明代は結果的に、矢野の“身代わり”になったに等しいとさえいえる。

● 本日発売された月刊「WiLL」(11月号)は、11月13日に予定されている土井たかこ判決を前に、早々と謝罪広告(お詫び文)を掲載した。掲載箇所は奥付の裏面に当たる295ページで、「土井たか子氏及び関係各位に深くお詫びいたします」と述べている。土井氏は提訴において、全国紙5紙(朝日、毎日、読売、産経、日経)への謝罪広告掲載を求めており、それがどこまで認められるかが焦点。「WiLL」側は判決前に自発的に謝罪文を掲載することで、“温情判決”を期待したものと思われる。

カテゴリー:コラム, 矢野穂積

「基本的」な事実すら把握していない“オソマツな右翼”「瀬戸某」

2008年9月25日 コメントは受け付けていません

 「事実」の検証もなく、自分に都合のいい結論を導くために適当な材料だけをかき集めて主張する「自称右翼」が、また「妄想」を膨らませているようだ。いちいち相手にするのも“非生産的”な作業に思えるが、デマも100回繰り返せばナチスの台頭と同じことになるので指摘しておきたい。瀬戸某は東村山市議の転落死事件について、次の点がおかしいと主張する。http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

  ①現場で救急車が20分間以上に渡って止まったままで病院に搬送しなかった。まるで死亡するのを待っているかのような対応だった。この点に関してはたまたま搬送が遅れてしまったのか。それとも意図的に遅れが出るように警察が指示したかについては、後日改めて検証を行ないます。

 結論を記すが、検証しても何も出てこないだろう。そもそもこの時点で、朝木の顔を知る警察官は署内にいなかった。しかも一度見たことのある警察官が駆けつけたときには、すでに救急車は出発していた。つまり、少なくとも「落下現場」では、この女性が朝木明代であるかどうかは“確定”されていない。なぜならこの女性は、身元を示すような免許証や保険証など、何も身につけていなかったからだ。
 そんな状態で、警察がわざわざ管轄の違う消防庁に対し、意図的な指示などできるはずもない。もし仮に、瀬戸のいうとおりだと仮定したみたとしても、本人の特定がなされていない段階で、逆にその女性が朝木でなかったとしたら、それは大問題に発展しかねない(相手が朝木であっても大問題だ)。少なくとも、霞ヶ関(警察庁)の責任問題に直結する。役人の行動心理から考えてもこういうことがありえないことは、だれもが容易に判断できることだ。
 救急患者をさまざまな理由をつけて受け入れない病院があることは、世間の常識的な事柄だ。ベッドが満床の場合、動ける救急医が不足している場合、「たらい回し」にされることはしばしば指摘されている。この事件の場合は、朝木明代が足から落下したためか、足の骨折がひどく、骨が飛び出すような大きな損傷であり、その部分からの出血がひどかったので、まずその処置を優先しなければ搬送が難しい状態であったこと、さらに現場が狭い場所でストレッチャーを搬入するのに時間的に手間取ったことなどが指摘されている。そうして、救急隊は必死に搬送先の病院を確保しつつ、その間、できうる限りの処置を行い、防衛医大病院に搬送した。これが「事実」だ。
 そもそも、朝木明代の死亡原因は、救急隊の問題というより、発見が遅れたことのほうがずっと大きい。交通事故ならすぐに手配されるような問題も、転落して発見されるまでに30分も放置されているからだ。交通事故などによる重症患者の場合、最初の30分の処置が生死を左右するといわれる。疑問に思うなら、救急医に聞いてみるとよい。その30分を、朝木は無駄にしている。そのことが、決定的な「死因」につながっていると思われる。仮に、すぐに発見されて、ドクターヘリででも運んでもらえれば(実際は無理だが)、朝木はいまも生きていたはずだ。しかし、そうはならなかった。
 瀬戸は、結局は、アヤシイ、アヤシイと「妄想」だけを膨らませ、ざれ言を垂れ流してるにすぎない。そうして、落下現場では本人特定すらされていなかったという、この事件の基本的な「前提事実」すら把握していない。それでいて≪空虚な主張≫ばかりを繰り返している。
 この問題に足を突っ込んでいるにもかかわらず、基本的な「前提事実」すら認識していないのだ。瀬戸の主張というのは、ほとんどがこんな調子だから、信用性はまったく低い。まして「自殺・他殺」の問題の結論を裏づける≪直接的証拠≫とも、ほど遠い問題にすぎない。当方にとっては議論するだけ時間の無駄に思えるが、“ご指名”だったので相手した次第だ。

カテゴリー:コラム, 瀬戸弘幸, 矢野穂積

「三浦和義・山崎正友・矢野穂積」の共通点

2008年9月24日 コメントは受け付けていません

 この脈絡のない3人には明らかな共通点がある。一つは平気でウソがつける人間であるという事実だ。そこには何らの≪良心的呵責≫も感じられない。自分を守るために平気でウソをつく。その結果どうなるかというと、主張や言い分が重要な部分で≪変遷≫するといったことが往々にして起きる。試しに、欧米の犯罪心理学の専門家に、「サイコパス・チェックリスト」を使って3人をそれぞれ診断してもらったら、興味深い結果が出るに違いない。
 このチェックリストの診断項目は全部で20ある。それぞれを0~2点で採点し、40点満点のうち、北米では30点以上の場合、サイコパス(=良心の呵責をもたない異常人格者)と認定され、通常の犯罪者とは異なる見方をされる。欧州の場合はそれが25点程度となる。つまり、基準値(カットオフと呼ばれる)は国によって変わってくる。犯罪率の高い国では基準値が高くなるし、低い国では低くなる。つまり、日本の基準値は25点をやや下回る数値になると思われる。小生が試算しただけでも、上記の3人はまず間違いなく20点台を下回ることはない。なかには30点を超え、満点に近い人物も出てくるだろうと予想している。
 サイコパスには、直接的暴力(殺人など)に訴える「粗暴なサイコパス」のほかに、自らは手を下さず狡猾に欲しいものを手に入れる「ホワイトカラー・サイコパス」と呼ばれる類型、あるいはその両方を兼ね備えたタイプなど、さまざまだ。北米では100人に3~4人程度の割合で存在するといわれる。日本でも似たようなものかもしれない。
 サイコパスは、「人格障害」の概念とはまったく別のとらえ方だ。結論からいうと、サイコパスは人格障害者(多くは反社会性人格障害)の一部にすっぽりと含まれるものの、そのカテゴリーを逸脱することはない。つまり、人格障害概念は、より漠然としたとらえ方にすぎないからだ。
 ちなみに、上記のチェックリストを使ってノーマルな人間を診断すると、せいぜい4点とか5点といったところ。サイコパス・チェックリストの20項目は何度かこのコラムでも紹介してきたが、以下に再掲しておく。欧米の矯正施設などでは普通に使われているツールとして知られる。

▼①口達者・表面的魅力②自己中心性・自己価値に対する誇大的な感覚③刺激を求める・退屈しやすい④病的にうそをついて人をだますこと⑤狡猾さ・操作的⑥良心の呵責あるいは罪悪感の欠如⑦浅い情緒⑧冷酷さ・共感性の欠如⑨寄生的な行動様式⑩脆弱な行動統制力⑪乱交的な性関係⑫幼少期からの行動上の問題点⑬現実的で長期的な目標の欠如⑭衝撃性⑮無責任さ⑯自分の行動に対する責任を受け入れることができない⑰短期の結婚生活の繰り返し⑱青少年時代の非行⑲仮釈放の取り消し⑳多種類の犯罪行為――。