堕ちた元委員長  100  “堕ちた”というより「腐敗」した政治家

2011年2月14日 コメントは受け付けていません

 今さらながら矢野絢也のたどってきた人生を俯瞰してみると、「転落」の軌跡そのものであったことがうかがえる。裕福な家に生まれたはずが戦後一転して極貧生活に。京都大学に入学したものの、貧乏との縁は切れず苦学。就職浪人して入った先は関西に本社をもつ大手ゼネコンだった。そこで株式売買の仕事に関与し、投機の世界にふれた。31歳で、就職先を退社後、大阪府議へ立候補。2年後に公明党が立党され、34歳のとき衆院初当選。公明党の書記長に抜擢された。
 府議時代あるいは衆院議員の初期のころまでは、「立党精神」を胸にまじめに働いた時代もあったようである。おかしくなるのは、矢野が38歳となった1970(昭和45)年ごろ。言論出版妨害事件が勃発し、同年5月、創価学会は政教分離宣言を行った。支援団体からのいい意味の監視機能が弱まったことや、自民党の国対政治の恩恵を被ったためか、矢野は北海道を舞台に土地を使った儲け話に関与を始める。
 その後の人生は、表面上は「大衆のために」働いているようなポーズをうまくとりつくろいながら、実際は、一族の資産形成のために立ちまわるという“姑息な生き方”でしかなかった。その証拠に、借金もせずに次々に別荘や豪邸を所有しながら、党幹部として平然と生きてきた。
 「清潔」をうたい文句に政界に進出したはずの公明党にあって、それは“堕落”以外のなにものでもなかった。最終的には明電工疑惑という自身の金銭スキャンダルで世間の知るところとなり、委員長職を辞任した。
 公明党が当初に掲げた「理想」は貶められ、“堕ちた元委員長”などと呼ばれる存在に成り下がった。「堕ちた」「転落した」などというと、共産党特有の左翼用語と感じる向きもあるかもしれない。正確には、「腐敗した」というほうがわかりやすいのかもしれない。公明党出身の政治家としては、明らかに腐ってしまった。
 理想を掲げ、期待されて出発したにもかかわらず、早い段階で挫折し、しかもその挫折をうまく隠しながら生き長らえてきた矢野絢也は、いまも東京新宿区の高級住宅地に「豪邸」を構え、反省なき日々を送っている。自身の政治家としての30年間の「負の側面」にふれることはなく、“自己弁護” の余生に終始してきた。
 人間としてはあまりに誠実さに欠けた、「二枚舌」の人生であったといえる。

広告
カテゴリー:コラム, 矢野絢也

堕ちた元委員長  99  法的措置でも「二枚舌」

2011年2月12日 コメントは受け付けていません

 公明党の歴代委員長の中で唯一「政治とカネ」の問題が原因で“引責辞任”した元政治家の「矢野絢也」が、1988年から89年にかけてとりざたされた明電工疑惑において、嘘八百の言い訳を繰り返し、世の中を呆れさせてきたことはすでに述べてきたとおりだ。同人がどれほどの「二枚舌」の持ち主であるかは、この事件によってその正体はくっきりと浮かび上がっている。言うなれば、自分の身を守るためなら、どんな「嘘」でも平然と繰り返し述べることくらい“朝飯前”の行動であり、そこに何らの抵抗すら感じない「人格」が見てとれる。そうした行動は、法的措置などの分野でも、当時から明確にあらわれていた。
 矢野は明電工疑惑にスクープ記事で火をつけた朝日新聞社に対し、記事が出た翌日に警視庁あてに名誉棄損で刑事告訴したものの、その告訴状はわずか3か月後にはこっそりと取り下げられていた。一方で朝日新聞社への民事提訴は行っていない。民事裁判は相手の同意がないと取り下げられない関係で、ポーズだけ戦う姿勢をとりたい場合などは、政治家は刑事だけ法的措置をとりつつ、あとで取り下げるという手法をとることが多いようだ。矢野の行動はまさにそれを地で行くものだった。
 実は明電工疑惑は、88年12月に朝日新聞がスクープする前の月、日本共産党機関紙「赤旗」が拘置所内の中瀬古被告に面会し、矢野と2人が密接な関係にあったことを裏付ける証言を引き出し、スクープしていた。矢野はそれまで中瀬古氏との関係について「一切無関係」と弁明してきた関係で、矢野の『虚言』が当事者の口を通して暴かれる格好となった。
 だが、なぜかこのとき、矢野は赤旗を訴えることすらしていない。学生時代に共産党の活動をしたことのある同人は、共産党の手法を知悉しており、下手につつくと自分が追い込まれかねないことを危惧したのだろう。そのため、朝日新聞社に対しては告訴の手段に出たものの、結局は尻尾を巻いて逃げ出す格好となった。
 自らの金銭スキャンダル事件であった明電工疑惑に対し、「二枚舌」で対処してきた矢野絢也の行動は、議員引退後、幾つかの法廷闘争においても終始一貫したものだった。同人にとっては、明電工疑惑への「二枚舌」を使った対応と同じく、法廷で『偽証』を繰り返すことなど、“朝飯前”の行動にすぎなかったからである。

カテゴリー:コラム, 矢野絢也

賠償金を支払おうとしない「似非右翼」

2011年2月11日 コメントは受け付けていません

 東京地裁・高裁を2日連続、取材目的で訪れていて奇妙な光景に出くわした。主権回復を目指す会代表の西村修平が、男性ジャーナリストと、廊下で話している場面をたまたま耳にしたのである。そこでは賠償金を支払うかどうかのやりとりがなされていた。側聞するところによると、西村は男性に20万円を支払う法的義務が発生しており、すでに一部は男性の銀行口座に振り込まれているものの、その後、支払おうとしないようである。そのため、別事件の裁判が終わったあと、直接交渉をしている場面だったようだったが、そこで西村がこう口にするのを目の当たりにした。
 「取りに来いよ。いつでも払ってやるよ」
 司法によって賠償金の支払いを命じられながら、この男の態度はいったい何なのか。≪ふつうの人間≫ならば、期日前に利息を含めて金策し、相手の銀行口座にでも振り込むものであろう。この人物は、自身の窮乏を訴え、“分割払い”を希望したうえで、途中から事実上、支払いを拒否するような態度を取り始めたようだ。
 そうした光景は2日目の裁判所においても繰り返された。西村は「パソコンでも何でも持って行け」という具体的な言葉を発したが、開き直りもはなはだしい。
  “虚勢”を張って生きているだけのゴロツキを、普通の人間と同じ感覚で考えようとすると、うまくいかなくなることが多いようだ。任侠の世界に生きている者なら、だれよりも「信義」を重んじるはずである。西村修平の誠意なき態度は、この人物が単なる“チンピラ”にすぎないことの反映であろう。

カテゴリー:コラム, 西村修平

堕ちた元委員長  98  「裁判所は騙せても、真実までは曲げられない」

2011年2月10日 コメントは受け付けていません

 大相撲に関し“確たる物証”が出てきたことで、もはや「疑惑」の段階ではなくなった八百長問題。これまでこのテーマを手がけたことのある週刊誌メディアは、ここぞとばかりに、競うように“功績争い”を始めている。例えばこの問題を追及してきた「老舗格」を自認する「週刊ポスト」は、最新号の2月18日号において、「角界の八百長問題は、本誌が四半世紀以上前から報じてきた内容」「「07年に『週刊現代』が八百長追及キャンペーンを開始するまで、「国技のタブー」に正面から斬り込んできたメディアは本誌だけ」「『週刊現代』の取材が杜撰であったことは間違いない」などと、自画自賛を繰り返す。
 一方、日本相撲協会などから訴えられた3件もの名誉棄損裁判で完敗し、約4800万円もの高額賠償金を支払った講談社発行の「週刊現代」は、2月19日号において「裁判所は騙せても、真実までは曲げられない」と、当事者ならではの特集を掲載した。さらにその上で、「本誌は裁判には敗訴したが、『八百長相撲の蔓延』という重要事実を、正確に伝えたと自負している」と主張している。
 同じ週刊誌では「週刊新潮」も、2月17日号で、「八百長裁判『巨額賠償』で週刊誌を委縮させた『司法』の暗愚」というタイムリーなタイトルの特集記事を掲載した。だが、講談社に取消広告まで命令した裁判官について、「ホント、こんな判決を出した裁判官のご尊顔を拝してみたいものである」と述べつつも、肝心の裁判官に取材した様子はまったくない。その意味では、極めて中途半端な、お手軽な記事にほかならない。
 ともあれ、講談社発行の「週刊現代」は、「裁判所は騙せても、真実までは曲げられない」と自らの信念を活字にした。これと同じように、裁判所を騙せたとしても真実を曲げられないケースは近年ほかにも見受けられた。元政治家の「矢野絢也」の主張を同誌がそのまま掲載し、裁判沙汰になったケースである。
 この裁判で、一審は矢野の主張をことごとく“排斥” する一方、一転して、二審では逆の判断を下したことは既報のとおり。争点となったのは、一審原告の公明党国会議員OBが矢野との会話を録音した音声データの扱いだったが、一審では「改竄されていない」と判定し、二審では確たる証拠もなく「改竄されている」旨を認定した。結局、完全な判定が下されたとはいえないままの状況が続いているが、ここでも動かしようのない≪新たな物証≫が浮上すれば、八百長疑惑のケースと同じように、「真実までは曲げられない」という内容が確定する関係にあることはいうまでもない。

カテゴリー:コラム, 矢野絢也

自称右翼が写真家に“完全敗訴”  賠償金79万+ビラ配布禁止&廃棄命令

2011年2月9日 コメントは受け付けていません

 東京中野区在住の自称右翼・槇泰智が2007年の東京都議会議員選挙の前後に、中野区の公明党議員を中傷するビラを3種類配布するなどし、議員の写真を撮影した写真家の男性が著作権侵害などで槇を訴えていた裁判で、東京地裁は9日、槇に対し78万5000円の慰謝料の支払いを命じるとともに、3種類のビラすべてについて配布を禁止し、さらにすべてのビラを廃棄するように命じる判決を言い渡した。自称右翼にとっては完全敗訴というべき内容である。
 同じく9日、東村山の薄井政美市議が矢野穂積や朝木直子などを名誉棄損で訴えて一審で200万円勝訴していた裁判の控訴審が行われ、高裁判決は3月16日午後1時10分、東京高裁424号法廷で言い渡されることになった。
 なお前日の8日には、“東村山のペテン師”矢野穂積の言い分を鵜呑みにして09年6月に東村山・東大和市内で街宣活動を行った槇と黒田大輔に対し、創価学会が名誉棄損で訴えて、一審判決で槇と黒田が賠償金110万円と街宣活動などの禁止を命じられていた裁判で、控訴審における2回目の口頭弁論が開かれた。裁判はこの日で結審し、高裁判決は4月21日午後2時から東京高裁824号法廷で言い渡されることになった。

 【著作権裁判の概要】 http://www2.atwiki.jp/kusanonemaze/pages/78.html

カテゴリー:コラム, 矢野穂積

民主党は地方選で「7連敗」中

2011年2月8日 コメントは受け付けていません

 6日に投開票が行われた愛知県知事選と名古屋市長選で民主党推薦候補が惨敗した。同県知事選には、自民党代議士の大村秀章氏が無所属で出馬したうえ、自民党が支援する候補は別にいたため、自民党票が割れたにもかかわらず、民主党推薦候補はこの2人に届かず、3番手にとどまった。自民党王国の保守地盤の県で起きた現象ならまだしも、愛知県はトヨタ労組などをかかえる「民主王国」として知られる。本拠地で惨敗したのだから、国政の悪影響はここでも明らかだ。民主党が地方選において惨敗するのは、昨年の参院選で同党が敗北して以降、これで7回目となる。時系列に示すと下のようになる。
 民主党は市議選(松戸、西東京)においては、共産議席を下回る“泡沫政党”の結果しか残せなかった。国政における政権党が、地方において何らの信任すら得ることができなかったのは、国政における「失政」に加え、議会や行事を平気で欠席したり、私生活において問題視されるような行動が多いことも関係しているようだ。要するに、議員としての「資質」が精査されないまま、「風」頼みで当選した者が多いため、確たる実績を残すこともできず、有権者から愛想を尽かされるケースが多いようだ。
 結論として、民主党は地方政治において、地盤をまったく強化できていない。このまま国政選挙になだれ込めば、“大壊滅”という結果が待っているだけだろう。

 ●10月24日 衆院北海道5区の補欠選挙で敗北
 ●11月14日 福岡市長選挙で敗北
 ●11月21日 千葉県松戸市議選で大敗  11人立候補し当選2人のみ(前回当選4人)
 ●11月28日 和歌山県知事選、金沢市長選挙で敗北
 ●12月12日 茨城県議選で大敗  24人立候補するも当選6人のみ(前回当選6人)
 ●12月26日 西東京市議選で大敗  7人立候補するも当選3人のみ(前回当選5人)
 ● 2月 6日 愛知県知事選、名古屋市長選挙で惨敗

カテゴリー:コラム, 民主党

堕ちた元委員長  97  20年以上つづく“二枚舌”

2011年2月7日 コメントは受け付けていません

 矢野絢也が「政治とカネ」の問題が原因で公明党委員長を“失脚”する原因となった「明電工疑惑」に、2つの側面があることはこれまで繰り返し述べてきたとおりだ。一つは党委員長に就任した翌月の1987年1月、10億円もの仕手株の取引に関わった事実であり、もう一つは同じ年の5月、時価8億円といわれた当時の新宿二十騎町の矢野の自宅において、矢野が株の購入資金として2億円の現ナマを明電工関係者に手渡したという事実である。このうち後者の2億円について、矢野は当初、朝日新聞社の取材に次のように答えていた。
 「中瀬古に会ったことは覚えがない」
 「石田(専務)とも同じだ」
 「自宅に来たことはない」
 その上で矢野は、2億円は元秘書Nが明電工に融資するのを仲介しただけと、奇想天外な主張を行うようになる。2億円もの大金にもかかわらず、元秘書は受け渡しの場に同席していなかった。それだけでなく、貸借契約書すら「交わしていない」ということで、契約書を示すことすらできなかった。100円や1000円の貸し借りではない。2億円の融資を法人相手に行った人物が、借用書をとらないということが、この世にありえようか。
 矢野は朝日新聞の取材に対し、「悪質なでっち上げだ」とまで言い切ったその日の深夜、明電工の石田氏に電話し、次のように問いただした。
 「君は去年の夏、他言しないといい、なかったことにすると言っていた」
 「つまらないことは発言してもらいたくない」
 「君の今後の対応を聞きたい」
 矢野は姑息な≪隠蔽工作≫を行っていたわけだ。矢野本人はこれらの事件について、20年以上たって出版した書物のなかで、次のように語っている。
 「私個人に関しても、明電工事件の疑惑をかけられましてね。党が関係者に面談して書類を点検し、調査報告書を作って、疑惑をはらしてくれました」
 疑惑をはらしたどころか、いまも疑惑はそのまま残ったままである。20年以上もすぎて読者は事実関係を知らないだろうとばかりに、嘘八百を並べたてる元政治家――。そこに良心や誠意といったものは微塵も感じとれない。矢野絢也がどれほどの≪二枚舌≫の持ち主か、この事件はその本質を浮き彫りにしている。

カテゴリー:コラム